本文へ進みます


今月のJW女子(2019年4月)

ヤマハ車いす用電動ユニット(JWX-1)を使用されている 松嵜奈津美さんにお話を伺いました。

今月のJW女子 4月

ヤマハのJWにした決め手!

中学生のときに普通型電動車椅子を作ってもらい乗っていました。
当時の普通型電動車椅子は、ガッシリとしていて私の身体に合っていないような気がしていました。
操作性も、車体が大きく小回りが利かなかったので行動範囲が手動の時より狭まったように感じ、何よりも乗っていると周囲から注目されているような気がしてなんだか気恥ずかしかったです。

大学進学し、先輩が乗っているヤマハの簡易型電動車椅子(JW)を見て衝撃を受けました。コンパクトなので小回りが利きますし、見た目もガッシリしていないので私の体にも合うと確信が持てました。何よりも普通型電動車椅子と比べると軽量でリフトのない自家用車にも積み下ろしができることに驚きました。

そして、6年前に簡易型電動車椅子に買い換えるタイミングが来ました。
提案された候補には普通型電動車椅子もありましたが、職場のスペースを考えて簡易型電動車椅子を選択しました!

ヤマハのJWで気に入っているところ

  • ・家族、友人の車に載せられる、入りたいお店に気軽に入れる車体のコンパクトさ!
  • ・職場の狭い通路でも小回りがきいて回転できるところ。
  • ・バッテリーの持ちが良い。
  • ・手動に簡単に切り替えられるので、疲れたら周りの方に押してもらえるところ。

ヤマハのJWで改善して欲しいところ

  • ・充電器やバッテリーが少し大きい。旅行の時、持ち運びづらい。
  • ・バッテリーが背面にあるので自分で充電しづらい。
  • ・転倒防止バーを手元のボタン1つでしまえるようにしてほしい。
    大きな段差を越えたい時、不慣れな方に転倒防止バーのしまい方を言葉で伝えるのはとても難しいので…。

メッセージ

子どもの時は、手動車椅子を、友人や家族、周囲の方に押してもらっていました。
当時は押してもらうのが好きだったし、それが一番楽だと思っていました。

ヤマハのJWを知り、乗るようになってからその考えがガラッと変わりました。

それまでは一緒に行く人のペースに合わせなければならなかったのですが、JWに乗ることで時間を気にせず自分の好きなタイミングで出掛けられるようになりました。
買い物などで外出をしているときは、自分1人で何でもできるような自信を感じることがあるし、趣味で美術館によく行くのですが、作品を見ているときに介助の方に気を使うことなく自分のペースで見て回ることができるようになりました。これは、他の方にとったら当たり前なことでも、私にはすごく『自由』だと感じる瞬間なんです。
自分のペースで生活できるということがこんなに嬉しいとは思いませんでした。

通勤も1人でできるようになったので、職場の近くで一人暮らしを始めることができ、職場内の限られたスペースでもJWなら旋回も移動も可能です。
例えば、接客するカウンターと事務処理をする自席まで距離があるのですが、車いすで何往復しても体調には問題ありません。疲れやすい私でも、他の職員と同じくらいお客様対応ができるのはJWのおかげです。

JWに乗っているとたくさんの方に話しかけられます。
以前、街に出掛けていた時に、少年が「すごい!かっこいい」と興奮しながら私の車椅子の動きを観察した後、走り去って行きました。しばらくすると、さっきの少年と杖を使っている足の悪いであろうおじいさんが一緒に来られて、少年が「おじいちゃん!おじいちゃんもあれに乗ったらいいよ!あれに乗ればどこにでも出掛けられるよ!」って報告してくれていました。

私がJWで出掛けるだけで、周りに影響を与えられるのが嬉しかったです。
かっこいいって思ってもらえるのも、見かけた方にJWを知ってもらえるのも嬉しいです。

JWのおかげで私の生活は激変しました。開発された方達に、本当に感謝しています。

来月のJW女子を紹介してください!

来月は、島崎 睦 sanを紹介します

撮影協力:立川市役所
〒190-0015 東京都立川市泉町1156-9
電話番号 042-523-2111

今回、撮影協力をして頂きました立川市は『まち全体が美術館』をコンセプトにしており、様々なところにアートが展示されているおしゃれな街でした。
そんなおしゃれ街、立川市が共催しているイベント『アール・ブリュット立川2019』が9月3日(火)~10月31日(木)、5会場で開催予定です。
本展示会はアール・ブリュット(生の芸術)作品、主に障がいのある方達の作品が展示されています。※過去出展作品下記参照。玉川宗則氏作
メイン会場である伊勢丹立川店 の開催は10月23日(水)~28日(月)を予定しております。
毎年6日間で5000名以上の方にご来場して頂いています。
今月のJW女子 松嵜sanもボランティアで展示会に携わっているとのことでしたので是非、ご来場ください!

ページ
先頭へ