本文へ進みます

東品川海上公園船着場整備(東京都品川区)

品川海上公園船着場整備工事

東品川海上公園に水上アクティビティのための船着場を整備

東品川海上公園は、目黒川の河口部に位置し天王洲南運河と接する、貴重な水辺空間となっています。地元団体によるカヌーやEボートの体験など水上アクティビティも盛んな水域です。今回の桟橋整備では、通常の船舶係留浮桟橋とカヌー用の低乾舷ユニットが設置されました。

所在地 〒140-0022
東京都品川区東品川 2-6-22、3-9-21(Google mapnew window
用途 船舶係留浮桟橋
付帯設備 連絡橋 供用開始 令和4年4月
事業者 東京都品川区

浮桟橋(ピアステージ Ⅱ)

人工木材デッキ仕様の強化型アルミフレームの浮桟橋です。腐食や経年劣化での色落ちが少なく、マリーナを明るく保ちます。人工木材は天然木材(ハードウッド)に比べ、濡れた時の摩擦係数が大きく、すべりにくい素材です。

連絡橋

連絡橋

アルミ製で腐食に強い連絡橋です。スムーズに潮位の変化に追随できるように、ローラーや緩衝材を装備しています。

パイルガイド

パイルガイド

鋼管杭に桟橋を係留する3点支持のパイルガイドは、ゴム製の3個のローラーがスムーズに潮位の変化に追随し、しっかりと桟橋を保持しています。

標識灯

標識灯

浮桟橋一番奥の出口側には、ソーラー蓄電式の標識灯を設置し、夜間航行の安全性を高めています。

低乾舷ユニット(乾舷0.15m)

低乾舷ユニット(乾舷0.15m)

救命タラップ

救命タラップ

ポップアップクリート

ポップアップクリート

ヤマハ発動機株式会社 FRP事業推進部
プール営業部 ポンツーン営業グループ

053-594-6512

受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
浮桟橋(ポンツーン)などの船舶係留設備から漁港やマリーナのトータルプロデュースまで、お気軽にお問合わせください

ページ
先頭へ