本文へ進みます

レースレポート

2021年全日本カート選手権FS-125部門 東地域第4戦

2021年全日本カート選手権FS-125部門 東地域第4戦

■開催日:9月18〜19日■開催場所:茂原ツインサーキット東コース■天候:18日:雨、19日:晴れ■路面状況:18日:ウェット、19日:ドライ■参加台数:20台

野澤勇翔が全日本初優勝でランキング2位に浮上!!中村、五十嵐も光る走りを見せる。

 全日本カート選手権東地域第4戦が、9月18~19日の2日間、千葉県・茂原ツインサーキット東コースで開催された。オリンピック&パラリンピック対応のためにレーススケジュールが調整されたことから、前回の本庄大会から約3か月という長いインターバルが取られることとなった。
 レースウィークは台風接近の影響を受け不安定な天候となり、特にタイムトライアルが行われた土曜日は朝から断続的に雨が降り続き、路面は終始ウェットコンディションとなった。一転して日曜日は晴天となり、特に午後は澄み渡った青空が広がったものの、日差しは強く、暑さを感じさせる一日となった。

タイムトライアル

 直前のFP3クラスのスタート前に強い雨が降り出し、水煙が上がるほど水量の多い状態でタイムトライアルはスタートする。各選手がタイムアタックを繰り返す中、五十嵐文太郎が早めにアタックを行い2位タイムをマークする。さらに3位には野澤勇翔、6位に中村仁と続く。小林利徠斗は濡れた路面に苦戦し、11位に留まった。

予選ヒート(17周)

 前日の雨から打って変わり、日曜日は朝からドライコンディションとなった。まずは好スタートの五十嵐がホールショットを奪うが、すぐに野澤が逆転しトップに浮上する。野澤、五十嵐の順で周回を重ねていくと、7周目には今度は五十嵐がトップを奪う。中村は4番手につけ、前との差を縮めていくが、9周目終了時点でエンジントラブルのためピットに戻り、リタイアとなる。小林は10番手近辺で周回を続ける。快調にトップを走っていた五十嵐だったが、12周目に駆動系のトラブルのためスローダウンすると、そのままマシンを止めリタイアとなる。トップとなった野澤は、2番手以下に2秒以上の大差をつけ独走態勢を築くと、その差を保ったままチェッカーを受け、決勝のポールポジションを獲得した。

決勝ヒート(24周)

  24周の決勝ヒートも野澤の好スタートで始まる。野澤は序盤から安定したハイペースで周回を重ね、危なげなく後続を引き離していく。後方からは中村、小林、五十嵐が順位挽回を図るが、やはり後方グリッドからのスタートではバトルの繰り返しを強いられ、なかなかペースを上げることができない。トップの野澤は序盤から築いたセーフティマージンキープし、そのまま24周を走り切り、全日本参戦3年目にして初優勝を果たした。中村は6位まで追い上げてチェッカーを受け、小林は9位を獲得した。五十嵐は17位に終わった。尚、野澤はランキングでも東地域2位に浮上した。

第2戦リザルト

Pos. No. Driver Team タイムトライアル 予選ヒート
1位 14 野澤勇翔 Formula Blueエッフェガーラ 3位(48.880) 1位
2位 52 伊藤 祐 ガレージC 4位(48.994) 2位
3位 22 堂園 鷲 Energy JAPAN 7位(49.088) 18位
6位 12 中村 仁 Formula Blue TKC 6位(49.036) 17位
9位 71 小林利徠斗 Formula Blue Super Racing Junkie! 11位(49.301) 10位
17位 28 五十嵐文太郎 Formula Blueエッフェガーラ 2位(48.856) 16位

Formula Blue Super Racing Junkie!

#71 小林 利徠斗(山形県 15歳)

 新東京、本庄と続いた悪い流れを昨年優勝した茂原で断ち切りたいという思いで臨みましたが、ここぞというところの勢いが足りず、流れに乗ることが出来ませんでした。次戦は一番走り込んでいる地元の菅生大会です。調子が悪くても焦らず、余裕を持った対応を心掛け、優勝出来るように頑張ります。

チーム代表:田中 亮(Super Racing Junkie!代表)

 後半戦に入る大事なレースとして臨みましたが、上手く噛み合わないレースウィークとなりました。結果的にスピードが少し足りず、苦しいバトルを強いられる場面が多かったです。次戦はホームコースでの開催ですので、マシンの状態を完璧にして挑みたいと思います。

Formula Blue エッフェガーラ

#14 野澤 勇翔(栃木県 15歳)

 前日練習から公式練習にかけては色々なことを想定し、良い準備が出来ました。その流れでタイムトライアルは思い切って攻めることができ、予選もイメージどおりに戦うことが出来ました。決勝も集中力を維持出来たことと、幾通りものレースシュミレーションをしていたことで、心に余裕を持ってレースを戦うことが出来ました。自分の持つイメージを成功させるためのプロセスに集中し、思い切ってレースが出来たことが今回の結果に繋がったと思います。今回の結果に満足せずに、更に向上心を持ってレースに挑みたいと思います。

#28 五十嵐 文太郎(山形県 13歳)

 今回の大会は調子も良く、勝てるはずのレースでした。予選ではトップに立っても落ち着いて走れていましたが、思わぬマシントラブルでリタイアとなりました。落ち込む気持ちを切り替えて臨んだ決勝でしたが、後方からの追い上げで自分の走りが出来ずに終わってしまいました。マシントラブルにより冷静さを失う場面もありましたが、こういう時こそ自分の実力でカバーしていきたいと思います。

チーム代表:加藤 真(レーシングサービス エッフェガーラ代表)

 野澤選手は、前半戦を振り返り「より速く」「更に前へ」妥協を許さず貪欲に挑んだ大会でした。レース前の仕上がりは決して上出来ではありませんでしたが、すべての走行において気迫を感じました。レースウィークを通じて、集中力をキープし、良い精神状態で過ごせていた様に感じます。展開にも恵まれましたが、誰もが認める1勝であることは間違いありません。心から祝福したいと思います。
 五十嵐選手は、夏場のインターバル期間に様々なレースに出場し、経験値を増やしてきました。その成果もあり、タイムトライアル~予選とレースをリードするパフォーマンスを発揮してくれました。予選終盤のトラブルで決勝は追い上げを余儀なくされましたが、気持ちを切り替えて決勝に臨む姿は心の成長を感じました。今後、一つ一つが噛み合えば、良い結果を手にする日も近いと思います。次戦の菅生は本人が得意とするコースです。チーム全体でしっかり準備して臨みます。

Formula Blue TKC

#12 中村 仁(千葉県 15歳)

 今回は優勝出来る自信があっただけに悔しい気持ちが残ります。予選でのエンジントラブルの後はもちろん悔しい気持ちがありましたが、決勝に向けてはすぐに気持ちを切り替えることが出来、レース中もこれまでに無い集中力でプッシュし続けることが出来ました。収穫は、前回の本庄大会で感じた精神的な成長を更に今回大会でも感じることが出来たことです。なかなかレース結果には結びついていませんが、やるべきことに集中し、成長し続けることを意識して残りの2戦を戦っていきたいと思います。

チーム代表:徳江 信泰(レーシングカートサービスTKC)

 天候の変化やOKクラス併催による路面の変化に対応し、良いペースで走れたと思います。予選のエンジン焼き付き、交換で決勝は最後尾スタートとなりましたが猛迫し6位となりました。ペースが良かっただけに予選のトラブルが悔やまれますが、前戦の不調を払拭してくれました。
Product Image
ページ
先頭へ