本文へ進みます

レースに参加しよう:レーシングカート

ホビーカーターから4輪レースステップアップユーザーまで多くの人に親しまれています。

MENU

SLカートミーティングとは

レース入門者に最適なSLカートミーティング

SLとはSports & Leisureの略称で『SLカートミーティング』は入門者に最適なレースイベントです。これは全国各地のサーキットでシリーズ戦が開催されている日本でもっともポピュラーなカートレースです。

ローコストでイコールコンディション

SLカートミーティングはエンジンがYAMAHA KT100Sシリーズのワンメイクで改造も禁止されていますので、ローコストでイコールコンディションのレースを楽しむことができます。

ライセンスを取ろう

『SLメンバーズカード』はSLカートミーティングの出場に必要なライセンスです。当該年度小学2年生から取得可能で、全国のサーキットなどで実施される講習会を受講することで取得できます。

お近くのカートショップへ行こう

レーシングカートは、自分でマシンやレーシングウェア、装備品を購入して楽しむのが一般的です。カートショップへ行けば、自分に合ったカートの楽しみ方を教えてもらうことができます。

あなたに合ったクラスを見つけよう

SLカートミーティングは7つのクラスがあります。実施されるクラスはレース開催サーキットにご確認ください。

クラス 対象(当該年度) 特徴
YAMAHA TRYカデット 小学2年生以上 小さいドライバーたちの体格に合わせて、シャシー(車体)は大人用のカートよりひと回り小さいbirel TRYのワンメイクとなっています。また、エンジンは取り入れる空気の量を絞ってパワーが抑えられています。
YAMAHA カデットオープン 小学2年生以上 シャシー(車体)を複数のメーカーから選ぶことができる以外は、YAMAHA TRY カデットと同じルールです。
YAMAHA TIAジュニア 小学4年生~中学生 シャシー(車体)はカート入門者に人気の高いbirel TIAのワンメイクにより、ローコスト・イコールコンディション化が徹底されています。エンジンも、大人のクラスに比べてややパワーが抑えられています。
YAMAHA TIA 小学6年生以上 シャシー(車体)はTIAジュニアと同じくbirel TIAのワンメイクです。
YAMAHA SS 小学6年生以上 シャシー(車体)は自由に選ぶことができ、タイヤもハイグリップタイヤが採用されています。SLカートミーティング全国大会では最も参加台数の多いクラスです。
YAMAHA スーパーSS 30歳以上 車両に関するルールはほぼYAMAHA SSと同じで、30歳以上が対象のクラスです。このクラスには経験豊富なドライバーも多く、紳士的でありながらも熱い戦いが繰り広げられています。
YAMAHA SSレジェンド 48歳以上 48歳以上が対象のクラスです。車両に関するルールはYAMAHAスーパーSSと同じですが、タイヤはYAMAHA TIAと共通のグリップ力が低いタイプが採用されています。

レーシングカートの甲子園「SLカートミーティング全国大会」を目指そう

毎年開催される『TOYOTA SLカートミーティング全国大会(通称・SL全国大会)』は、SLカートミーティング参加者たちの大きな目標になっているイベントです。これはSLカートミーティングの“全国チャンピオン大会”であると同時に、各地のドライバーたちが交流を深める場にもなっています。にぎやかな前夜祭、海外ドライバーの参加、多彩な特別賞など、大会はビッグイベントならではの楽しさにあふれています。

ページ
先頭へ