本文へ進みます

【無償修理】 2003年~2005年2月に製造された後輪モーター型ドライブユニット搭載電動アシスト自転車の無償修理について

2007年5月15日

 この度は、弊社製後輪モーター型ドライブユニット搭載電動ハイブリッド自転車の自主改修に関しまして、ご愛用者の皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます。
 現在、改修対象製品を保有されているお客様には、社告、店頭ポスター等にてご案内致します。ご多忙のところ大変恐縮ではございますが、何卒ご協力賜りますようお願い申し上げます。

自主改修開始日 平成19年5月16日
報告者の氏名又は名称 ヤマハ発動機株式会社
不具合の部位(部品名) モーター制御部品(トルクセンサー及びコントローラー)
不具合の内容
平成13年1月から平成15年2月にかけて製造した「電動ハイブリッド自転車用後輪モーター型ドライブユニット」のモーターを制御する部品に不具合が生じ、ペダルを踏むのを止めても、極稀にモーターの駆動が数秒間継続することがあり、最悪の場合、転倒して怪我をするおそれがある。

【不具合の原因】
(1) 極稀に、トルクセンサーのスプリング座面が磨耗するものがあり、これによりトルクセンサーの精度が損なわれる。
(2) コントローラー基板に電流センサーを固定する半田(ハンダ)にひび割れが発生するものがあり、一時的にモータへの電流制御に異常を生ずる。
当該ドライブユニットは弊社電動ハイブリッド自転車「PASスマイルシリーズ」に搭載すると共に、ブリヂストンサイクル(株)および宮田工業(株)に供給。
改善措置の内容 対象機種のコントローラーおよびトルクセンサーを、対策品に無償交換を行う。
自主改修対象製品の製造期間 平成13年1月から平成15年2月
自主改修対象の台数
合計 221,358台

ブランド別内訳
【ヤマハ発動機株式会社】128,982台
【ブリヂストンサイクル株式会社】79,559台
【宮田工業株式会社】12,817台
無償修理の対象となる
機種、型番、製造番号
【ヤマハ発動機株式会社】 X101・X102・X121 X131・
X132・X151・X152・X171
>>対象車両号機一覧

【ブリヂストンサイクル株式会社】 A12 A13 A14 A15 A16 A17
【宮田工業株式会社】 後輪モーター型製品
ヤマハ発動機(株) 対象製品外観等
  • 対象製品をご使用のお客様ならび本修理に関するお問合せは下記窓口までご連絡ください。

  • ヤマハ発動機株式会社 お客様相談室(国内専用窓口)

  • 受付時間:9:00~12:00 / 13:00~17:00
    月~金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)
  • フリーダイヤル 0120-090-819
  • 通話内容の確認とご連絡のため、録音とナンバーディスプレイを採用しておりますので、
    あらかじめご了承ください。
    お伺いするお客様のお名前やご住所は、お客様相談室の業務改善を目的としたアンケートを
    お送りするために使用させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ヤマハ発動機販売(株) 営業統括部 サービス部

  • 受付時間:10:00~12:30 / 13:30~18:00
    月~金曜日(祝日、弊社所定の休日等を除く)
  • 北海道営業所サービス課 TEL 011-222-6151
    東北営業所サービス課 TEL 022-772-7083
    サービスセンター関東 TEL 048-449-6232
    中部営業所サービス課 TEL 052-939-1785
    サービスセンター西日本 TEL 06-6397-6171
    九州営業所サービス課 TEL 092-411-3785
ページ
先頭へ