本文へ進みます

マグザム、グランドマジェスティ250/400、TMAX、VOXに関するリコール情報

2007年5月10日

 

 この度は、弊社のリコールに関しまして、ご愛用者の皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます。
  現在、リコール対象車を保有されているお客様には直接ご連絡のうえ、無償修理を実施致しております。ご多忙のところ大変恐縮ではございますが、何卒ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

リコール届出番号

1879

リコール開始日

平成19年5月11日

不具合の部位
(部品名)

燃料装置(燃料ポンプのシール)

 

燃料装置(燃料ポンプ)

原動機(カムチェーンテンショナー)

動力伝達装置(クラッチキャリア)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

燃料タンクにおいて、燃料ポンプ取付部のシールの材質が不適切なため、オゾン劣化により当該シールに亀裂が生じるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、亀裂が進行し、最悪の場合、燃料満タン時にポンプ取付部から燃料が漏れるおそれがある。

燃料タンクにおいて、燃料ポンプに至る電気配線の防水性が不適切なため、電気配線に入った水が当該ポンプのカプラ内に浸入することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、端子が腐食して折損し、燃料ポンプが作動しなくなり、最悪の場合、エンジンが停止し、再始動できなくなるおそれがある。

原動機のカムチェーンテンショナーにおいて、原動機の冷却性能が高すぎるため、ブローバイ中の水分が当該テンショナー内部に結露し、テンショナーが錆びて固着することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、カムチェーンが振れて異音が発生し、最悪の場合、当該チェーンが外れてエンジンが停止し、再始動できなくなるおそれがある。

教習車仕様の車両において、教習時にブレーキをかけながらスロットルを開ける操作が頻繁に行なわれるため、クラッチキャリアがクラッチハウジングと滑りながら接触することから、摩擦により異常発熱して、クラッチキャリアが早期に摩耗するおそれがある。

改善措置の内容

全車両、燃料ポンプ取付部のシールを対策品と交換する。(ニトリル系 からフッ素系に変更する。)

全車両、水抜き機能を有するカプラ付サブハーネスを追加する。
また、燃料ポンプのカプラ内の端子を点検し、錆びているものは、燃料ポンプを新品と交換する。

全車両、防錆処理を施したカムチェーンテンショナーと交換する。

全車両、2次減速機の歯車を対策品と交換し、2次減速比を高くする。

・改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)にNo.1879のステッカーを貼付する。

 

車名

型式

通称名

リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間

リコール対象車の
台数

備考

ヤマハ

BA-SG17J

マグザムCP250

SG17J-000048~SG17J-018189
平成17年3月9日~平成19年3月30日

18,140台

BA-SG15J

グランドマジェスティ
YP250G

SG15J-000034~SG15J-016209
平成16年2月6日~平成19年2月23日

16,170台

BC-SH04J

グランドマジェスティ
YP400G

SH04J-000018~SH04J-004081
平成17年2月9日~平成19年3月28日

3,762台

グランドマジェスティ
YP400L

SH04J-000998~SH04J-001397
平成17年4月12日~平成17年5月12日

298台

BC-SJ04J

XP500 TMAX

SJ04J-000013~SJ04J-003416
平成16年8月3日~平成19年3月23日

3,400台

JBH-SA31J

VOX XF50

SA31J-100101~SA31J-109514
平成18年3月8日~平成18年9月2日

9,414台

SA31J-160101~SA31J-161684
平成19年1月12日~平成19年4月9日

1,584台

SA31J-180101~SA31J-181636
平成19年1月12日~平成19年4月10日

1,536台

 

(計5型式)

(計6車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成16年2月6日~平成19年4月10日

(計54,304台)

 
 
改善箇所説明図1
 
改善箇所説明図2
 
改善箇所説明図3
 
改善箇所説明図4
 

詳しくは、販売会社地区サービス拠点、または弊社お客様相談室にお問い合わせください。

ヤマハ発動機販売(株) 営業統括部 サービス部

受付時間:10:00~12:30 / 13:30~18:00
月~金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)

北海道営業所サービス課

TEL 011-222-6151

東北営業所サービス課

TEL 022-772-7083

サービスセンター関東

TEL 048-449-6232

中部営業所サービス課

TEL 052-939-1785

サービスセンター西日本

TEL 06-6397-6171

九州営業所サービス課

TEL 092-411-3785

 

お客様相談室(国内専用窓口)

受付時間:9:00~12:00 / 13:00~17:00
月~金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)

フリーダイヤル

0120-090-819

TEL

0538-32-1166

通話内容の確認とご連絡のため、録音とナンバーディスプレイを採用しておりますので、
あらかじめご了承ください。

お伺いするお客様のお名前やご住所は、お客様相談室の業務改善を目的としたアンケートを
お送りするために使用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

ページ
先頭へ