本文へ進みます


【企業対抗パラスポーツ大会 ~Office de Boccia in 名古屋 2019冬の陣~ 決勝大会に参加】

企業対抗ボッチャ大会 Office de Boccia にヤマハ発動機チームとして初参加

こんにちは、ヤマハ発動機JWビジネス部の荒田です。
2月20日(水)に開催された企業対抗ボッチャ大会~Office de Boccia in 名古屋 2019冬の陣~にヤマハ発動機チームとして参加しました。

この大会の主催はオリンピック・パラリンピック等経済界協議会で、ボッチャ競技の楽しさや奥深さを体感し、障がい者スポーツの魅力を広めることを目的として各地で開催されています。

今回の“Office de Boccia in 名古屋 2019 冬の陣”では、69の企業/団体がエントリーし、予選を勝ち抜いた27チームのみがこの決勝大会に参加しています。ヤマハ発動機チームは2/8(金)の予選を見事勝ち抜き決勝に残りました。
予選大会のレポートはこちら

決勝はトーナメント形式で、2エンド1ゲームのルール。5試合勝てば優勝となります。

※ボッチャの簡単ルール説明
ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青それぞれ6球ずつのボールをいかに近づけるかを競うスポーツです。
全球投げ終わると1エンド終了となり、白球に最も近い色のボールの選手が、白球に最も近い相手ボールよりも近い自分のボールの数だけ得点を獲得することができます。

前回の予選からさらに練習を重ねたヤマハチーム。今回はマイボール持参で気合も十分。

緊張と高揚感に包まれる中、第1エンドは相手先行の赤ボール、ヤマハチームは後攻の青ボールでスタート。

相手の1球目は、真ん中奥のジャックボールに寄せてくるナイススローで始まりました。
ヤマハチーム1球目は逸れてしまうも、2球目でジャックボールに近づけることに成功。

ここから1球ずつ投球チームが変わるという拮抗した展開になりますが、ヤマハチームの4球目でナイススロー!

※ジャックボールに接地し、手前にもブロックのボールがある状況

このナイススローが最後まで効果を発揮し、第1エンドの結果は 3-0 でヤマハチームがポイント獲得!

第2エンドはヤマハチームが先行赤ボール、相手チームが後攻青ボールでスタート。
ジャックボールを近くにセットする作戦を練っていたものの、いつもと違うジャックボールの感触から予想以上に転がってしまい奥へ・・・。

動揺から1球目は微妙な位置に。

相手チームの1球目でしっかりとジャックボールに近づけられてしまい、さらに動揺が広がったせいか、ここから3球も消費してしまう展開に・・・。
何とかジャックボールに近づけることに成功するも、すかさず相手が取り返す厳しい展開が続きます。

その後ヤマハチームは持ち球がゼロになり、相手の投球を4球も見守るだけの状況になってしまう展開になります。

「なんとか耐えてくれ・・!」というヤマハチームの念が通じたのか、第2エンドの結果は相手チームが2ポイントのみの獲得。

2エンドの合計点 3-2 で何とか第1試合を勝利することができました!

そして、ギリギリの勝利だった第1試合からあまり時間を置かずに第2試合が始まります。
第2試合の相手は、前回大会でも結果を出している強豪チーム。ヤマハチームも気合が入ります。

が、
詳細をレポートするのも辛いほどの完敗でした・・・。

※この赤ボールをはじくことができずにそのまま終了

この大会を通じて、ボッチャ競技の楽しさや難しさ、そして奥深さを体感することが出来たと同時に、決勝大会の第2試合での完敗を経て、負けず嫌いのヤマハチームは、リベンジに燃えています!

まずは、この大会の反省を踏まえて、より一層技術を磨くために練習していくことを誓うのでした。

今後もヤマハ発動機JWビジネス部では、パラスポーツ普及のため様々な活動を行っていきます!
どうぞご期待ください!

参考情報:
オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
http://kyougikai2020.jp/

企業対抗パラスポーツ大会 Office de Boccia in 名古屋 ~冬の陣~
http://kyougikai2020.jp/wp-content/uploads/2019/01/BOCCIA_NAGOYA2019.pdf

ページ
先頭へ