本文へ進みます

SC-30油圧操舵システムへのエアー混入改善に関する自主回収情報

2009年4月6日

 

 この度弊社製品の自主回収に関しましては、ご愛用の皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけ致しましたことを深くお詫び申し上げます。
現在、自主回収対象製品を保有されているお客様には、弊社にて無償回収修理を実施致しております。
大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます。

 

回収開始年月日

2009年4月6日

不具合の部位

ボートの操舵装置(油圧ステアリングシステム)

不具合状態にあると認める構造、装
置または性能の状況及びその原因

操舵装置の油圧ステアリングシステムの工場でのエアー抜き作業不足により、ステアリングが空転する恐れがある。

回収措置の内容

不具合の有無を対象艇全艇について点検し、不具合のある艇は、エアー抜きの改善作業を行う。

対象製品名(型式名)

SC-30 ( E3E )

対象製品製造期間

西暦2007年3月~2008年9月

対象製品の数量

39隻

 

回収届出番号:A20-007

 

回収対象製品製造番号

No

通称名

型式

HIN番号

製造番号

1

SC-30

E3E

JP-YAK01655B707

0200001

2

SC-30

E3E

JP-YAK02601I708

0200002

3

SC-30

E3E

JP-YAK02602I708

0200003

4

SC-30

E3E

JP-YAK02676I708

0200004

5

SC-30

E3E

JP-YAK02771J708

0200005

6

SC-30

E3E

JP-YAK02772J708

0200006

7

SC-30

E3E

JP-YAK02774J708

0200007

8

SC-30

E3E

JP-YAK02778J708

0200008

9

SC-30

E3E

JP-YAK02784J708

0200009

10

SC-30

E3E

JP-YAK02792J708

0200010

11

SC-30

E3E

JP-YAK02797J708

0200011

12

SC-30

E3E

JP-YAK02901K708

0200012

13

SC-30

E3E

JP-YAK02905K708

0200013

14

SC-30

E3E

JP-YAK02909K708

0200014

15

SC-30

E3E

JP-YAK02913K708

0200015

16

SC-30

E3E

JP-YAK02944K708

0200016

17

SC-30

E3E

JP-YAK03028L708

0200017

18

SC-30

E3E

JP-YAK03132A808

0200018

19

SC-30

E3E

JP-YAK03135A808

0200019

20

SC-30

E3E

JP-YAK03143A808

0200020

No

通称名

型式

HIN番号

製造番号

21

SC-30

E3E

JP-YAK03152A808

0200021

22

SC-30

E3E

JP-YAK03371C808

0200022

23

SC-30

E3E

JP-YAK03375C808

0200023

24

SC-30

E3E

JP-YAK03408C808

0200024

25

SC-30

E3E

JP-YAK03482D808

0200025

26

SC-30

E3E

JP-YAK03508D808

0200026

27

SC-30

E3E

JP-YAK03622E808

0200027

28

SC-30

E3E

JP-YAK03625E808

0200028

29

SC-30

E3E

JP-YAK03670F808

0200029

30

SC-30

E3E

JP-YAK03775F808

0200030

31

SC-30

E3E

JP-YAK03782F808

0200031

32

SC-30

E3E

JP-YAK03793F808

0200032

33

SC-30

E3E

JP-YAK03885G808

0200033

34

SC-30

E3E

JP-YAK03925G808

0200034

35

SC-30

E3E

JP-YAK04091I808

0200035

36

SC-30

E3E

JP-YAK04092I808

0200036

37

SC-30

E3E

JP-YAK04093I808

0200037

38

SC-30

E3E

JP-YAK04171J809

0200038

39

SC-30

E3E

JP-YAK04189J809

0200039

 

回収箇所説明図

全体図

油圧ホース内に溜まっていたエアーが、操舵中にヘルムポンプに入り、ステアリングホイールが空転する恐れがある。

全体図

点検方法と対応

手順

1.

ステアリングホイールを左右にフル転舵し、空転が無いか確認します。

2.

空転、エアー噛みの発生が無ければ、問題ありません。

3.

空転、エアー噛みがあった場合、エアー抜き作業を実施します。

   
 

回収済みマーク説明図

回収が完了した場合、左記のステッカーを貼付けます。
貼付位置は、トランサム面の右舷側。

 

詳しくは、弊社営業所のサービス課にお問い合わせください。

 

サービス課

受付時間:9:00~12:00 / 13:00~17:00 月~金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)

ヤマキ船舶化工(株)サービス課
*2018年1月1日~ ヤマハ発動機(株)東日本営業所 北海道サービス課

(北海道)

TEL 0134-31-1135

ヤマハ発動機(株)東日本営業所 東北サービス課

(青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県)

TEL 022-727-5180

ヤマハ発動機(株)東日本営業所 東日本サービス課

(群馬県・栃木県・埼玉県・茨城県・山形県・東京都・千葉県・神奈川県・新潟県・長野県)

TEL 045-775-2450

ヤマハ発動機(株)西日本営業所 中部サービス課

(岐阜県・愛知県・三重県・静岡県・石川県・富山県・福井県)

TEL 0533-66-3421

ヤマハ発動機(株)西日本営業所 西日本サービス課

(京都府・兵庫県・大阪府・滋賀県・奈良県・和歌山県)

TEL 0798-37-2004

ヤマハ発動機(株)西日本営業所 中四国サービス課

(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・愛媛県・香川県・高知県・徳島県)

TEL 082-545-1503

ヤマハ発動機(株)西日本営業所 九州サービス課

(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県)

TEL 092-885-6523

※ヤマキ船舶化工(株)は、ヤマハ発動機(株)の連結子会社です。

 

お客様相談室(国内専用窓口)

受付時間:9:00~12:00 / 13:00~17:00 月~金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)

フリーダイヤル

0120-090-819

 TEL

 0538-32-1166

通話内容の確認とご連絡のため、録音とナンバーディスプレイを採用しておりますので、あらかじめご了承ください。

お伺いするお客様のお名前やご住所は、お客様相談室の業務改善を目的としたアンケートをお送りするために使用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


ページ
先頭へ