本文へ進みます

アルミポンツーン

ポンツーン(桟橋)などの各種係船設備から、アルミポンツーンの特長をご紹介します。

MENU
ALUMINUM PONTOON

アルミポンツーン[ピアステージⅡ]の特長

環境にやさしくリサイクル性の高い未来の係留施設づくりに・・・

新しいマリーナ空間提案を可能にするピアステージ。優れた機能性・経済性・快適性・耐久性でマリーナ基本コンセプトに貢献します。本格的なマリーナから、暫定係留施設まで、フレキシブルな桟橋施設が提案できます。

浮桟橋(ポンツーン)

浮桟橋(ポンツーン)とは

浮桟橋(ポンツーン)とは、船舶への乗降り、物資の積み下ろしや船舶の係留を主たる目的とした、浮力体(フロート)、構造体(フレーム)、デッキの組合わせで構成された箱状の浮体構造物です。浮桟橋施設とは、アンカー(錨)、杭などで固定し陸岸とは連絡橋(渡り橋)で連結された施設のことです。水位差(潮位差)などの水位変化に追随して上下するため、常に水面から一定の高さを保持することができることによる利便性、安全性が確保できることが最大の利点です。

耐久性・軽量性に優れたフレーム

メインフレームには、耐防腐性・リサイクル性に優れたアルミ合金を採用。さらに取り外しを考慮した接合により、メンテナンス性を向上しています。
 

耐久性・軽量性に優れたフレーム

デザイン性で選べるデッキ材

デッキ素材には、ハードウッド・国産木材(間伐材等を利用)・合成木材(リサイクル材)などデザイン性・信頼性に優れた素材の中よりお選びいただけます。

デザイン性で選べるデッキ材

長期間浮力を維持するフロート

浮力体は、ポリエチレンの回転成形製造による、つなぎ目のなし一体構造です。回転成形後にスチロールを内部発泡させ、高い耐浸水性を実現しています。

フロートは4タイプから自由に選択

施工性と自由なレイアウトを可能にした碇けい装置

半固定式連結機構とガイドローラーの組合せにより、優れた施工性と自由なレイアウトを実現します。

H鋼ガイド

H鋼ガイド

パイルガイド[外杭型]

パイルガイド[外杭型]

パイルガイド[内杭型]

パイルガイド[内杭型]

構成部位

使い勝手と耐久性、メンテナンス性を考慮したパーツ構成になっています。
 

クリート

クリート

連結部(ジョイント)

連結部(ジョイント)

防舷材

防舷材

ヤマハ簡易型係留機器「Yブーム」との連結可能

Yブーム

半固定式連結機構とガイドローラーの組合せにより、優れた施工性と自由なレイアウトを実現します。

Yブーム

運輸省の技術評価を取得

プレジャーボート用浮桟橋として、ピアステージは平成10年5月18日付運輸省(現・国土交通省)の港湾に係る民間技術の規程に基づく、技術評価を取得しています。

大型アルミポンツーン

大型アルミポンツーン採用事例

横浜ベイサイドマリーナの80ftクラス大型クルーザー専用“マキシクルーザー桟橋”。1シップ1バース係留方式の桟橋に対応する軽量で強度のあるアルミポンツーンが採用されました。

アルミポンツーン

ヤマハ発動機株式会社
プール事業推進部 ポンツーン営業グループ

053-594-6512

受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
ポンツーン(桟橋)などの船舶係留設備から漁港やマリーナのトータルプロデュースまで、お気軽にお問合わせください

ページ
先頭へ