本文へ進みます

タイヤ摩耗量の低減

余分なハンドル操作が減ることで、タイヤの摩耗量低減にも効果を発揮します。

パフォーマンスダンパーが車体の余計な振動を吸収

パフォーマンスダンパーが
車体の余計な振動を吸収

  • コーナーリングがスムーズに
  • 余分なハンドル操作の減少

タイヤの摩耗量が低減

検証方法

実際のタクシー車両を下記の条件で走行させ、パフォーマンスダンパー装着車と非装着車のタイヤの摩耗量を計測しました。
※ご協力:神奈川トヨタ自動車株式会社様/アサヒタクシー株式会社様

  • パフォーマンスダンパー装着車2台/パフォーマンスダンパー非装着車2台
  • 通常の営業走行
  • 新品タイヤで計測スタート
  • 走行距離2.8~4.3万キロ

検証結果

フロントタイヤ摩耗量:約14%低減

リアタイヤ摩耗量:約10%低減

パフォーマンスダンパー装着車両はパフォーマンスダンパー非装着車両に比べて、フロントでは14%、リアでは10%のタイヤ摩耗の低減が確認できました。コーナーリングがスムーズになることで、余分なハンドル操作が減り、タイヤの摩耗が低減したと考えられます。

※ヤマハ発動機独自評価に基づくデータ

この製品に関するお問い合わせは

下のボタンより、お問い合わせ専用フォームにて
お問い合わせください。

ページ
先頭へ