本文へ進みます

【無償点検・修理】 2007年モデル”一発二錠”タイプの施錠装置を装備した車両の無償点検修理について

2008年2月13日

 この度、一発二錠機能を採用したヤマハPASの一部におきまして、以下不具合の発生するおそれがある為、無償点検・修理を実施することになりました。ご愛用者の皆様には多大なご心配とご迷惑をお掛け致しますことを、深くお詫び申し上げます。
 現在、改修対象製品を保有されているお客様には、ダイレクトメールもしくはお電話等にてご案内致します。 大変恐縮ではございますが、下記問い合わせ窓口もしくは販売店までご連絡下さい。ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

無償点検修理開始日 平成20年2月13日
不具合の内容 一発二錠機能のハンドルロック部に精度の悪い部品が一部混入している可能性があり、精度の悪い部品が装着された車両においては、後輪サークル錠を解除した際にハンドルロックの解除が不完全となり、場合によってはハンドルの引っ掛かりが発生し、最悪の場合、転倒して怪我をするおそれがあります。
改善の内容 対象製品についてハンドル錠の点検を行い、不具合品については無償で部品交換します。
製造期間 平成19年4月1日から6月30日まで
対象台数 4,625台
機種名/モデル名 対象車両のPAS号機番号 対象車両の台数 対象車両の製造期間
PZ26LS PASリチウム X231-6010401~6010800
X231-6012801~6013000
X231-6013401~6013475
X231-6013726~6013875
X231-6014376~6014525
X231-6015476~6015500
X231-6015551~6015575
1,025 2007年4月~2007年6月
PZ26LL PASリチウムL X231-7001476~7003125 1,650 2007年4月~2007年6月
PZ24LL X232-7001276~7001725 450 2007年4月~2007年6月
PZ20C PASコンパクト
リチウム
X301-2002101~2002175
X301-3001001~3001100
175 2007年4月~2007年6月
PZ27CS PASシティS
リチウム
X235-2001451~2002125 675 2007年4月~2007年6月
PZ27CSL PASシティS
リチウムL
X313-1001301~1001950 650 2007年4月~2007年6月
合計 4,625台 2007年4月~2007年6月
対象車両の特徴
点検部位の説明


号機番号の打刻位置
号機番号の打刻位置


  • 対象製品をご使用のお客様ならび本修理に関するお問合せは下記窓口までご連絡ください。

  • ヤマハ発動機「一発二錠」無償点検・改修お客様コールセンター
  • フリーダイヤル0120-801-309
  • 受付時間 月曜日~日曜日 9時~18時 (祝日も受付しております)
ページ
先頭へ