本文へ進みます

発電機の選び方

正しい発電機の選び方を解説します。

STEP 1 いつ、どこで、どんなことに使うかをイメージする。

まずは、使用するシーンや目的を明確にしてどのタイプの発電機がふさわしいか検討します。

STEP 2 電気機器の「消費電力」、「起動電力」を確認しましょう。

使用したい電気機器の消費電力と起動電力を確認します。このときに注意したいのが、動き始めるときに消費電力よりも大きい起動電力を必要とする製品もあるということ。機器によっては表示電力の3~4倍もの電力が必要になることもあります。

(例)
消費電力(W)×1倍の起動電力(W)が必要な電気製品
ノートパソコン、テレビ(37型)、電気ポットなど

消費電力(W)×1.1~2倍の起動電力(W)が必要な電気製品
電子レンジ、家庭用扇風機、電動丸ノコなど

消費電力(W)×2.1~4倍の起動電力(W)が必要な電気製品
家庭用冷蔵庫、クーラー、水銀灯など

起動電力の目安:消費電力の1倍
電気機器 消費電力(W) 起動電力の目安(W)
ノートパソコン 200W 200W
テレビ(37型) 300W 300W
コーヒーメーカー 650W 650W
電気ポット 1,000W 1,000W
 
電気機器 消費電力(W) 起動電力の目安(W)
ハロゲンヒーター 1,000W 1,000W
家庭用炊飯器 1,300W 1,300W
ホットプレート 1,300W 1,300W
起動電力の目安:消費電力の1.1~2倍
電気機器 消費電力(W) 起動電力の目安(W)
家庭用扇風機 50W 100W
ハロゲンライト 250W 500W
電気ドリル 300W 600W
インパクトレンチ 500W 1,000W
 
電気機器 消費電力(W) 起動電力の目安(W)
電動丸ノコ 600W 1,200W
電子レンジ 1,000W 1,800W
電気カンナ 1,200W 2,400W
釘打ち 1,500W 3,000W
起動電力の目安:消費電力の2.1~4倍
電気機器 消費電力(W) 起動電力の目安(W)
家庭用冷蔵庫(小型) 100W 400W
小型クーラー 200W 800W
家庭用冷蔵庫(大型) 250W 1,000W
電気芝刈機 400W 900W
 
電気機器 消費電力(W) 起動電力の目安(W)
水銀灯 400W 1,600W
水中ポンプ 500W 2,000W
エアーコンプレッサー 750W 3,000W

STEP 3 起動電力を足し算して最適な発電機を選びましょう。

使用する電気機器の起動電力を足し算することでどれぐらいの発電量をもつモデルが適しているかが分かります。電力の合計をカタログにある定格出力と比較してみましょう。定格出力とは、その発電機が安定して出力できる電力のことで、VA(ブイエイ)という単位で表されます。

各製品ページの上部に定格出力を記載しています

W(ワット)とVA(ブイエイ)について

どちらも1秒間に消費される電気の量、すなわち電力であるのに消費電力と定格出力ではそれぞれ異なる単位を用います。使用機器で消費される電力をW(ワット)、発電機から出力される電力をVA(ブイエイ)で表します。

STEP 4 発電機は「インバーター」「FW」「スタンダード」の3タイプから選びましょう。

ヤマハの発電機は大別すると「インバータ」「FW」「スタンダード」の3タイプがラインナップされており、それぞれ特性が異なります。使用するシチュエーションに合ったタイプを選びましょう。まずスタンダード方式はシンプルな構造を採用し、価格が安く高出力なのが特徴。そしてインバータ方式は呼んで字のごとくインバータという装置を内蔵したタイプです。パソコンなどの精密機器でも安心して使える良質な電気を作ることができ、低燃費かつコンパクトです。FW方式はいわばこの両方の中間の特性をもつ発電機のこと。比較的出力が安定していて、インバータ方式よりも価格がリーズナブルです。

STEP 5 ガソリン?それともカセットボンベ?

発電機の燃料にはガソリンまたはカセットボンベの2種類があります。ガソリン方式は発電コストが安く、長時間の連続運転も可能。カセットボンベ方式はガソリンに比べて燃料の使用期限が長く、保管も容易なため一般家庭の防災用として便利です。

ガソリン方式

カセットボンベ方式

STEP 6 電気製品と同じ周波数のモデルを選びましょう。

インバータ発電機には50Hzと60Hzを切り替えられるスイッチが付いており、どちらの周波数に対応した電気製品でも使用することができます。それ以外の発電機はあらかじめ対応周波数が決められているので、電気製品と同じ周波数であることを確認してから購入しましょう。

各製品ページの上部に対応周波数を記載しています

関連アクセサリーでもっと便利に!

並列運転が可能になる専用コードや、移動の際に重宝するキャスターなど、関連アクセサリーによってさらに便利に使うことができます。

注意すべき点

発電機は、取扱説明書をよくお読みになってから、ご使用ください。

用途・シーン別おすすめ機種

レジャー
日曜大工
イベント
建築作業
非常時・万一の備え(一般家庭)
非常時・万一の備え(オフィス)
ページ
先頭へ