本文へ進みます


今月のJW女子(2018年4月)

ヤマハ車いす用電動アシストユニット(JWX-2)を購入された、岡田 愛者 さんにお話をうかがいました。

今月のJW女子 4月

ヤマハのJWにした決め手!

はじめに、ジョイスティックタイプも選択肢にあり悩んだのですが、腕の機能を落としたくなくて、アシストタイプを第一候補にしました。
実際に試してみたのは、大阪のバリアフリー展です。JWスウィング(ヤマハ電動アシスト車いす)に試乗し、坂道体験をしてみたら、とっても爽快で、これだっ!と思いました!実は手動車いすにも試乗してみたのですが、こぐのが重くて、こぎ出すことができなかったり、坂道でブレーキをかけることができなかったりで、、、、、やっぱり電動アシスト車いすですね!
その後、JWスウィングのデモ機を借りて、家の周りを乗ってみて、、、、日常生活の使い勝手も合格!電動アシスト車いすを購入することに決めました!

ヤマハのJWで気に入っているところ

  • ・自分の思った感覚で動かせるところ。
  • ・こぎ出しがスムーズなところ。
  • ・ブレーキがしっかりと効いて安心なところ。
  • ・折り畳みがし易いところ。
  • ・走行モードを室内と室外の2つ、切り替えが可能なところ。

ヤマハのJWで改善して欲しいところ

  • ・車いす全体の軽量化をして欲しい。
    (普通)自動車に載せてもらう時に、皆さん重そうで…腰を壊さないかとても心配になります。
  • ・バッテリーも軽量化して欲しい。
  • ・充電器をコンパクト化して欲しい。
    旅行の際に、スーツケースの収納スペースを大きく使ってしまいます…
  • ・走行音を静かにして欲しい。
    美術館巡りが趣味なので、とても気になります…
  • ・芝生やじゅうたんでも、こぎやすくして欲しい。
  • ・かわいいスポークカバーを出して欲しい。
    電動アシスト車いす用のスポークカバーは、カーボン柄と無地のクリアしか有りません。現在は、自分でステッカーを貼ってデコレーションしています。

メッセージ

以前、杖と装具を使って生活していた時は、「歩くこと」に必死で、何事も心からは楽しめませんでした。外に出かけるということは大変なことでしたし、そもそも外に出かけよう!という気持ちになり辛かったです。出かけた先でも、転ばないようにしなきゃと気疲れしたり、とにかく体力的にも疲れ易くて…余裕がありませんでした。電動アシスト車いすを利用し始めてからは、出かけるのが楽しくなりました!出かけようかな、と思うことも増えましたし、体力が温存できるので、朝から晩まで出かられます。以前は、行くお店を事前に決めて、疲れないように…と考えていたのですが、今では、ふらっとその時に入りたいお店に入れるようになりました。
購入の際は、まだ歩ける状態でしたので、電動アシスト車いすを買うなんて甘えではないか?使用することで身体の機能が落ちてくるのではないか?など色々な葛藤がありました。
でも、入院中に車いすユーザーの方と同室になり話を聞くうちに、こんなにしんどい思いをしてまで歩く必要があるのか?苦労する必要があるのか?等と考えました。人生損をしているのではないか…人生楽しんだ方がいいよね!って。
電動アシスト車いすはとっても楽で、手動車いす以上に体力温存ができます。現在車いすを検討中の方や手動車いすを使っていて疲れるなって方たちにも、ぜひ選択肢に入れて欲しいですね。今では電動車いすなしの生活は考えられません!私は、甘えなどではなく、人生を豊かにするために電動アシスト車いすを選んで、悪いことではなかったと思っています。電動アシスト車いすを購入してから外出が増えすぎて、お母さんに怒れてしまうくらいです(笑) 東京の国際福祉機器展や伊勢神宮など、遠方や観光地にも足を運ぶようになりました。
皆さんも一度試乗体験されたら、きっと欲しくなると思いますよ~。是非!

来月のJW女子を紹介してください!

来月は、お友だちの 河合 美佐 さんを紹介します。

撮影協力:
ひらかたパーク
〒573-0054 大阪府枚方市枚方公園町1-1  
TEL 072-844-3475
http://www.hirakatapark.co.jp/

今回、JW女子の岡田 愛者 sanより、地元の思い出の場所としてひらかたパークをおススメ頂きました。「小さい頃、おじいちゃんに良く連れてきてもらっていました。年間パスポートも持っていたんですよ!今回久々に来て、当時のことを懐かしく感じると同時に、フラワーイースターを初めて体験できて、とても新鮮でした。」とお話下さいました。

ページ
先頭へ