本文へ進みます


YPJ健康チャレンジ! ユーザーレポート

あなたも電動アシスト自転車YPJ-Cでアクティブな毎日を始めてみませんか。

YPJ健康チャレンジは、毎日の移動手段を電動アシスト自転車YPJ-Cに変えることでどのような効果が出るかを検証する企画です。
5名の方に6ヶ月間YPJを使っていただき、毎月の変化をお届けします。

ユーザーNo.1渡辺さん

中年太りで、体力の衰えや運動不足を感じており、またこれといった趣味も持ち合わせていない私。クロスバイクに乗ったことはありませんでしたが、でも自転車に乗ることは好きでした。たまたま、インターネットでこの企画を知って、自分を変えるチャンス!と思って応募しました。自転車に乗る爽快感と下り坂は好きだけど、上り坂は大嫌い。そんな怠け者の私を1台の自転車が変えてくれる。好きなら続けられる。そう信じて“健康チャレンジ”します!

渡辺さんプロフィール(YPJ使用前)

  • ■ 大阪府枚方市在住
  • ■ 50代/男性
  • ■ 通勤距離:片道約13.3km
  • ■ 体重:80.0kg
  • ■ 体脂肪率:32.9%
体力が
落ちてきている
体重が
増えてきた
新しい
趣味を持ちたい

1ヶ月目

YPJを使い始めて

朝の自転車がとても気持ちがいい!朝の小鳥のさえずりや、顔をなでる風に、何とも言えない心地よさを感じています。自転車通勤をして、初めて感じることのできる小さな幸せです。自転車通勤で変わったことと言えば、
(身体面)

  • ◯足の筋肉が張ってきました。最初は、少し筋肉痛がありましたが、脚力と筋肉がついてきたようです。
  • ◯少し痩せましたが、まだまだ、お腹の脂肪は豊富にあるのです。
  • ◯お腹が空きます。普段の運動不足の逆効果か?食欲が増した感じです。(気持ちなどの面)
  • ◯何より、自転車に乗ることが、益々好きになりました。通勤が楽しいんです。
  • ◯運動していることで、食欲も少し我慢できる気持ちが働いています。つまり、せっかく運動しているのだから、食べたいだけ食べてはだめだという気持ちです。
  • ◯休日にいろいろなところへ行ってみたいと思うようになりました。
  • ◯自転車に乗ってみて、老若男女のサイクリング愛好者が本当にたくさんいることに気づかされました。

ちょっとした寄り道も楽しんでいます

YPJを使い始めて変わったこと

体重の変化YPJ使用以前
80.0kg
1ヶ月目
78.2kg
  • ●脚力と筋肉がついてきた
  • ●少し痩せました
  • ●食欲が増した
  • ●通勤が楽しくなった

※レポートは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

閉じる

2ヶ月目

健康チャレンジ2ヶ月目

  • 〇足がさらにたくましくなって、筋力と筋肉がアップしました。ですので、少しくらいの上り坂だとアシストを使わずに上ることもあります。家で横になっているときに、太ももの筋肉が張っているなと感じることがあります。
  • 〇気づいてみれば、体重もさらに減少して、ズボンのベルトの穴が一つ締りました。
  • 〇毎日の自転車通勤がちょっとした楽しみで、自転車に乗ることがさらに好きになったようです。
  • 〇食事はあまり気を使っていませんが、食べ過ぎないようにだけ少し注意しています。
  • 〇生活の中で、YPJ-Cが大切なパートナーになっています。

意外に知らない近隣の風景や初めての道を楽しみ、少し眩しいくらいの日差しと爽やかな風を感じながら、上り坂も気にかけず、気持ちよくYPJ-Cを走らせています。ダイエット効果については、あまり気負いはなく、体重も知らない間に減少したようで、自分でも少し驚いています。

100km超えの旅にも挑戦

平日には通勤に、無理もなく、楽しみながらYPJ-Cを利用しています。休日には京都に出かけたり、片道約60kmの実家に帰るのに利用もしました。京都をよく楽しむには、移動手段としてYPJ-Cに勝るものはないのではないかと思うほどです。地に触れ、人に触れる旅で、終わってみると100km超えの旅でした。そんな長距離を自分が走れるとは、想像もしておりませんでした。YPJ-Cの基本的な走行性能と、アシストのおかげです。アップダウンの多い長距離走行だったので、アシストは本当に必要な上り坂のみに使用して不要なバッテリーの消費を抑え、(予備 バッテリーを使用して)余ったバッテリー残量を少し疲れが出た後半にSTDモードで使用しました。YPJ-Cの電動アシストは、物理的アシストだけでなく、心理的アシストもしてくれます。YPJ-Cなら、バッテリーの予備を備えて、充電補充できる環境を探せば、全国のどこにでも行ける気がします。まだまだ、これからYPJ-Cと“健康チャレンジ”を楽しみます!

YPJを使い始めて変わったこと

体重の変化YPJ使用以前
80.0kg
2ヶ月目
75.2kg
  • ●筋力と筋肉がアップしてきた
  • ●ズボンのベルトの穴が一つ締った
  • ●毎日の自転車通勤がちょっとした楽しみに
  • ●生活の中で、YPJ-Cが大切なパートナーになっている

※レポートは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

閉じる

3ヶ月目

平日の通勤に、休日の利用に、YPJ-Cが生活に欠かせないパートナーに

  • 〇最初のころより平地の巡航速度が3km/h以上向上していることに気づきました。脚力がつきました。
  • 〇会社の健康診断で、HDLとLDLのコルステロール数値が改善。中性脂肪はむしろ低すぎるくらいに。非メタボの判定でした。
  • 〇ベルトの穴がまた一つ(二つ目)締れました。お腹の脂肪はまだ有り余っていますが、明らかに減少しました。
  • 〇職場の同僚からも「痩せたね」と言われ、外見でもそうとわかるようです。食事は、継続して食べ過ぎないようにだけ注意しています。他に何もしていないのでYPJ-Cの通勤等の利用のおかげです。

今月も引き続き、気持ちよくYPJ-Cを走らせています。ダイエットについては、自転車がますます好きになって日々乗ってはいますが、食事に少し注意しているくらいで、苦痛や苦労しているという感覚もなくその効果が続いているので、体重計にのる度に少し驚いています。

ちょっとした寄り道も楽しんでいます

まだ陽があるうちに帰宅できた日には、朝とは違う夕暮れがとても美しいことに気づいて、自転車を止めて眺めたり、また休日に実家に帰る途中には、道沿いの河原に降りてもみました。釣りを楽しむ人や、ピクニックでお弁当を頬張る人などの中、青空の下で、心地よい日差しや風、水の流れを感じながら、しばしの時を楽しみました。以前に車ではもう何十年も通った道ですが、このような寄り道をすることはありませんでした。自分の足で、そして自転車のスピードで移動すると、本当に、景色の見え方、感じ方が違うのです。実際に走ってみて感じることです。『道路はもともと、人が出会う場であり、社交場であった。車よりも自転車で移動する人こそが豊かな人だ。』と言ったのは、ウィーンの哲学者イヴァン・イリイチだそうですが、YPJ-Cのある生活は、『心を少し豊かにしてくれる。』と実感しています。

YPJを使い始めて変わったこと

体重の変化YPJ使用以前
80.0kg
3ヶ月目
73.5kg
  • ●脚力がつき、平地の巡航速度が3km/h以上向上した
  • ●健康診断で非メタボの判定になった
  • ●ベルトの穴が先月よりまた一つ(二つ目)締った
  • ●職場の同僚からも「痩せたね」と言われた

※レポートは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

閉じる

4ヶ月目
5ヶ月目
6ヶ月目

あなたもはじめてみませんか? YPJ健康チャレンジ!

このような方にオススメ、YPJ健康チャレンジ

電車やバスなど公共交通機関で通勤している
自動車通勤をしている
仕事はデスクワークが多い
運動する時間がなかなか取れない

YPJ通勤のメリット

01有酸素運動に効果的

普通の自転車と比べて坂道などの強い負荷の影響を受けにくく、軽いチカラで長時間走り続けられ、有酸素運動に適しています。適度な負荷の有酸素運動は、エネルギー源として主に脂肪を燃焼し、健康増進の効果があると言われていますので、運動が苦手な方でもムリなく気持ちよくエクササイズを続けられます。

  • 市立小樽病院小児科医長 医学博士・スポーツドクター外岡立人氏調べ(心拍数データによる)

02満員電車や交通渋滞からの解放

ラッシュ時の満員電車や交通渋滞から解放されてストレスフリーに。朝のさわやかな風を感じて、季節の移り変わりも肌で感じることができます。

03おサイフにも環境にも優しい

定期代やガソリン代と比べてもとても経済的。おサイフに優しいだけではなく、地球環境にも貢献できます。

04通勤時間の短縮に

15km圏内であれば一般的に約1時間の移動範囲。駅までの徒歩移動や、電車の乗り換えなどを考えても、自分のペースで走行できるYPJはとても快適です。

05週末の楽しみも広がります

職場の仲間や友人を誘って週末サイクリングに出かけたり、いつもよりちょっと遠くまで出かけて新しい景色や自然を感じたり、YPJなら毎日の生活にプラスαの楽しみが広がります。

YPJ関連情報

ページ
先頭へ