本文へ進みます

YPJブログ

海抜0mから富士山五合目(2,380m)まで、裏方スタッフが挑戦だっ!

みなさんこんにちは。ヤマハ発動機 伊藤です。

先日WEBページにめでたく公開となった "YPJ で富士山ヒルクライムチャレンジ" に触発され、普段その撮影を行っているスタッフが同じことをやってみようという何気ない会話が現実になったわけで・・・

    • ■ 目標
      • ・ 海抜0m地点から、富士山表五号目(2,380m)まで登り切る

  • ■ルール
    • (1) 立ちこぎしない
    • (2) アシストモードは、スタンダードモード(ハイモードで行きたいのが本音)
    • (3) バッテリーはフル充電でスタート、バッテリー残量が0になるまで

やってきました"ふじのくに田子の浦みなと公園"

1.jpg

今日も先日と同じでスタートはここからだ!
何の芸もなく、何も考えず、何の疑問も無く、動画と全く同じポーズをしてしまう2人。

2.jpg

" はじまりの鐘"
富士市のお膝元。そして、海にも面している「富士市」。
まさに日本一の「富士山」を望むスタート地に"はじまりの鐘"はあります。
ここは、海抜0mに隣接した日本一の山へのはじまりの地。
あなたの願いをこの鐘に込めて、霊峰富士に響かせよう。
(現地説明板より)

3.jpg

雨男・・いや、雨おじさん2名だと妥当な空模様

4.jpg

GOALは、雲の中か雲の上か、とりあえずスタート!

4.jpg

予想はしていたが雨だ!ほとんど登り坂だ!!
YPJ-ER/YPJ-ECは坂を感じさせないアシストで時速13-15kmで快適に走行を続ける。

006.jpg

大した坂に見えないかもしれないが、8~9%の登り坂が続く。
この画像の自分の後ろ姿を見て、太ったかなと思ってしまった。

007.jpg

うおおおおおおおおお!!
・・・と気合を入れずでも登れるのがYPJ
・・・立ちこぎしないでも登れるのがYPJ

008.jpg

登り切ったと思いきや、さらなる勾配。
アシストの恩恵を受けているが、ここは"無心"で走ろう。

009.jpg

見よこの表情。無心になった結果である。
YPJ-ER/YPJ-ECは、順調に富士山五合目に導いてくれている。

010.jpg

霧がでてきた。
霧?
アシストに全く影響は無い。むしろ動画と同じで神秘的だ。
空腹と寒さで心が折れるか折れないかだけだ。

010.jpg

いやっほう!
・・・下りに見えるけど登っています。
♯YPJはいいぞ

012.jpg

二合目(1,600m)で休憩。
最初の休憩っぽくしているが、実は5回目ぐらいの休憩である。

013.jpg

40km地点でバッテリー残量が0に・・
充電させてもらえません・・・ね。民家は無かった。
相方のバッテリー残量は余裕だ。
体重差(20kg)の影響か?

014.jpg

ここから一人で走る事となって、さぞ険しい表情・・
笑顔で上り続けるフカチン。すごいな。
これがアシストの力だ!
YPJの力だ!
富士山の力だ!

015.jpg

五合目まであと4km
勾配は厳しくなっている気がする。

015.jpg

あと2km!
さらに勾配は厳しく・・・気温は街中より確実に寒い。

0170.jpg

四合目!あと少しだ!
ここで脱落した私が乗りかえれば・・・そんなことをしてはいけない。

018.jpg

あと少しだっ!と空腹ながらも応援する。
山は腹が減るのです。

019.jpg

GOAL!!!!!
ついにやりました!バッテリー残量は8%!!
スタートからの雨と寒さと空腹で心は折れかけましたが"立ちこぎすることなく" "座ったまま" で、YPJのアシストで登る事が出来ました!

~あとがき~
2人でGOALが望ましかったが・・・
GOALの祝福ムードに便乗して、途中でリタイヤしたコトを無かったことにしよう。

キーワード検索

タグ

ページ
先頭へ