本文へ進みます


YPJ-C試乗インプレッション

YPJ-Cの魅力をモデルのHALさんがいち早くお届け。

YPJの魅力を気軽に楽しめるクロスバイク YPJ-C

今回、カタログや動画の撮影でYPJ-Cをたっぷり乗らせていただきましたが、まず何と言っても走行性能がすごいですね! 以前にロードバイクも乗っていましたが、僕にとって自転車というのは中学、高校でガツガツ何十キロも長距離を走っていたので、苦痛と言いますか、しんどいイメージが残っていまして(笑)。これなら長距離も苦にならず、楽しみながらサイクリングが楽しめそうです。また車体の重量も軽過ぎずにほどよい重量があるYPJ-Cが個人的には走行時の安定感や安心感に繋がりました。

YPJ-C Mサイズ ブラック
YPJ-C Mサイズ ホワイト

思わず「アシストに勝った!」と、心で叫んでしまいました(笑)

このYPJ-Cはたくさんの魅力が詰まった乗り物だと思います。最初、電動アシスト自転車というものは「すごく軽く、楽に走れるもの」と単に思っていましたが、YPJ-Cはただ楽なだけではなく、自分の走り方にあった気持ち良いアシストをしてくれるなと感じました。発進ではしっかりとアシストが効いて、その後も滑らかでスムーズにスピードがのっていくので、走っていてとても気持ちが良いです。

そして、電動アシスト時の走行性はもちろんですが、加速してアシストが切れた状態でもしっかり走れるのはとても魅力ですね。液晶メーターに走行中のスピードや最高車速も表示してくれるので、つい気になって見ていましたが、24km/hを超えてアシストがOFFの状態になってもグングン進んでいくので、思わず「アシストに勝った!」と、心で叫んでしまいました(笑)。そのぐらい気持ちよさが持続してくれるんです。発進や坂道でアシストが必要なシーンでも、スピードを出してアシストが不要になるようなシーンでも両方楽しめますね。

運動不足になりがちなビジネスパーソンに最適な移動手段

あと、個人的にこの液晶メーターでお気に入りは「消費カロリー」の表示です。女性はもちろんですが、普段忙しく運動不足になりがちなビジネスパーソンに最適な移動手段ではないですか。毎日の通勤で運動ができるのでジムに通わなくていいですし(笑)。「残りアシスト走行可能距離」の表示も走行モードによって数値が変わるのでとても便利ですね。

デザイン面でもスタイリッシュな外観ですね。個人的には持っている服にあわせられるマットブラックが男性的なイメージがして好きです。このYPJ-Cは女性にも乗っていただけるものなので、YPJでデートなんていうのもいいですね。

いろんな魅力が詰め込まれているYPJ-Cですが、このひと漕ぎ目の感動は皆さんもぜひ実車で体感していただきたいです。特に電車通勤をしていて運動不足を認識しているサラリーマンの方々などにおすすめしたいです。

HAL

モデル(B-Tokyo所属)千葉県出身。
ファッション誌・ファッションショー・広告等で幅広く活躍中。
趣味:料理・登山・サイクリング
特技:サーフィン・韓国語

(注)外部サイトへのリンクとなります。

ページ
先頭へ