本文へ進みます

SEROW XT250、tricker XG250に関するリコールについて

 この度は、弊社のリコールに関しまして、ご愛用者の皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます。
 現在、リコール対象車を保有されているお客様には直接ご連絡のうえ、無償修理を実施致しております。ご多忙のところ大変恐縮ではございますが、お早めにご購入いただきました販売店へご連絡いただき、点検・修理(無償)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

リコール届出番号 5165 リコール開始日 令和4年6月15日
不具合の部位(部品名) 原動機(エンジンコントロールユニット)
基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 ① エンジンコントロールユニット(ECU)のプログラムが不適切なため、スロットルをわずかに開けた状態を保持すると、ECUがスロットルは閉じていると認識して燃料を減らし、燃焼室内に吸入される混合気が薄くなる。その状態からスロットルをゆっくり開けると、さらに混合気が薄くなり、最悪の場合、エンストするおそれがある。

② エンジンコントロールユニットのプログラムが不適切なため、スロットルをわずかに開けた状態を保持すると、過度に燃料を増量して燃焼室内に吸入される混合気が濃くなるので、薄くしようと燃料を減らす制御が入る。その状態からスロットルを閉じると、燃料を増量する制御は停止するが、燃料を減らす制御は継続するため、混合気が薄くなり、最悪の場合、エンストするおそれがある。

③ エンジンコントロールユニットのプログラムが不適切なため、暖機途中にアイドリング状態を継続すると、排出ガスをクリーンにするために燃料を減らす制御が入り、燃焼室内に吸入される混合気が薄くなる。そのため、エンジン回転が不安定になり、最悪の場合、エンストするおそれがある。
改善措置の内容 全車両、エンジンコントロールユニットのプログラムを対策プログラムに書き換える。
車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間 リコール対象車の台数 備考
ヤマハ 2BK-DG31J 「SEROW XT250」 DG31J-000013~DG31J-013124
平成30年8月9日~令和2年7月31日
13,065台

2BK-DG32J

「tricker XG250」
DG32J-000011~DG32J-002034
平成30年8月23日~令和2年7月22日

2,024台

(計2型式)

(計2車種)
(製作期間の全体の範囲)
平成30年8月9日~令和2年7月31日

(計15,089台)
(備考)
リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれています。
本届出は、令和元年10月15日付け「届出番号4580」にてリコールの届出を行ったものであるが、対策仕様が不適切であったことがわかったため、再度リコールを実施するものである。
対象車両の確認についてはこちらから検索いただけます。
改善箇所説明図①
改善箇所説明図②
改善箇所説明図③

詳しくは、市場改修お客様相談窓口、または販売会社地区サービス拠点にお問い合わせください。

ヤマハ発動機販売(株) 市場改修お客様相談窓口

受付時間:10:00~12:30 / 13:30~18:00
月~金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)

フリーダイヤル 0120-133-120

ヤマハ発動機販売(株)営業統括部 アフターセールス部

受付時間:10:00~12:30 / 13:30~18:00
月~金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)

サービスセンター東日本 札幌 TEL 011-222-6151
サービスセンター東日本 仙台 TEL 022-772-7083
サービスセンター東日本 TEL 048-449-6232
サービスセンター西日本 名古屋 TEL 052-939-1785
サービスセンター西日本 TEL 06-6397-6171
サービスセンター西日本 福岡 TEL 092-411-3785
ページ
先頭へ