本文へ進みます


装置の立ち上げ時間が半分!

インデックステーブルからの置き換えに新発想

電子部品メーカーN社 生産部

電子部品業界では、短いライフサイクルに対応するため、フレキシブルな生産設備が求められます。
N社でも品種変更のたびに装置の調整と改造を繰り返していました。

課題

課題のポイント

  • 品種変更に迅速に対応したい
  • 最小限のスペースで高い生産性を確保したい

品種変更のために3ヶ月しかない・・・工数削減が必須

電子部品メーカーのN社では、品種変更に伴う生産設備の改造の効率化が課題となっていました。
そんな折、新製品の発売に向けたライン構築の計画が持ち上がり、3ヶ月後には生産を開始しなければならなくなりました。

従来から使っているインデックステーブルは、微妙な停止位置の調整に手間と時間がかかり、品種変更に伴うライン改造を行うたびに、設備担当者は納期に追われていました。
また、複数のインデックステーブルが配置されている場所では、装置の調整やメンテナンスのために、インデックステーブルの間を何度も行き来しなければなりませんでした。また、インデックステーブルの間での組立や調整は作業性も悪く、設備担当者にとって大きなストレスになっていました。

ライン構築のための時間は限られており、工数削減と効率化は必須の状況でした。

品種変更のために3ヶ月しかない・・・工数削減が必須
インデックステーブルの場合 動線が複雑・長い

インデックステーブルを増設するにもスペースがない!

設備担当者の頭を悩ませる課題はまだあります。

工程数が増えたため、既存のインデックステーブルでは小さすぎ、もう1セット同じサイズのインデックステーブルを用意するか、新たにサイズの大きなインデックステーブルを用意するしかないと考えていました。ところが、現場担当者からは「これ以上のスペース確保は出来ない」という声が上がっていました。

解決

解決のポイント

  • 搬送機構の見直しで装置立ち上げ時間50%減
  • ラインを直線で設置できるため、作業性が向上
  • 装置スペースがコンパクトに

モジュールタイプの搬送機が柔軟で使いやすいライン設計を実現した

Y氏は、インデックステーブル以外でライン構築する方法も検討しました。展示会で情報収集をする中で、ヤマハ発動機のリニアコンベア「LCM100」が目に留まりました。

「搬送機器は他にも色々と見てきましたが、これほど小さなスペースで効率的に稼動できるものは他に見たことがありません。これであれば、弊社の課題をクリアできるかもしれない・・・と感じました」

Y氏は、ヤマハ発動機の担当者に詳しく話を聞きました。

モジュールタイプの搬送機が柔軟で使いやすいライン設計を実現した

「LCM100」はモジュールタイプのリニアコンベアで、省スペースで自由なライン設計が可能です。コンベア上を複数のスライダが高速かつ高精度に動作。停止位置の細かな調整も、数値を入力するだけで簡単。品種変更にスピーディーかつフレキシブルに対応できます。

LCM100の場合 直線なので動線が短い

既存のスペース内にも収まる。長く使い続けられるライン設計

「モジュールの数を増減させるだけで工程数の変更に対応できるという点や、停止位置の微調整が容易な点などが好評です。多くの工程がある複雑なラインにも関わらず、装置の立ち上げ時間が従来の半分で済んだと、チーム内から非常に高い評価を得ることができました。また、装置自体が劇的にシンプルになって作業性も向上し、設置スペースがコンパクトになりましたので、今後のライン増設も見据えることが出来そうです」(Y氏)

インデックステーブルに換わり「LCM100」を採用したN社。装置の立ち上げもスムーズに進み、新製品の発売をオンタイムに乗せることが出来ました。

「今後、工程数が増えたとしても、モジュールを追加するだけで対応できるため、長期に渡って活用できるラインになりそうです。期待しています」とY氏は語ってくれました。

この課題を解決したソリューションはこちら

LCM100

LCM100

「LCM100」は、製造現場においてお客様が抱える、ムダ取り、コスト削減、生産性向上、品質向上などの多くの課題を解決すべく開発された次世代搬送装置です。高速搬送、スムーズな減速停止、ダイレクト位置決め、スライダ上での作業が行える点など様々な特徴により、工程間搬送のムダを排除し生産性向上へと導きます。

受付時間 8:45~19:45 月~金曜日 / 9:00~17:00 土曜日・日曜日 (祝日、弊社所定の休日等を除く)

〒433-8103 静岡県浜松市北区豊岡町127番地

TEL / 053-525-8350 (営業) FAX / 053-525-8378

ページ
先頭へ