本文へ進みます


今月のJW女子(2018年3月)

ヤマハ車いす用電動ユニット(JWX-1 PLUS+)を購入された、山村 結 さんにお話をうかがいました。

今月のJW女子 3月

ヤマハのJWにした決め手!

電動車いすの中でも、自分で車載用クレーンで車載できるものを探していて、簡易型電動車いすに選択肢を絞りました。
(今はトヨタさんのスペイドに乗っていて、その前はスズキさんのスイフトスポーツに乗っていました。)
また、病院の先生や友だちの中でも抜群に評判が良かったので、JWに決めました!

ヤマハのJWで気に入っているところ

  • ・小回りが利くところ。
  • ・海外旅行にも持っていけるところ。
    出張や旅行で海外によく行きますが、真冬のスウェーデンの凍結路でも、ハワイの海辺でも問題なく走行できました!
    ※当社電動車いすに付属の「初めてお使いいただく方へ」では、雪道などは危険が生じやすい環境としてご案内をしております。Byヤマハ担当者。
  • ・乗り心地が快適なところ。
    国内も北海道から沖縄まで、色々なところへ行きます!
  • ・手動への切り替えが楽なところ。
    電車やバスの乗り降り時に、とても便利です!
  • ・軽いところ。
    皆さん重いとよく言われていますが、他社の類似製品に比べて、とても軽いと感じます!

ヤマハのJWで改善して欲しいところ

  • ・バッテリーと充電器が大きすぎるので、小さくして欲しい。
    遠出する時は二個もっていくので、余計に邪魔に感じてしまいます…
  • ・走行音をもっと静かにして欲しい。
    大学構内や病院の中など静かな場所では、とても気になります…
  • ・エラー音の音量を小さくして欲しい。
    特に転倒防止バーの出し忘れの音が大きすぎる!
    ※お客様に安心して車いすをご利用頂くためです。Byヤマハ担当者。

メッセージ

車いすは、自立をすすめるうえで本当に大切です!
「車いすは世界を変えます!!」
車いすを一台購入することで、ヘルパーさんに頼らなくていい場面が圧倒的に増えました。

私は以前手動車いすに乗っていましたが、電動車いすを一から製作するにあたり、製作段階から理学療法士さんはじめ、様々な職種の方々に関ってもらって、ようやく完成した電動車いすを利用し始めてみて…
生活の幅が格段に広がったことを実感しています!

私自身、電動車いすに乗っている当事者として、電動車いすの良さを広めていきたいと考えています。そのために、もっともっと外に出て自由に生活が送れることをアピールして、今電動車いすに興味を持っている人たちの後押しをしていきたいと思っています。

電動車いすの利用者が、検討中の方々に与える影響はとても大きいですね。
私も、昨年7月のJW女子に出られていた杏根 sanが、一足先に手動車いすから電動車いすに乗り換えたことで、より一層電動車いすに興味を持ちました。

私は小さな時は水泳やゴルフをやったり、成人してからはフライディングディスクをやったりと、もともと身体を動かすことが好きでした。
電動車いすを利用し始めたことで、移動で疲れることが減ったり、行動範囲が広がって海外が身近になったりと、一層活動できる時間が増えました!

電動車いすは、私の世界を変えてくれました。
車いす一台、みんなにこだわって選んで欲しいし、こだわってつくって欲しい。そして、愛着を持って欲しいですね。

来月のJW女子を紹介してください!

来月は、お友だちの岡田 愛者さんを紹介します。

撮影協力:
富田林市教育委員会
じないまち交流館
〒584-0033 大阪府富田林市富田林町9-29  
TEL/FAX 0721-26-0110
http://park10.wakwak.com/~kouryukan/

今回、JW女子の山村 結 sanより、地元の見所として富田林寺内町(重要伝統的建造物群保存地区)をおススメ頂きました。
「最近は海外からの観光客も多く、駅近、バリアフリーなので、お気に入りの場所です。かわいいカフェや雑貨店もそろっているので、普段からよく利用している所です。」とのことです。

ページ
先頭へ