本文へ進みます

計測データの解析

無人ヘリで計測した100ha単位の森林を3次元デジタルデータで精緻に再現。用途やご要望に応じて、計測データの可視化を行います。

MENU
計測データの解析

100ha単位の森林を3次元デジタルデータで精緻に再現

無人ヘリの高い航行性能を活かして獲得した約3,000点/㎡の高密度点群データを用い
地表面、立木1本1本レベルまで、100ha単位に及ぶ森林全体の3次元デジタルデータ化を実現。
航空レーザ計測などの従来手法では実現困難だった、広範囲の森林を内部まで3次元で精緻に再現することに成功しました。

3次元デジタルデータを解析・可視化(GIS対応)

森林内部まで精緻に再現された3次元デジタルデータを解析することにより
立木情報、地形情報など、必要な情報を精密に可視化し、「森林の見える化」を実現しました。
施業計画や路網設計、治山、防災など、さまざまな用途やご要望に応じて、解析・可視化したデータ(GIS対応)を提供します。

立木MAP

立木MAP(位置・樹高・DBH等)

森林内の全立木を地図上に明示。全ての立木1本ごとに解析することで、位置、樹高、胸高直径、材積、樹種など個体情報も確認できます。

相対幹距比

相対幹距比

森林の密度を20mメッシュで可視化。間伐が必要なエリアを直感的に判別でき、優先順位の設定など合理的な施業計画作成を支援します。

樹種界図

樹種界図

スギ、ヒノキ、その他の樹種界を特定し、地図上に明示。全ての立木1本ごとの樹種を判定し、森林の経済性評価にも活用できます。

高精密CS立体図

高精密CS立体図

無人ヘリの航行性能を活かして獲得した地表面の詳細な情報をもとに、高精密なCS立体図を作成。境界画定や治山・防災への活用も期待できます。

傾斜分布図

傾斜分布図

傾斜角度を色情報で再現、森林全体の傾斜状況を可視化します。作業道の敷設や搬出計画作成のための基本情報として活用できます。

精密等高線図

精密等高線図

地形情報を1mピッチの等高線で表現。路網自動設計ソフト(FRD)とのマッチングも良く、精度の高い路網設計に貢献します。

高精細オルソ画像

高精細オルソ画像

上空約50mから細かく撮影した写真を合成し、高精細なオルソ画像を作成。樹種や樹種界、松枯れや風倒木などの確認も可能です。

データ活用事例:精度の高い施業計画・路網設計が実現

ヤマハ発動機の森林計測サービスが提供するデータを活用することにより
森林経営に関わるさまざまな場面で、作業効率、経営効率などの向上が期待できます。
実際に、林業の現場で活用した事例をご紹介します。

立木情報を解析し施業計画の精度が向上

立木1本ごとの情報をもとに相対幹距比を解析し、間伐が必要なエリアを可視化。密度の高いエリアから優先的に施業を行う年度別の施業計画を作成し、さらに、単木単位の解析を行い、詳細な施業計画の立案が実現します。

詳細な地形データを利用し精度の高い路網設計が可能

ヤマハが計測・解析した地形データを路網設計支援ソフト(FRD※)にインポート。精度の高い、詳細な地形データを使用することにより、FRDの持つ高い路網設計能力をさらに引き出し、精度の高い路網設計が実現します。

※FRD(Forest Road Designer)は住友林業株式会社と(国研)森林研究・整備機構 森林総合研究所の白澤紘明氏が共同開発した、路網設計支援のためのソフトウェア

森林計測サービス お問合せ窓口

ヤマハ発動機株式会社
技術・研究本部 NV・技術戦略統括部 森林計測部

0538-32-9646

受付時間 9:00~11:30 / 13:00~17:00 月~金曜日
(祝日、弊社所定の休日等を除く)

「森林計測ホームページを見た」とお伝えください

お問合せをする
ページ
先頭へ