本文へ進みます

ラインナップ

ヤマハスノーモビルのラインナップや特徴をご紹介いたします。

ヤマハスノーモビルの特徴

ヤマハスノーモビルは、施設の巡回、物資輸送、救難・救護、農業・漁業、森林保全などの業務、森林や雪原でのツーリングといったレジャーまで、幅広い用途で使用できる実用モデルである。そのため、圧雪路だけでなく、未整備の深雪など多様な環境を走行できる性能を備えており、さらに実用性と快適性を考慮したさまざまな機能を合わせて装備している。
現在ヤマハでは、2ストロークモデル1機種と4ストロークモデル2機種をラインナップしている。2ストロークモデルは、粘り強く扱いやすい2ストロークエンジンを軸に、日々の業務や生活の中でハードに使えるタフさが特長。一方4ストロークモデルは、ヤマハモーターサイクル技術をベースに開発した信頼性と燃費に優れる高性能エンジンが特長となっている。

イメージ
イメージ
イメージ

Venture Multi Purpose 撮影協力:キロロリゾート(北海道)
※写真の車両は、キロロリゾート所有のものです。カラーリングや仕様、装備などは実際の製品と異なります。

User's Voice


ヤマハスノーモビルを使用しているお客さまに、業務などでスノーモビルを使用するメリットや実用性、ヤマハ製品を選んだ理由などについてご紹介いただきます。


キロロリゾート(北海道)
使用モデル:Venture Multi Purpose
広大なゲレンデを持つキロロキゾートでは、スノーモビルをゲレンデの点検・保守、スタッフ移動などに使用しています。

画面をクリックすると映像をご覧いただけます。

スペック比較表

  VK Professional II EPS VK540V Venture Multi Purpose
全長×全幅×全高(mm) 3,280×1,185×1,455 3,070×1,140×1,430 3,160×1,260×1,380
スキースタンス(mm) 990 960 1,080
エンジン種類・配列・気筒数 水冷・4ストローク・直列3気筒 空冷・2ストローク・直列2気筒 水冷・4ストローク・直列2気筒
総排気量(cm³) 1,049 535 499
ボア×ストローク(mm) 82.0×66.2 73.0×64.0 77.0×53.6
始動方式 セルスターター セル/リコイル併用 セルスターター
点火方式 デジタルT.C.I. デジタルC.D.I. デジタルT.C.I.
燃料タンク容量(ℓ) 44.6 44.0 36.0 ※無鉛プレミアムガソリン
懸架方式: 前 ダブルウィッシュボーン(独立) テレスコピックストラット(T.S.S.) ダブルウィッシュボーン(独立)
緩衝装置: 前 H.P.G. 油圧式 H.P.G.
懸架方式: 後 Pro Comfort W/Flip up rails Pro Comfort W/Flip up rails Pro Comfort 144
緩衝装置: 中央 H.P.G. H.P.G. H.P.G.
緩衝装置: 後 H.P.G. ガス併用油圧式 H.P.G.
トラック長さ×幅×高さ(インチ) 154×20×1.5 154×20×1.5 144×16×1.25
ブレーキ形式 ベンチレーテッド油圧式ディスク 機械式ディスク ベンチレーテッド油圧式ディスク
ヘッドライト 12V60W/55W×2 ハロゲン 12V60W/55W×2 ハロゲン 12V60W/55W×2 ハロゲン
乗車定員(名) 2 2 2

装備一覧

  VK Professional II EPS VK540V Venture Multi Purpose
リバース(後進) ●※1
グリップ&サムウォーマー
マウンテンストラップ    
リアキャリア
牽引用連結装置
スピードメーター ●※2 ●※2
タコメーター   ●※2
バックミラー
トランク/ポーチ ●※3
DC(直流電源)ジャック

※1 電動切替式 ※2 デジタル式 ※3 収納用ポーチ

ページ
先頭へ