本文へ進みます


今月のJW女子(2018年1月)

ヤマハ車いす用電動ユニット(JWX-1 PLUS+)を購入された、古澤由莉香さんにお話をうかがいました。

今月のJW女子 1月

ヤマハのJWにした決め手!

1年前のコトなのに、おぼえてない・・・・んですよね・・・(笑)
たぶんカタログで見てこれ、これ、これって決めてその中でたぶんヤマハのJWがあったかと思うんですけどよくおぼえてないんですよね〜
でも、このカラーキャップのチョコミントの色が選べたからかもしれませんっ!
実は電動車いすに乗るのは1年前が初めてではなくって宮崎県に住んでいた中学生の時からヤマハじゃない電動車いすを使っていました。高校生になって横浜市に引っ越して来て一旦は手動車いすに乗っていましたが通学するにしても坂が多くて大変なので電動車いすを希望してヤマハのJWを使うようになりました。ヤマハのJWはスロープ付きの親の自動車にも相性がぴったりで親も負担無く喜んでいますし、今では私の夜遊びに行くパートナーとして活躍してくれています(笑)

※取扱説明書では夜間の走行は危険が生じやすい環境として警告をしております。Byヤマハ担当者。

ヤマハのJWで気に入っているところ

  • ・チョコミントのカラーキャップ!
  • ・手動車いすの時と比べると段差や坂が楽ラク行けちゃうところ。
    (だいたい行きたいところはいけちゃうところが心強いですね!)

ヤマハのJWで改善して欲しいところ

  • ・今よりも、もうちょっと大きい段差を越えられるようにしてほしいです!
    なおかつ、前輪キャスターが小さくても段差を越えられるような電動車いすや階段を登れちゃう電動車いすの開発をしてほしいです!(キャスターが大きいと邪魔)。
  • ・ホーンボタンが押しにくいところ。私、けっこう人混みに行くのでホーンボタンを使いたい派なのですが、走行しながら押せるようにしてほしいです!
  • ・以前使っていた電動車いすが座面昇降付きだったので、JWにも重量は重くならずにその機能をつけて欲しいです!(目線が上がるのは重要なのですよ)
  • ・坂を上り降りするときの体重のかけかたで倒れそうになったことがあるのでそういったことを気にせずに走行できる安心感がもう少し欲しいです。

メッセージ

私は小学校まで手動車いすに乗っていました。電動車いすになる前は家にひきこもりがちで家族としか出掛けることがありませんでした。「遊ぼう」と友達に誘われても手動車いすだと一人では待ち合わせ場所に行けないので毎回断っていました。そんな時は、私一人だけ仲間と遊べなくてとても寂しかったです。
電動車いすに変えようとしたとき、私は手動がこげるので「手が動くのに電動車いすに乗ると筋力が落ちるんじゃないか」とリハの先生含め、まわりから反対されたことがありました。「私の家の周りは坂が多く、手動だと坂がとても大変なのにっ・・・」と理解してもらえないことに悲しくなりました。私は手帳を使って申請しましたが、「こげる」という理由から許可が出りるのに1年ぐらいかかりました。あきらめずに住環境や通学路などの説明をしてやっとでした。
ヤマハのJWを使っている今では、坂の上り降りがとても楽になり、段差も一回で上れるようになったので、腕がパンパンになることもなくなり前のように疲れなくなりました。電動車いすを使うようになってからは、ずっと行きたかった東京へ行ったり、電車も一人で乗れるようになりました。今では友達同士で待ち合わせして遊ぶことが出来るようになりました。
もしかしたら私のように手動車いすをこげる人がこの記事を読んでいるかもしれません。そして私のように電動車いすを使えばもっと毎日が楽しくなる可能性があるかもしれません。電動車いすも含めて、福祉機器などを上手く使って、できるだけ人に頼らず自分でなんでもできるようにする環境をまずはつくっていくことを私はオススメしたいと思います。

来月のJW女子を紹介してください!

友達の、柴田紀代美さんを紹介します!

撮影協力:
AMAZING COFFEE YOKOHAMA BAY with LIVE LOVE LAUGH
住所:神奈川県横浜市中区山下町50-1
http://www.amazingcoffee.jp/

取材協力:古澤由莉香さんの叔母さん(上記写真、左)
とっても仲の良い叔母と姪なのでした。
ページ
先頭へ