本文へ進みます


Q&A:旅行・飛行機搭乗時

ヤマハ電動車いすについてよくあるお問い合わせとその回答をご紹介します。

01

飛行機に乗ることはできますか?
航空機に乗ることが決まったら、電動車いすを使うことを事前に航空会社に連絡し、航空会社の指示に従ってください。このときにお使いの車いすについて詳しく航空会社にお知らせください。特にお使いのバッテリーについては、以下の仕様をご参照ください。
また、国土交通省の資料も合わせてご参照ください。
※国土交通省のWEBサイトへのリンクです

●ニッケル水素バッテリー
(ラベルに Ni-MH と表示)

  • 型式 : JWB2
  • 電圧 : 24V
  • 容量 : 6.7Ah
  • 種類 : マイコン内蔵乾式密閉型
    (ドライタイプ)

●リチウムイオンバッテリー
(ラベルに Li-ion 00 と表示)

  • 型式 : ESB1
  • 電圧 : 25V
  • 容量 : 11.2Ah
  • 種類 : マイコン内蔵乾式密閉型
    (ドライタイプ)

<リチウムイオンバッテリーについて >
リチウムイオンバッテリーは、航空機への機内持込・荷物としての預け入れが制限されることがあります。可否判断の権限は航空会社にありますので、ご利用の際には、必ず事前に航空会社へご相談ください。

<「DRY BATTERY」表記の追加について>
ヤマハのバッテリーは全てドライバッテリーです。
多くのお問い合わせを頂いていたため、バッテリーラベルに「DRY BATTERY」の表記を追加しました。

ニッケル水素バッテリー
(2013年2月生産分から)
リチウムイオンバッテリー
(2013年4月生産分から)

※ラベルのみの変更です。性能や機能に変更はございません。

NEW<機内持ち込み可能ラベルの追加>
2014年10月より、リチウムイオンバッテリーが国際航空運送協会(IATA)の危険物規則書に準拠していることを説明する内容を記載したラベルを追加いたしました。
ラベルの記載内容は、「Q2.航空会社から証明書の提出を求められたのですが?」と同様です。

※ラベルのみの変更です。性能や機能に変更はございません。

02

航空会社から証明書の提出を求められたのですが?
航空会社によっては、証明書の提出を求められる場合がございます。
※詳しくはこちらのページをご確認ください。

03

海外でバッテリーを充電できますか?変圧器は必要ですか?
充電器はAC100V〜240V、50/60Hzに対応しています。電源プラグ変換アダプタをご準備いただければ、変圧器は必要ありません。

04

ガススプリングは使用されていますか?
JWアクティブ、JWアクティブ PLUS+、タウニィジョイエックス、タウニィジョイX PLUS+については、ガススプリングは使用していません。JWX-1、JWX-1 PLUS+、ジョイユニットエックス、ジョイユニットX PLUS+、JWX-2、JW-IIを装着した車いすについては、車いすのフレームメーカーへお問い合わせください。

05

ニッケル水素バッテリーを飛行機内に持ち込む場合は危険品扱いになりますか?
なりません。
IATA航空危険物規則書では、危険品には該当しません(海上輸送のみ該当します)。

06

電動車いすの重量とサイズを教えてください。
JWアクティブ、JWアクティブ PLUS+、タウニィジョイエックス、タウニィジョイX PLUS+については、各製品の 取扱説明書 をご確認ください。
JWX-1、JWX-1 PLUS+、ジョイユニットエックス、ジョイユニットX PLUS+、JWX-2、JW-IIを装着した車いすについては、ご購入した販売店、またはレンタル先へお問い合わせください。

07

車いすを自動車などに積み込み時にはどのように取り扱えば良いですか?
自動車などに車いすを積み込む方法
  • (1) 車いすの電源を切ります。
  • (2) バッテリーを取り外します。
    運搬中に不用意に電源が入らないように、必ず車いすからバッテリーを取り外してください。
    取り外したバッテリーには保護キャップをつけてください。
    *取り外したバッテリーの取り扱いは Q08 をご参照ください。
  • (3) 車輪をロックします。
    車輪が回らないようにクラッチレバーを電動側にして駐車ブレーキをかけてください。
  • (4) 外せる部分を取り外します。
    *取り外し方は下記リンクをご覧ください。
    >JWアクティブ(Sタイプ)の場合
    >JWアクティブ(Pタイプ)の場合
    >タウニィジョイエックスの場合
  • (5) 折りたたみます。
    *折りたたみ方は、 こちら をご覧ください。
  • (6) 車いすを自動車などに積み込みます。
    車いすのフレーム部分を両手で持って静かに積み込んでください。
    積み込む時に守っていただくこと
  • (7) 車いすを固定します。
    搬送中に大きく揺れたり、まわりのものに当たったりしないように固定してください。
    >車いすの固定方法

08

取り外したバッテリーはどのように取り扱えば良いですか?
取り外したバッテリーには必ず保護キャップをつけて保管してください。接点部が露出しているとショートするおそれがあり、火災やバッテリー破裂の原因になります。
  • ●バッテリーに衝撃を与えたり落としたりしないでください。バッテリーが壊れたり、発熱、破裂の原因となることがあります。
  • ●直射日光が当たったり、高温になるところを避けて保管してください。

09

車いすを自動車などから降ろす時にはどのように取り扱えば良いですか?
自動車などから車いすを降ろす方法
  • (1) 車いすを自動車などから降ろします。
    >降ろす時に守っていただくこと
  • (2) 外した部位を元の場所に取り付け、折りたたみを元に戻します。
    *折りたたんだフレームを元に戻すには、 こちら をご覧ください。
ページ
先頭へ