本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

ヤマハ発動機株式会社

ここから本文です

特長紹介:トリシティ125

細部に至る詳細な解説と鮮明な画像で、ヤマハのバイクのディテールを紹介。オンライン版カタログとしてお楽しみください。

カタログ請求する

コレが、これからのカタチ。

もっと自由に、もっとハッピーに。
楽しいカタチが、新しい走りを創造する。
スタイリッシュで、スポーティな
125ccクラスの新しいシティコミューター、
TRICITY 125〈トリシティ125〉。
さあ、いままでにない、楽しさへ。

01 コレが、TRICITY 125の〈オリジナリティ!〉

「LMW機構」という、新しいカタチ。
操縦しやすく走りやすい、をかなえるメカニズム。
フロント2輪をリーンさせる機能に加え、左右のサスペンション機能を独立させることにより道の変化に合わせて2輪が動き、安定感のある、軽快な走りを可能にしました。

※LMW:Leaning Multi Wheel(リーニング・マルチ・ホイール)
ヤマハ発動機は、車輪及び車体全体がリーン(傾斜)して旋回する3輪以上のモビリティをLMW:Leaning Multi Wheel(リーニング・マルチ・ホイール)と呼びます。

技術解説動画

02 コレが、TRICITY 125の〈ハンドリング!〉

低速走行時や強い横風でもハンドルのふらつきが少なく、コーナリングや、切り返しなどの方向転換がスムーズです。

03 コレが、TRICITY 125の〈乗りやすさ!〉

UBS(ユニファイドブレーキシステム)を搭載。
停止まぎわ、低速走行などでも操作感がGOOD。
左ブレーキレバーを操作するとリアブレーキとフロントブレーキにバランスよく効力を発生させ、制動時にハンドルのふらつきが少なく、コントロールしやすくなり、あなたのブレーキ操作をサポートします。

※UBS:Unified Brake System(ユニファイドブレーキシステム)

ユニファイドブレーキシステム

※画像は合成によるイメージです。停車時には地面に足をついて車両をささえる必要があります。また、駐車時は平らなところでスタンドを使用してください。

04 新開発の3輪ABS仕様車を設定

TRICITY 125 ABSには、これまでのUBS(ユニファイドブレーキシステム)に加えて、新開発のABS(アンチロックブレーキシステム)を搭載しました。フロント2輪とリヤ1輪それぞれにセンサーが取り付けられておりスリップを検知すると独立した3つのブレーキを、それぞれ最適に制御して、車輪のロックを抑制します。さまざまな路面状況下でも、タイヤ本来の性能をフルに発揮させることを狙いに開発したブレーキシステムです。

※ABSは制動距離を短くしたり、転倒を回避するためのシステムではありません。ABSはあくまでも、ライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装着していない車輌と同様、コーナーの手前では十分な減速をしてください。

05 125ccスクーターのメリット

TRICITY 125 ABS / TRICITY 125は第二種原動機付自転車(原付第二種)です。『AT小型限定普通自動二輪免許』以上の二輪免許で運転可能です。

法定最高速度は60km/h!*1
一般道路での法定速度は、50ccが30km/hであるのに対し、125ccは60km/hです。

2段階右折不要!
50ccが2段階右折しなければならない交差点も、125ccなら自動車と同じ右折方法が可能です。

二人乗りOK!*2
50ccとは異なり、125ccは二人乗りが可能です。

経済的で省スペース!
50cc同様車検はなく、毎年の税金(軽自動車税)は1,600円/年(50ccは1,000円/年)。自賠責保険も2年間で50ccバイクと同じ9,870円です。(2015年2月現在)また、乗用車の任意保険にご加入の場合、お得なファミリーバイク特約にご加入いただけます。*3
車体も四輪車に比べコンパクトなので駐車スペースも少なくすみます。

*1 実際の走行では標識の制限速度に従って走行してください。
*2 小型限定を含む普通二輪免許あるいは大型二輪免許取得後1年未満は二人乗り不可。
*3 一部加入できない会社もありますので、詳しくは保険会社にお問い合わせください。

※運転には普通二輪免許(小型限定もOK)か、大型二輪免許のどちらかが必要です。
※総排気量125cc以下の普通自動二輪車は、高速自動車国道および自動車専用道路での走行はできません。

06 コレが、TRICITY 125の〈デザイン!〉

コンセプトは、エレガント&スマート。
モダンなシティコミューターらしさを残しながら、独創的なカタチを追求しました。ダイナミックな中にも、スマートさと上品さが感じられるデザインです。

ポジションランプやテールランプには、低消費電力のLEDライトを採用し省電力。環境への配慮も忘れません。
※画像は撮影用に点灯したものです。

コレが、TRICITY 125の〈使いやすさ!〉

07 乗り降りしやすいフラットフットボード

足元のスペースはゆったり広々。地面に足がつきやすく、乗る・走る・降りるという繰り返しも快適です。

フラットフットボード
08 見やすい液晶デジタルメーター

デジタルスピードメーター、デジタル時計、外気温表示などの機能を備えています。

※メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。
※写真はABS仕様車です。

液晶デジタルメーター
09 便利なコンビニフック

格納式のフックには、レジ袋やエコバッグなどを掛けられます。

※コンビニフックに掛けられる重さは1kgまで

コンビニフック
10 シート下トランク

ヘルメット収納に便利な容量約20リットルのシート下トランク。

※シート下トランクには熱の影響を受けやすいもの、こわれやすいもの、貴重品は入れないでください。また、ヘルメット等収納物の形状・大きさにより収納できない場合があります。ご購入の際、ご確認ください。

シート下トランク
11 居住性に優れたタンデムシート

タンデム側のシートは、充分な座面の広さを確保し、安定感ある座り心地です。座面はタンデム側がやや高く、タンデムライダーの前方視界も良好です。タンデムステップは折りたたみ式です。

タンデムシート
12 シートオープン機能付きキー

メインキーで、簡単にシートが開けられます。また、鍵穴へのイタズラを防止するキーシャッターも装備。

※キーシャッターはあくまでも盗難抑止を目的とした装備であり、盗難を完全に防止するものではありません。(画像は閉じた状態です)

シートオープン機能付きキー
13 燃費効率に優れたエンジン

軽快な走りを支えるのは、水冷・4ストローク・2バルブエンジン。
発進から低速でのスムーズな立ち上がり、および中高速度域での伸びのある滑らかな走行性・機動性を引き出します。また、燃料供給には日本国内向けモデルでは初となるヤマハ独自のFIシステム「YMJET-FI(ワイエムジェット-FI)」を採用。(平成27年2月現在)
低速域の燃費効率と中高速域での走行フィーリングの両立を実現しました。平成19年国内排出ガス規制に適合しています。

エンジン
facebookで共有する ツイッターでつぶやく googleプラスで共有する mixiチェックで共有する