本文へ進みます

「LMWテクノロジー2017」実証テスト動画を公開中!実験3「精神的負担感が小さい!?」の謎へ迫る

2017年7月12日

7月3日(月)ヤマハ発動機が誇る独自技術
「LMWテクノロジー」の実証テスト動画2017年版が、当社WEBサイトにて公開されました。

実験は全てで3つ行われ、今回とうとう最終回
実験3「LMWの運転時は精神的負担感が小さい!?」の謎に攻め込んでみました!(☆ω☆)キラーン

山中 仁寛

実験2に引き続き、実験3を監修しているのは山中 仁寛さん、
甲南大学 知能情報学部 准教授であります。
ヒトの有効視野の評価法に関する研究に従事、主に有効視野の観点からドライバーやライダーのメンタルワークロードについて研究されています。
研究熱心な熱い心を鋳造工場の金属の様に感じる!...壁]ω・)ニャ

山中 仁寛

今回の実験は、プロフェッショナルライダーの方達にアンケート調査を実施!
規定に沿った走行を行った後、NASAが開発した「NASA-TLX指標」に基づいて運転時の精神的負担感を測定しました。なんか測定方法の名前がやたらかっこいいな~横文字はかっこよく見えるんだろうか...壁|ヾ(-`_ー´*)ニガサナイゼ

山中 仁寛

そして出てきた実験結果!「NASA-TLX指標」に基づいて運転時の精神的負担感を測定したものをレーダーチャートにしてまとめてみました。LMWの方が比較二輪と比べて6項目中4項目大きく差がついて負担感が小さい事が分かりました。
このレーダーチャートでの値が小さいほど負担感が小さいのか~ホエー(°◇°〃)そして生まれた新たな謎...このレーダーチャートなんか難しい単語が沢山並んでるけどそれぞれどんな意味なのだろう...NASA独特な極秘の意味でもあるんだろうか?ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ

山中 仁寛

そんな方々の為にこの謎について調べてみましたっ!私も分からなかったのですが...(汗) ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ
でも意味を調べて、私だったらこう受け取ってこのアンケートに答えるぞ!という視点で意味を書いてみました。
「努力」...今回の実験では「俺はバイクで走るのにこのぐらい努力したんだ!」って値でしょうか。
「フラストレーション」...日本語に訳すとストレスみたいなものなんですが、「俺はバイクで走る時こんなに悪い気分になったんだ!ストレスだったんだ!」みたいな値でしょうか。
「知的・視覚的要求」...「俺はバイクで走るのにこんだけの知識や、見えるものを気にしなきゃいけなかったんだ!」って値でしょうか。
「身体的要求」...例えば「俺はバイクで走るとき重心取るのにこんだけ体を傾けなきゃいけなかったんだ!」みたいな体の動きで求められたことがこんなにあったんだみたいな値でしょうか。
「タイムプレッシャー」...「俺はバイクで走るのに、リズム感良くコーナリングするのも走るのにも今回はプレッシャーは感じたなぁ...」って言う値な感じでしょうか。
「作業成績」...実験として自分はどのくらいうまく走れたかみたいな値ですかね。
これでレーダーチャートの項目の意味がぜんぜん分からなかった人達の謎も解けたはず!照レマスナヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚

山中 仁寛

でわ、最終回ですのでまとめへ入って行きましょう!
実験1では「車体安定感が高い!」実験2では「視野が広い!」実験3では「精神的負担が小さい!」ということが分かり、これらの実験結果をまとめて「LMWの運転は疲れにくい!」と言う事が実証されました。ヽ(´∀`)人(・ω・)人(゚Д゚)人ワショーイ
運転が疲れにくければ、余裕を持って楽しく走れますよね。子供を後ろへ乗せて親子でツーリングなんて事もきっと安心して楽しめるはずです。皆さんもぜひ、LMW(トリシティ)に乗ってみてください!

実験3「何故なら精神的負担が小さいから」の動画はこちらでもご覧になれます。↓

<関連サイト>
LMWテクノロジー 2017実証テストページ

トリシティ125cc製品ページ

トリシティ155cc製品ページ

2017年7月12日
ページ
先頭へ