本文へ進みます

航空レーザ計測の新潮流

数百ha単位の森林を3次元デジタルデータ化。産業用無人ヘリコプターによる計測により、航空レーザ計測、森林計測の新たな潮流を切り開きます。

航空レーザ計測の新潮流

数百ha単位の森林全体を森林内部まで精緻に3次元デジタルデータ化

これまでの計測手法では実現困難だった数百ha単位の森林全体を3次元デジタルデータ化。
森林全体に対して、地表面、立木1本1本レベルまで、森林内部を3次元で精緻に再現。
オフィスにいながら、任意に設定した視点の高さや角度から、森林内部の現況を立体的に確認できます。

上空からのレーザ計測だけで計測作業が完了。省力化による短納期・低コストを実現

森林内部に立ち入ることなく、上空からのレーザ計測だけで森林内部を精緻にスキャンする独自の手法を確立。
高い航行性能を誇るヤマハ発動機の産業用無人ヘリコプターに、業界最高水準のLiDARを搭載することにより、1日あたりの最大計測面積は100ha、
これまで必要だった計測作業の手間を大きく省力化、短納期・低コストを実現しました。

地上計測と遜色のない、精緻なデータを獲得。業務精度・効率の向上に貢献

森林全体に対して、地表面・立木1本1本レベルまで、精緻なデータを獲得。
立木位置、樹高、胸高直径をはじめ、実測値との誤差もごくわずかな精度の高いデータを活用できます。
各種業務ソフトへのデータインポートも可能で、材積計算や路網計画、施業計画立案など、業務精度・効率の飛躍的な向上が期待できます。

森林計測サービス お問合せ窓口

ヤマハ発動機株式会社
ソリューション事業本部 森林計測グループ

0538-32-9646

受付時間 9:00~11:30 / 13:00~17:00 月~金曜日
(祝日、弊社所定の休日等を除く)

「森林計測ホームページを見た」とお伝えください

お問合せをする
ページ
先頭へ