本文へ進みます

ニーズ別活用シーン

産業用無人ヘリコプターによる森林計測サービスの活用シーン・方法をニーズ別にご提案します。

ニーズ別活用シーン ニーズ別活用シーン

森林計測の新スタンダードとして

ヤマハ発動機は、森林管理の第一歩として、その現況把握が重要だと考えます。
産業用無人ヘリコプターを活用した新たな計測・解析手法により、これまで困難だった広域に渡る「森林の見える化」を実現。
データに基づく林業のスマート化、効率的な森林環境の維持・向上活動を支援します。

地形・立木の詳細データを獲得

産業用無人ヘリコプターの持つ機動力を活かし、1日最大約100ha、地上高度約100mから計測を実施。広範囲に渡って、境界確定の参考となる微地形図や立木の詳細データが獲得できるため、これまで人的労力に頼っていた森林内把握の省力化・効率化を実現します。

施業の効率化を支援

有人機航空測量では困難だった山林内の状況や林内環境を、3Dデータで可視化し詳細に把握。徒歩での計測が困難な山林のデータも獲得できるため、長年の経験に基づく判断に替わる、実測データに基づいた精度の高い施業シミュレーションが可能となります。

意向確認の効率化に

幹や地表面のデータを広範囲に獲得できるため、単木レベルの材積や森林密度など、具体的なデータを用いた森林所有者への現況報告が可能となります。地形や立木の並びを可視化して、境界判定の補助資料としても活用でき、森林経営管理制度に基づく森林所有者の意向確認業務の効率化も期待できます。

森林に関わるさまざまな業務を支援

広範囲に渡る高精度なデータを活用することで、
林業に、土木に、森林に関わる幅広い領域で、これまで困難だった業務や課題の効率化・高度化を実現できます。

林業のスマート化に

毎木調査データをICTで共有し、高精度基盤情報として施業計画作成や進捗管理のお役に立ちます。

需給マッチングに

胸高直径、樹高、位置といった単木レベルでの森林資源情報をデータ化、市場からの需要に即応可能となります。

労務低減に

森林・地表の見える化が境界の画定を容易にすると同時に意向確認時の山林所有者様との合意形成のお役に立ちます。

路網整備、防災に

精密CS立体図が詳細に地表面を再現、路網設計や治山方針策定のお役に立ちます。

森林計測サービス お問合せ窓口

ヤマハ発動機株式会社
ソリューション事業本部 森林計測グループ

0538-32-9646

受付時間 9:00~11:30 / 13:00~17:00 月~金曜日
(祝日、弊社所定の休日等を除く)

「森林計測ホームページを見た」とお伝えください

お問合せをする
ページ
先頭へ