本文へ進みます

5つの親切機能

ヤマハ除雪機の主な特長をご紹介します。

「あなたにやさしい高性能」が、ヤマハの基本です。

静音 朝の住宅地の除雪も、静かで快適。

静音設計
静音設計ヤマハ独自※1
■搭載機種:YU240、YSF860、YSF860-B、YSF1070、YSF1070T、YSF1070T-B、YS1390A、YS1390AR
ヤマハ独自※1の設計技術で今までの約1/3※2の運転音を実現。ローアイドルガバナ搭載機は低速除雪時の静音性能がさらにアップ、環境に優しい静かな除雪作業を可能にしました。
運転音約1/3※2/YSF860の場合
※写真はYSF860-Bです。

運転音目安:
騒々しい街角 70dB(A)
>> YSF1070T/66.8dB(A)※3
>> YSF860/64.8dB(A)※4
>> 普通の会話 60dB(A)

低速除雪での作業性向上、さらに低燃費。

ローアイドルガバナ
ローアイドルガバナヤマハ独自※1
■搭載機種:YSF860、YSF860-B、YSF1070、YSF1070T、YSF1070T-B
ローアイドル運転時/燃料消費:約40%低減
※5
エンジンの回転を抑えた低速での作業性向上。また除雪機始動時の暖機運転がほぼ不要になり、除雪作業がすぐに始められます。
※1
2018年5月現在。
※2
YSF860の計測値。YT1070との比較。(ヤマハ調べ)
※3
YSF1070Tの計測値。7m離れた地点で4方向より測定した平均値。(ヤマハ調べ)
※4
YSF860の計測値。7m離れた地点で4方向より測定した平均値。(ヤマハ調べ)
※5
ハイアイドル運転時との比較。(ヤマハ調べ)

安心 “石噛み”から機械の心臓部を守る。

圧入式シャーボルトガード
シャーボルトガードヤマハ独自※1
圧入式
■搭載機種:YT1380、YT1380X、YT1390X、YT1390XR、YS1390A、YS1390AR
ゴムダンパー式
■搭載機種:YU240、YT660、YT660-B、YSF860、YSF860-B、YT1070、YSF1070、YSF1070T、YSF1070T-B
圧入式
除雪時の石や木片などの異物の噛みこみの衝撃を逃がし、シャーボルトにかかる負担をおさえることで、動力伝達部分の損傷を防ぐヤマハならではの技術です。
一般的なシャーボルト仕様/(1)石などの噛みこみ→(2)シャーボルトが破損
シャーボルトガード[圧入式]、[ゴムダンパー式]/(1)石などの噛みこみ→(2)圧入部・ゴムダンパーが衝撃を緩和→(3)シャーボルトの破損を防ぐシャーボルトガード[圧入式]、[ゴムダンパー式]/(1)石などの噛みこみ→(2)圧入部・ゴムダンパーが衝撃を緩和→(3)シャーボルトの破損を防ぐ
修理のために除雪作業を中断して部品交換することが、少なくなりました。
※1
2018年5月現在。

楽々 滑らかに旋回、進化したイージーターン。

イージーターン
新イージーターンヤマハ独自※1
■搭載機種:YSF1070T、YSF1070T-B
イージーターン機構に加え、コントローラーが旋回時のショックを軽減、従来モデルに比べ除雪が滑らかでスムーズに行えます。
※写真はYSF1070T-B(オプション装着品)です。
手元のスイッチ操作でスムーズな旋回が可能。小回りがきき、狭い場所での除雪作業を強力にサポート。
※1
2018年5月現在。

快適 雪づまりを軽減。ベタ雪も力強く飛ばす。

ジェットシューター
ジェットシューターヤマハ独自※1
■搭載機種:YU240を除く全機種
※YT660、YT660-B、YSF860、YSF860-Bはインペラー部にジェットシューターは装着されません。
シューター内部やインペラー部に、ヤマハだけの『超高分子量ポリエチレン成形板』を装着。シューター内部の雪づまりを軽減、あらゆる雪質でもパワフルに吹き飛ばします。
※写真はYS1390Aです。
※1
2018年5月現在。

簡単 面倒なキャブレターの燃料抜きも簡単。

燃料コック
燃料コックヤマハ独自※1
■搭載機種:全機種
長期保管時のキャブレターの燃料抜きは、燃料コックを回すだけで簡単。ドライバーなどの工具は不要です。また、大型ストレーナキャップで水抜き回数も軽減。
燃料コックを回すだけでキャブレターとホースに残ったガソリンを排出できます。
※1
2018年5月現在。
ページ
先頭へ