本文へ進みます


特長紹介:BOLT

MENU

シンプルを、きめる。

中途半端は、いらない。やるなら、とことんやる。
スリム&コンパクト。シンプル、かつ大胆。
それはまるで、贅肉を削ぎ落としたボクサーを想わせる。
“Ultimate Purely Bobber”— BOLT
エンジンの塊感と、メタルの質感が輝く、力強いスタイル。
ファンライディングを予感させる、足着きが良く、アップライトなポジション。
さらに、3つの新たなカラーリングをラインナップ。
またBOLT ABSは、新たにスポークホイールを装着した。
待ち受けているのは、思いのままに街を駆け抜ける、その愉しさ。
さあ、躊躇する暇はない。ステージは、目の前にあるのだから。

シンプルにこだわると、豊かになる。
LESS IS MORE.

01【鼓動】

空冷60度Vツインエンジン
BOLT

軽快な走りを支えるのが、空冷60度Vツインエンジン。専用のFIセッティングにより、アーバン・ファン・ライディングにおける中低速での軽快な加速性を実現した。エアクリーナーは、優れた吸気効率とエンジンの塊感をより体感させ、またフィット感ある乗車性にも貢献する形状。さらに、フロント側にまわり込んだ後気筒エキゾーストパイプとショートサイレンサーが特色の、右出し・2-1エキゾーストパイプを装着。市街地での快適で軽快なドライバビリティを支えるとともに、ボディの塊感と疾走感を表現している。

写真は海外仕様車です。また海外で撮影されたもので仕様が国内とは一部異なります。

02【軽快】

ティアドロップ型の燃料タンク
キャストホイール
丸型ケーススピードメーター(スモークレンズ)
リアサスペンション

スリムで伝統的な、ティアドロップ型の燃料タンク。その容姿を美しく表現するため、新たに溶接跡の突起がないフランジレスタイプとし、容量も前モデルから1ℓ増加の13ℓを確保した。エンジンをリジット懸架し、車体強度メンバーとして活用したダブルクレードルフレームは、心地良いパルス感をライダーに伝える。ホイールベースは、1,570mmとショート設定。市街地での曲がりやすい特性と、安定感あるハンドリングを両立した。フロントサスペンションは、インナーチューブ径41mmの正立式、リアは伝統的な2本サスペンションを装着。BOLT RスペックABSのキャストホイールは、強靭さを醸し出すデザイン。一方、BOLT ABSは新たにスポークホイールを採用。スリムなドライブベルトや、フロント、リアとも298mmのウェーブディスクを装着し、フロントはフローティングマウントタイプとした。加えて丸型LEDテールランプと同モチーフの、丸型ケーススピードメーター(スモークレンズ)を装備している。

メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

03【簡潔】

デザイン1
デザイン2

デザインコンセプトは「Ultimate Purely Bobber」。ボバースタイルの走りを追求し、無駄を取り除くこと。シンプルを徹底して追求、走りのための装備を必要最低限に絞り込んだ車体とし、エンジンの塊感の強調につながるデザインを実現した。BOLT RスペックABSは、レッドとグレーの2色を新たに設定。高品質水貼りグラフィック採用により、Rスペックの持つパフォーマンスイメージをグラフィックで表現している。BOLT ABSは、新たにブラックを設定。高品質水貼りグラフィックに加え、シンプルさを追求。スポークホイール採用とも相まって、カスタムベースイメージを強調している。

写真は海外仕様車です。また海外で撮影されたもので仕様が国内とは一部異なります。
ページ
先頭へ