本文へ進みます

補修用キャブレターに係る自主改善の実施について

 補修用部品として、ヤマハ発動機(株)が販売したキャブレターにおいて、以下の通り自主改善を実施いたしますので、ご案内申し上げます。
  対象となるお客様には、販売店より通知させていただきますので、ご多忙のところ大変恐縮ではございますが、点検・交換をお受けいただきますようお願い申し上げます。


不具合の内容 キャブレターの製造工程において、スロットルケーブルを取り付けるプーリーの材料に規格を超える鉛が誤って混入したものがある。そのため、使用過程において、当該プーリーが腐食して強度が低下し、そのまま使用を続けると、プーリーが破損して、アイドリング不安定やエンストを起こすことがあり、最悪の場合、スロットルを戻してもエンジン回転が下がらなくなるおそれがある。
改善の内容 当該キャブレターを良品と交換する。
部品名称 部品番号 自主改善対象部品の出荷期間 自主改善対象数 備考
対象型式 通称名
キャブレター 5XN-E4301-10 平成19年2月6日~
平成23年7月1日
1,057個 BB-SA24J 「BJ YL50」
BB-SA16J 「ジョグCV50」
「ジョグCV50ZR」
「ジョグCV50ZⅡ」
5XN-14301-29 平成19年10月11日~
平成23年9月3日
220個 BB-SA24J 「BJ YL50」
BB-SA16J 「ジョグCV50」
「ジョグCV50ZR」
「ジョグCV50ZⅡ」
5FA-14301-13 平成19年2月20日~
平成19年9月22日
60個 BD-SB06J 「グランドアクシスYA100W」
5FA-14301-14 平成19年1月31日~
平成24年3月26日
180個
5GD-14301-30 平成19年2月21日~
平成24年12月3日
119個 BB-SA08J 「ジョグポシエYV50H」
  合計 1,636個  
備考:当該補修用部品を使用している車両が特定できたものについては、同日付けで改善対策届出(届出番号433、対象台数54,474台)を行います。
改善箇所説明図

詳しくは、お客様相談窓口にお問い合わせください。

ヤマハ発動機販売(株)お客様相談窓口

受付時間:10:00~12:30 / 13:30~18:00
月~金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)

フリーダイヤル 0120-133-120
ページ
先頭へ
ページ
先頭へ