本文へ進みます

今月のJW女子(2019年3月)

ヤマハ車いす用電動ユニット(JWX-1 PLUS+)を使用されている吉川清華さんにお話を伺いました。

今月のJW女子 3月

ヤマハのJWにした決め手!

業者さんと相談した際、ヤマハのJWX-1 PLUS+を薦めてもらいました。
自分の体に合ったフレームを電動化させるユニットをコンパクトに組付けられることが決め手です!
手動車いすから電動車椅子に乗り換えようと考えたのは、会社に勤め始め、一人暮らしをするようになったからです。手動車いすは移動が本当に大変でした。坂道は勿論、漕ぐために両手を使うので荷物を持つことができませんでした。

電動車椅子に乗り換えてからは坂道も電気の力で楽々!
操作方法は手動と違い、ジョイスティックを倒すだけなので両手で漕ぐ必要がなく、荷物を持っての移動も楽になり、快適な移動をすることができています!

ヤマハのJWで気に入っているところ

私が気に入ってるところはこんなところです。

  • ・コンパクトで小回りが利くところ
  • ・気に入ってるフレームに組付けられるところ
  • ・スピードメーターが「ウサギ」と「カメ」なので分かりやすいですし、茶目っ気があって可愛い!
  • ・自走操作部の取り外しができ、机と近づけるところ
  • ・転倒防止バーがあるので安心感がある!

ヤマハのJWで改善して欲しいところ

  • ・もう少し高い段差を乗り越えられるようにして欲しい。
  • ・バックミラーをオプションで付けられるようにして欲しい。
  • ・予備バッテリーを収納できるスペースが欲しい。
  • ・充電器を使わなくても充電できるようにして欲しい。

メッセージ

私はヤマハの電動車椅子に乗って本当に良かったと思っています。
車いすに乗られている方は体力面でも一人で行ける場所が限られてしまいます。電動車椅子の力を借りることで手動では上るのが辛かった坂道や、今まで行けなかった場所へ一人でも出掛けることができるようになり、本当に世界が広がりました。電動車椅子にするか悩んでいる方には是非、試して頂いて自分の行動範囲が広がっていく喜びを感じてもらいたいです!

行動範囲が変わり世界が広がったことで、私は障がい者へのイメージを日常の何気ないことから変えていきたいと思い始めました。
例えば、エレベーターからおじいさんが降りるときにドアが閉まらないように手で押さえたり、開くボタンを押してエレベーターに乗られる方を待っていたりと、自分が親切にしてもらうばかりではなく、困っている方がいれば積極的に手助けして、小さなことでもいいので自分ができる恩返しの形で社会貢献に繋げたいと思っています。

障がいを持っている方もどんどん外に出ていくことができるようになり、様々な形でアクティブに活躍できる時代になりました。
私は姉妹でSAKURANBOというアコースティックデュオを結成し、音楽活動をしています。姉が作詞作曲、私が編曲を担当し、弾き語りでフォークチックに演奏しています。音楽を通し、障がいの有無に関係なく私たちの音楽を聴いて下さる皆様に勇気を与え、障がいを持った方々には『自分たちでも社会貢献ができる!!』と伝えていきたい。
そんな想いで、活動を行なっています。

アコースティックデュオ『SAKURANBO』アーティスト情報
https://m.facebook.com/sakuranbo.music.info

SAKURANBO演奏動画
https://m.youtube.com/watch?v=J3kuFJR3dBo

来月のJW女子を紹介してください!

来月は、松嵜奈津美sanを紹介します

撮影協力:
Butter
〒192-0364 東京都八王子市南大沢1-380 三井アウトレットパーク多摩南大沢
電話番号 042-670-5155
http://www.butter-pancake.com/

吉川さんから『おしゃれなお店がある!』と
ご紹介頂きましたButterさんにて取材・撮影をさせて頂きました。
お店は南大沢駅からすぐに立地しておりアクセスも快適!
店内はおしゃれな小物で飾り付けられていて目からも楽しめる内装となっていました。
テラス席も準備されていましたのでこれからの季節にピッタリ!
フード&ドリンクメニューの種類が豊富で『○〇映え』するものが多く、
どれを注文するか迷ってしまいました・・・。

ページ
先頭へ