本文へ進みます


若狭路(福井) YPJ-C

サイクリストに愛される日本全国のおすすめロードをYPJで巡ります。

日本屈指のリアス式海岸として知られる若狭湾。複雑に入り込んだ湾は、新鮮な魚介類や農作物など食の魅力もいっぱい。豊かな緑と美しい水に囲まれたこの地で、YPJサイクリングを夫婦で一日思いっきり楽しみます。

  • 若狭おばま観光案内所
  • 小浜市まちの駅・旭座
  • マーメイドテラス
  • 御食国若狭おばま食文化館
  • 伊勢屋
  • ブルーパーク阿納
  • 田鳥の棚田
  • 福井県海浜自然センター(若狭三方マリンパーク)
  • 三方湖畔舟小屋
  • ドライブインよしだ
  • 三方五湖
  • 走行距離:42.8km

旅のはじまり~電車の車窓からみる風景~

海の幸が豊かな、日本海に面した福井県若狭地方。古くから御食国(みけつくに)として食文化が栄える小浜から、若狭湾の南に広がる三方五湖まで、食も景観も贅沢に堪能できるYPJサイクリングを楽しみたい。ここへくる道中、JR小浜線の車窓から見えるきらきらと輝く日本海を見ながら、これから始まる旅の話で盛り上がる。福井県嶺南各市町を代表するゆるキャラたちが描かれているラッピング電車から降りた私たちはJR小浜駅へ到着。

駅前にある「若狭おばま観光案内所」でYPJ-Cを早速レンタルし、そこからほど近い小浜市まちの駅・旭座へと立ち寄る。明治期の芝居小屋を一般公開していて、見学させてもらった私たちは、舞台の上や花道を歩いてみたりと、普段では経験できない貴重な時間を過ごした。

YPJの漕ぎ出しがスムーズな走りに体も軽く感じる。海岸沿いに「マーメイドテラス」と呼ばれる人魚像の横を通過し、さらに小浜漁港へと軽快に走っていく。「御食国若狭おばま食文化館」では食に関する歴史や文化をわかりやすく展示してあった。そのあと江戸時代創業の老舗「伊勢屋」で名物のくずまんじゅうを味わう。地下から湧き出る名水で作るくずまんじゅうは、ほのかな甘みで清涼感が増す。歴史や文化など見どころ満載な小浜市街をあとに、青空広がる湾岸沿いへと進んでいく。

海と山の自然広がる坂道もアシストでぐいぐい進む

ここからはしばらく国道162号線を走り、海と山の自然の中を通る。少しずつアップダウンもきつくなるがアシストのおかげでぐいぐいと先へ進む。阿納の民宿が立ち並ぶ一角に「ブルパーク阿納」がある。魚を釣ってさばいて食べるという食の大切さを体験できる施設だ。ここで童心に返って、私たちはマダイ釣りに初挑戦。

再び日本海沿いの海風を浴びながら気持ちよく北へと進む。途中、美しい緑が段々と連なる棚田を通過。紺碧の田烏の海を背景にした棚田は日本の原風景であり、懐かしさを感じた。その先も海水浴場やトンネルがいくつかあった。トンネルは日差しで火照った体をクールダウンでき、走行レーンもゆとりある道幅で快適に通過。

次に海の自然を体験学習する施設「福井県海浜自然センター(若狭三方マリンパーク)」で、水槽の魚たちに餌やりをしたり、多くの生き物たちを観察。そしてちょうど旅の後半へ差し掛かり、ここで予備バッテリーと交換。

海から湖へと水辺のサイクリング

ここまで走ってきた湾岸沿いはアップダウンがあったが、アシストの恩恵を受けながら海風を感じ気持ちよく走る。そして次の景勝地「三方五湖へ」と進む。三方五湖は、三方湖・水月湖・菅湖・日向湖・久々子湖からなり、五つの湖は淡水・汽水・海水とそれぞれに違った性質を持っている。湖面と道路が近く見ごたえある湖が私たちを待っていた。

三方五湖の湖畔に「舟小屋」が目に留まる。湖の水際に造られた建物は風情があった。しばらく梅園の木々の間を通り、「ドライブインよしだ」に到着。新鮮な魚介類が有名な所だけあって海鮮丼の美味しさは格別。名物イカ丼は山芋、大葉、イカそれぞれの味を特製醤油が際立たせていて、さらさらっと箸がすすみ、それでいて食べ応え十分などんぶりであった。

ここからは湖際のサイクリングロードを思いっきり楽しむ。青空広がる湖面のキラキラとした水の輝きと緑鮮やかな平地に沿った道を走ると、風景と一体化したようにゆったりとした気持ちになれた。YPJのスマートな走りに足取り軽く、一つ一つ目に飛び込む美景はここまで共にしたYPJの走りとともに思い出されることだろう。私たちはYPJサイクリングを心ゆくまで楽しんだ。

コース周辺のおすすめスポット!

今回立ち寄ったスポットをご紹介。

若狭おばま観光案内所

JR小浜駅前の若狭おばま観光案内所では、小浜市の観光情報などを得ることができます。今回使用したYPJ-CやPAS Minäはこちらで貸し出しを行っています。

●営業時間/9:00~17:00
●定休日/年末年始

小浜市まちの駅・旭座

旭座は、市内住吉地区に現存していた、明治期に建てられた木造の芝居小屋です。旭座は県内唯一、戦前の芝居小屋の系譜を引く貴重な建物として評価され、平成26年6月に市指定文化財に指定。「小浜市まちの駅」の中心的施設として移築復原しました。

●一般公開時間/10:00~16:00
●休館日/毎週火曜
(火曜が祝日の場合翌日)、年末年始

公式サイトnew window
マーメイドテラス

人魚の浜海水浴場のそばに整備された、市民憩いのスポット。敷地内には八百比丘尼伝説をモチーフとした人魚の象が2体建てられています。夕日の名所としても有名で、空と海を真っ赤に染めながら海に沈む夕日を眺めることができます。

若狭湾観光連盟ホームページnew window
御食国若狭おばま食文化館

若狭おばまの食に関する歴史から伝統工芸体験まで、若狭の魅力いっぱいの体験型ミュージアムです。3Fの温浴施設「濱の湯」では薬草風呂や露天風呂があり心身共に癒されます。またマリンデッキでは足湯(無料)も楽しめます。

●開館時間/
9:00~18:00(3/1~11/30)
9:00~17:00(12/1~翌2月末)
※その他館内施設の利用時間は公式サイトをご覧下さい。
●定休日/
毎週水曜日(祝日の場合、開館)
年末年始(12/28~1/5)
※足湯は冬季(12月~4月上旬)閉鎖

公式サイトnew window
伊勢屋

夏は店内に地下水(平成の名水百選)が流れ、くずまんじゅうが冷されております。夏はくずまんじゅう、冬は丁稚ようかんを堪能できます。

●営業時間/8:00~18:00
●休業日/水曜

ブルーパーク阿納

阿納で養殖したマダイをメインとした海上釣堀です。陸続きですので、安心してご利用いただけます。ブルーパーク阿納は、「食育=食の大切さ」が体験できる海の「食」体験ステージをコンセプトとしています。釣った魚はリリースせずに、全てお持ち帰りいただきます。魚さばき体験やバーベキューコンロの貸し出しも行っています。(要予約)

●営業期間/4月~11月
●営業時間/8:00~15:00

公式サイトnew window
田烏の棚田

地元では「かんにゃ」の棚田として、呼ばれています。百人一首で詠われた沖の石を望む庭園跡「御所平(ごしょだいら)」の景勝地に広がっています。区画のほとんどが3アール未満の小さな水田が集まっています。毎年、春に棚田をたくさんの優しいキャンドルの灯りで棚田のライトアップしています。

たがらす我袖クラブホームページnew window
福井県海浜自然センター
(若狭三方マリンパーク)

福井県海浜自然センターは、若狭湾国定公園の豊かな海の自然を学び体験できるための施設です。

●開館時間/
9:00~17:00
9:00~18:00(7/21~8/31)
※入館は閉館の30分前まで。
●休館日/月曜日(休日を除く)
休日の翌日(土・日・休日を除く)
年末年始(12/28~1/4)
※7/21~8/31は毎日開館します。
※館内整理のため、臨時休館する場合があります。

公式サイトnew window
三方湖畔舟小屋

三方湖の湖畔にある農作業用の舟小屋。この舟小屋から舟を出して湖をわたり、梅の収穫を行います。合掌造りの舟小屋と湖の風景は一枚の絵のようです。梅の花の咲く頃や、雪景色の舟小屋は静かな美しさをたたえ心に染みる風景です。

ドライブインよしだ

福井県若狭町、三方五湖の湖畔にあるドライブインよしだでは、名物「イカ丼」が人気のお店。窓から見える水月湖を一望しながらお食事が楽しめます。

●営業時間/9:30~18:00
●定休日/不定休

三方五湖

低い山々の谷間にちりばめられた三方湖、水月湖、菅湖、久々子湖、日向湖の5つの湖がかもしだす微妙な色あいは神秘的です。また2005年11月にはラムサール条約湿地に登録されています。

福井県観光連盟ホームページnew window
ページ
先頭へ