本文へ進みます


今月のJW女子(2019年5月)

ヤマハ車いす用電動ユニット(JWX-1 PLUS+)を使用されている島崎睦さんにお話を伺いました。

今月のJW女子 5月

ヤマハのJWにした決め手!

簡易型電動を探していて、病気の関係で身体が小さく大型のものは身体に合わず…
小型で小回りがきくものを探しておりました。加えて色々なフレームと組合せが出来る点も気に入り、購入を決めました。

それまでは手動車いすで生活をしておりました。
実は初めてJW(JW-I)を購入したのは、高校生の時なのですがあまり使用していなくて…
社会人になってからも、暫くは手動車いすで生活をしていたのですが、不便を感じることも多くなり、ちょうど買替えタイミングも重なったことから、JWX-1 PLUS+を購入いたしました。

※JW-I は、1995年にデビューした手動車いすを電動化するユニットJWシリーズの最初のモデルです。既に生産は終了しており、2018年7月末日をもって部品供給及び保守サービスも終了しております。 byヤマハ担当者

ヤマハのJWで気に入っているところ

  • ・ジョイスティックの色が黒になったところ。
    JW-I はブルーで、目立ってしまっていたので、黒になり非常に気に入っております。
  • ・カラーキャップが選べるようになったところ。
    フレームの色と合わせて選択できるようになっており、嬉しかったです。
  • ・バッテリーの色がグレーから、黒になったところ。
    グレーの時はフレームや洋服と合わせ難かったのですが、黒になったことで大変合わせやすくなりました。
  • ・リチウムイオンバッテリーの走行距離が長いところ。
    JWX-1 PLUS+に乗り換えてからも、ニッケル水素バッテリーを2個持ち歩いていたのですが、リチウムイオンバッテリーにしたことで1個だけで充分になりました。
    私は旅行や美術館巡りが趣味で、ニッケル水素バッテリーですとどうしても1日持たないことが多かったのですが、リチウムイオンバッテリーにしたことで心配が無くなりました。

ヤマハのJWで改善して欲しいところ

  • ・バッテリーとリュックサックがぶつかり易いところ。
    リュックサックを使用することが多く、背負ったり降ろしたりするときに、ひっかかってしまいます。座幅が比較的狭いことも関係あるのかもしれないのですが、改善できたらな~と販売店さんにも相談に乗って頂いております。
  • ・ヤマハロゴや警告シール類が、少し派手で目立ち過ぎてしまうところ。
  • ・電源スイッチも黄色で目立つところ。
    黒や白、グレーなど、モノトーンにして頂けたらお洋服に合わせやすいのにな、と思っております。
  • ・バッテリーがむき出しになってしまっているところ。
    雨天時などカバーがあれば心配が減ります。
  • ・ハンドリムが傷つき易いところ。
    手動車いすに乗っているときは気にならなかったのですが、電動車いすを使用し始めて、傷が目に気になるようになりました。
    JWに乗り換えて、行動範囲が広がったからかもしれませんが…

メッセージ

私が手動車いすを利用していた時の電動車いすというのは、とてもハードルが高くて…
まだ手動でこげるうちは手動で頑張りたいと思っておりましたし、何だか電動というと非常に仰々しくて…

でも今はスタイリッシュでデザイン性の良いものが沢山出ており、機能面も申し分なくて、もう手放せないですね。
行きたいタイミングで自由に、自分の好きなところへ出かけられるのは、電動車いすの良いところだと感じております。
手動車いすを使用していた時と比べて、電動車いすを使用している方が一週間の体力の持ちも違って、生活の幅が広がりました。お出かけが好きな方は、行動範囲がますます拡がることと思います。

私は、このJWを購入した3年ほど前に、初めて一人暮らしも始めました。
それまでは片道2時間ほどかけて職場まで通っていたのですが、時間がもったいなくて、引っ越しをいたしました。
もしダメだったら実家に戻れば良いかな…という軽い気持ちで決めました。

生活をし始めてみると、意外と何とかなるものだな~と感じております(笑)
例えば、当初はヘルパーさんを依頼する予定だったのですが、私の場合は結局お願いをしておりません。
あまりアドバイスにならないかもしれませんが、実際に行動してみないと分からないことも多いですよね。
ずっと実家暮らしでしたので、ペースをつかむまでは苦労しましたが、軌道に乗った後は皆さまのように、料理や洗濯・ごみ捨てといった一通りの家事を何とかこなしながら生活できております。

実家から一緒に引っ越しをしてきた猫もいるので、寂しくもありませんね。
私が旅行に行く時は、猫と一緒に電車に乗って実家に預けに行っているので…
私よりも猫の方が、里帰りをよくしているような気がします(笑)

一人暮らしに関しては、今のところ一番大変だったのは、物件探しです。
通路が広いバリアフリー対応であること、通勤もし易いこと、治安が良いことなどと条件をしぼって、3か月ほど時間をかけて探しました。
これから一人暮らしをされる方は、バリアフリーの物件を多く扱っている不動産屋さんで探されることをお勧めいたします。不動産屋さん自体がバリアフリーになっていないこともありますしね。

趣味は広く浅くという感じでして、前述の通り旅行や美術館巡り、それから学生時代に国文学を専攻したほど読書も好きです。ずっと本はペーパーブック派だったのですが一人暮らしを始めてみて、置き場所がすぐに無くなってしまうことに気づき、最近は電子書籍を使うようになりました。飛行機の中でも読めるし、手軽に持ち運びが出来て、今やJWと同様に欠かせないアイテムになりました。JWを購入してから外出が増えたので、ちょうどよい機会となりました。

最近はフィルム製のカメラにも挑戦するようになりまして、旅行先や季節感のある写真を週末に撮影したりしております。
(頂戴したお写真を文末に載せておりますので、ぜひご覧ください。 by ヤマハ担当者)

私は購入を検討していた時は、HCR(国際福祉機器展)でヤマハの電動アシスト車いすJWスウィングの試乗もいたしました。初めて電動アシスト車いすを体験させて頂いたので、非常にスムーズで快適で驚きました!

ただ私の場合は手動車いすをこぐ時に、足こぎ(足でこいで進むこと)をしているので、それができなくなってしまうこと、何より両手がふさがってしまうと困ると思い、ジョイスティックタイプに決めました。
ジョイスティックタイプだと片手が空いて自由に使えるので、買い物やモノを持って移動をし易いです。

旅行にこんなに沢山行くようになったのは、このJWを購入してからです!
もともと旅行は好きだったのですが、手動車いすを使用していた時は、事前に念入りにグーグルマップでリサーチして、坂が無いか?あった場合は手を貸してくれそうな人は居そうか?などを入念に調べていたのですが、今はもう行った先で何とかなる!という気持ちで、出かけるようになりました。

昨年はついにJWと一緒にフィンランドへ、今年も2月にデンマークやスウェーデンに旅行してまいりました。
ツアーではなく、同じく車いすの友人と2人旅をしてきて、非常に寒かったですが…(笑)このJWで海外旅行ができて良い思い出となりました。
これからもまだ訪問したことが無い国をどんどん訪ねてみたいですね。
暮らしている方の生活スタイル、乗られている車いすの種類、取り巻く法律や制度などにも興味があります。考えているだけでとても前向きな気分になれて、自分に合うJWに出合えて本当に良かったと思う日々です。

島崎sanが撮影された写真

撮影協力:
トリアノン洋菓子店 高円寺本店
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目26番12号
電話 03-3315-1451
http://trianon.co.jp/

今月は創業60周年の老舗洋菓子店で取材をさせて頂きました。
平日の夜にも関わらず、カフェで食事を楽しまれる方や、オーダーしていたホールケーキを受取りに来る方など、お客様がひっきりなしに訪れておりました。

お店の名称となっているトリアノントルテというケーキはもちろんのこと、沢山の種類の洋菓子や喫茶メニューがあり迷ってしまうほどです。なかなか決められないかも…というお客様は、季節の商品も多々ありますので、それらもおすすめです。
島崎sanも、その中から苺タルトを頂いており、あまりの可愛さにお召し上がりの前には、写メを撮っておいででした。

魅力的なメニューの数々、JR高円寺駅南口を出てすぐというアクセスの良さ、年中無休、21時まで営業などなど、多くの方々から高円寺のシンボルとして愛されている様子が垣間見えました。

ページ
先頭へ