本文へ進みます

今月のJW女子(2019年7月)

ヤマハ軽量型電動車椅子(JWアクティブ)を使用されている川満円さんにお話を伺いました。

今月のJW女子 7月

ヤマハのJWにした決め手!

10年前に突然、脳腫瘍と診断され、急きょ20時間を超える手術を受けたのですが、予後が悪く、再手術やリハビリなどで1年ほど入院が続きました。その間、主人が退院後の生活を見据えてエレベータのある公団住宅に引っ越したり、色々な準備を整えてくれ、その一つとして用意してくれたのがこのJWアクティブです。
何かと比較検討したり調べたりということはなく、福祉用具専門の方に勧められたものを選んだと思います。 右半身麻痺、体幹機能障害、失語症、高次脳機能障害が残っていますが、リハビリのおかげで杖を使えば歩けます。ただ距離はそれほどなので、家の中では手動車いす、外出にJWアクティブを使用しています。

※川満さんが使用されているJWアクティブは、2015年12月末をもちまして生産終了となりました

ヤマハのJWで気に入っているところ

  • ・自分の意思で自由に出歩けるので、自分に自信がついた
    JWアクティブは私にとっての足です。外出時、手動車いすですと誰かに押してもらわなければなりませんが、電動なら自分の意思で行きたい時に行きたいところに行ける。その自由度がいいですね。
  • ・小回りが利いて操作性に優れているところ
    操作部の感覚がとても自然でスムーズ。以前は毎日のように車に乗っていました。だからでしょうか、操作が上手いってよく言われるんですよ。

ヤマハのJWで改善して欲しいところ

  • ・座幅の広いヤマハの完成車が欲しい
    10年前に購入したJWアクティブPタイプは生産終了になっていて、現在発売されている後継のJWアクティブPLUS+Pタイプは、以前のものより座幅が狭いんです。ですので、先回の買い替え時には、車いす部分はそのままにユニット部分のみ買い換えたんですよ。
  • ・もう少し前輪を大きく
    車いすの前輪がもう少し大きいか、あるいはフットサポートの高さ調整が簡単に行えると、段差を乗り越えるときにラクだと思います。
  • ・軽量化
    他の皆さんもおっしゃっていると思いますが、もう少し軽いといいですね。介護タクシーでない場合、車に乗せたり降ろしたりが重いからと、乗車拒否されることがあります。最近は、運転手さんも年配の方が多いですからね。

メッセージ

主人と2人の息子には、ただただ感謝しかありません。
私が倒れた10年前、息子たちは小学3年生と保育園で、まだまだ手がかかる年頃。居酒屋で働いていた主人は、まさに自分の店を持とうとしているタイミングでしたが、店を出すのを中断し、私の看病から子どもたちの面倒まで全てみてくれました。しかも退院してからの3年間、原因は不明ですが、子どもたちのことをほとんど覚えていないくらいのヒステリーを私が起こしていて、ものすごい喧嘩の毎日だったんです。
主人は2012年に枚方市川原町に創作串揚げと鮮魚「えん満」と言う店を出したのですが、“えん”の字は私の名前の“円(まどか)”から取っているようで、友人たちからは「そこに愛があるね~!」とよく言われています(照れ笑い)。主人は一切そう言うことは口にしませんが、本当に、いい旦那です。

息子たちには、さっさと自立して家を出て行って欲しい。今だって浪人中の長男は予備校から帰ってくるなり、ご飯の支度をしてくれる。私の世話なんてしていないで、恋愛して結婚して、幸せに暮らして欲しいと思っています。彼女や奥さんに優しい息子に育った自信はありますからね。今はまだマンガとゲームに夢中で、恋愛の「れ」の字、気配すらありませんけれど(笑)。

以前は、人に感謝を伝えるのが苦手でした。今は、助けてもらう機会が増え、素直に「ありがとう」を言えることが増えました。「枚方が好きやん」と言う地域の有志の集まりの中に、みんなが快適に暮らせる街をめざす「バリアフリー部」があると主人が教えてくれて、その活動に参加。今回私をJW女子に紹介してくれた2019年6月の雲川寿恵さん始め、同じヤマハのJWを使っている方々と知り合い、仲間の輪が広がりました。
良かったとは言えませんが、この10年の経験があっての今の私だと思います。

↓川満さんに写真をご提供いただきました。

ご主人と
息子さんたちと

来月のJW女子を紹介してください!

来月のJW女子は、増井祐美sanを紹介します。

撮影協力:
cafe cheers (カフェ チアーズ)
〒576-0052 大阪府交野市私部2丁目1-20
電話:072-893-8933
https://www.instagram.com/cafe_cheers/

交野自立センター通所部のサテライト施設として2011年11月にオープンした、明るく落ち着いた雰囲気のカフェ。香り高いオーガニックコーヒーや有機玄米を使った週替わりランチ、手作りスイーツが楽しめます。店内には絵画や写真などを展示したギャラリーも。

ページ
先頭へ