本文へ進みます

特長紹介:BOLT

MENU

LESS IS MORE.
どこまで、自分らしくなれるか。

毎日を大切に、しかし、自分のスタイルも忘れない。塊感と、メタルの質感が輝く、力強いスタイル。
待ち受けているのは、思いのままに街を駆け抜ける愉しさ。
さあ、躊躇する暇はない。いま、ステージは、眼の前にあるのだから。

01【鼓動】

空冷60度Vツインエンジン
BOLT

軽快な走りを支える、空冷・SOHC・フューエルインジェクション搭載60度Vツインエンジン。専用のFIセッティングにより、アーバン・ファン・ライディングにおける中低速での軽快な加速性と心地良い鼓動感を実現した。エアクリーナーは、優れた吸気効率とエンジンの塊感をより強調し、フィット感に優れた乗車性にも貢献する形状。また、フロント側にまわり込んだ後気筒エキゾーストパイプとショートサイレンサーが特色の、右出し・2 into1エキゾーストパイプを装着。市街地での快適で軽快なドライバビリティを支えるとともに、低音の効いた歯切れの良いサウンドを実現している。

写真は海外で撮影されたもので、交通法規、仕様が国内とは一部異なります。ウェア類は国内では販売しておりません。

02【軽快】

ティアドロップ型の燃料タンク
キャストホイール
丸型ケーススピードメーター(スモークレンズ)
リアサスペンション

伝統的なティアドロップ型・フランジレスタイプのスリムな燃料タンクは、容量13 Lを確保。エンジンをリジット懸架し、車体強度メンバーとして活用したダブルクレードルフレームは、心地良いパルス感をライダーに伝える。ホイールベースは、1,570mmと短めに設定し、市街地での曲がりやすい特性と、安定感あるハンドリングを両立した。加えて“疾走感”ある自然なライディングポジションは、アップライトなハンドル位置と足着きの良さにより、都市近郊のショートライドを楽しめる。またカーボン芯線のドライブベルトは、十分な強度と剛性を確保。静粛性に貢献するとともに、スリムでクリーンなリア廻りもあわせてアピールしている。フロントサスペンションはインナーチューブ径41mmの正立式、リアは伝統的な2本サスペンション。またBOLT Rスペックには、スポーティなゴールドのリザーバータンク付リアサスペンションと、強靭さを醸し出すデザインのキャストホイールを装備。一方、BOLTはスポークホイールを装着した。ブレーキはフロント、リアとも298mm径のウェーブディスクで、フロントはフローティングマウントタイプ。また、ABS※を標準装備している。加えて丸型LEDテールランプと同モチーフの、丸型ケーススピードメーター(スモークレンズ)を装備した。

車輪に付けられたセンサーがスリップを検知すると、ブレーキを制御して車輪のロックを抑制します。制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではありません。コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください。
メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

03【簡潔】

デザイン1
デザイン2

デザインコンセプトは「Ultimate Purely Bobber」。“Raw Metal”“Simple” “Sporty”の3つをキーワードに設定し、ボバースタイルの走りを追求、無駄を極限まで取り除いた。またシンプルを徹底して追求、走りのための装備を必要最低限に絞り込んだ車体とし、手触り感や輝き感、重量感、エンジンの塊感の強調につながるデザインを実現した。カラーリングは新たに2色をラインナップ。BOLT Rスペックにはマットシルバーを設定。カジュアルな中にもスポーティさを織り込み、タンクのサイド面にはワンポイントとしてレッドのストライプをあしらい、ひと目でヤマハのスポーツマインドを想起させるカラーリングとした。一方BOLTは、ブラックをベースとしながらも、タンク上面に車名をあしらったシンプルな新グラフィックを採用。生活へのフィット感を大切にしながらも、ミニマムアイコンで自分のスタイルをアピールしつつ、トレンドであるカスタムライクなイメージを強調している。

写真は合成によるイメージです。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ