本文へ進みます


開発コンセプト

ヤマハ電動車いす開発のコンセプトについてご説明します。

MENU

「手動」と「電動」の良さを併せ持つ新しい車いすの世界を提案

車いすにはいろいろな種類がありますが、大きくは「手動」と「電動」に分けることができます。

それぞれに長所と短所がありますが、両者の長所を併せ持つ新しい車いすの世界を提案するのが、車いす用電動ユニットJWシリーズです。

手動車いす
●坂道では負担が大きすぎる。
●長距離、長時間の操作では疲労が心配。
電動車いす
●重いから車に積んでの遠出はなかなか大変。
●小回りがきかないので、狭い通路や人ごみではちょっと…。
JWシリーズ/「電動」のパワー、走破性と「手動」の軽さ、機動性を併せ持つ新しい車いすの世界

車いすユーザーの最も大きな領域を占める手動車いす。しかし、障がいのレベルや状態が多岐にわたるにもかかわらず、その選択肢は基本的に1つしかありませんでした。JWシリーズはこの領域に新しい選択肢を提案するものです。

ヤマハ車いす用電動ユニットの位置づけ

なぜ完成形の「電動車いす」ではなく、「電動ユニット」なのか?

車いす本体には使用者の状態に合わせたオーダーメイドが欠かせません。

車いすを生活のパートナーとして利用する障がい者、高齢者の方の多くは歩行以外にも障がいを抱えていることが多く、その身体の状況や身体能力は千差万別。車いすは身体の一部のようなもので、一人ひとりのユーザーに合わせたオーダーメイドが欠かせません。

車いすの本体、つまり椅子の機能を果たしているフレーム部分は使用者の体格や身体の状況、生活環境に合わせて1台1台オーダーメイドで設計・制作されているのです。

JWシリーズは、こうして制作されたオーダーメイド車いすの機能をそのまま生かし、駆動輪だけを交換することで電動化を実現するユニットとして開発を行いました。

※「JW-I」ユニット

[参考]:車いすの種類と特徴

JWシリーズの開発コンセプトを理解していただくには、まず車いすそのものについての理解が必要です。車いすの種類は、大きくは手動車いすと電動車いすに分けることができます。さらに手動、電動にもいろんなタイプの物がありますが、使用対象別に大まかに分類すると下記のようになるでしょう。

手動車いす

●標準型車いす
一般の人が最も多く目にする車いすは病院や公共施設などにも常設されている標準型の車いすでしょう。主にけがや病気で一時的に歩行できなくなった人が施設内で移動する時や、高齢者や障がい者の方の外出先での短時間の移動など、一時的な移動手段として使用されます。
●モジュール式車いす
使用者個々の身体の状態や身体能力に適した調整が行えるよう、各部品ごとに寸法や形状を調整できる形式の車いすです。日常的に車いすを使用する場合、座面の幅や高さ、背もたれの角度、車輪の軸の位置などが使用者の身体の状態や使用環境に合っていることはとても重要で、介護保険適用のレンタルの場合でもモジュール形式の車いすを選ぶことができます。
●オーダーメイド車いす
障がい者手帳を持つ障がい者の方が更生相談所で判定を受けて作る車いすは、ほとんどの場合、その人の身体の状態や身体能力、生活環境などに合わせて設計し製作されるオーダメイドの車いすです。単に移動手段としてだけではなく、適切な姿勢を維持する「椅子」としての機能が非常に重要です。またベッドへの移乗や、住環境、仕事や作業などの生活環境に適していることなど様々な要素が検討され、設計・製作されます。

電動車いす

●電動カート(ハンドルタイプ)
主に足腰の弱った高齢者の方が、自宅周辺への外出の目的で利用するもので、 操作はスクーターのようにハンドルで行います。4輪と3輪の2タイプがあります。
●普通型電動車いす(ジョイスティックタイプ)
主に障がい者の方が利用する電動車いすです。手動車いすを自分で操作できない人の自立を支援します。ジョイスティックと呼ばれる1本のレバーで操作を行うものがほとんどですが、この操作部の形式を始め、使用者の状態や使用環境、目的に合わせて様々なタイプが開発されています。JW開発以前は、車両総重量が100kg前後のものがほとんどでした。
ページ
先頭へ