本文へ進みます

施設管理・運営事業

ヤマハが参画している公共施設の施設管理・運営事業についてご紹介します。

ヤマハは公共施設の運営事業に参画しています
公共施設の運営事業を通じて「健全でたくましい子供の育成」「自活する高齢者のサポート」を目標に掲げ、施設のコンセプトづくりや設計から運営事業までをトータルに行っています。
FRPプールのトップメーカーとして培った経験と技術を、人々に提供することは、われわれの社会的責任であると考えます。

PFI事業の事例

尼崎スポーツの森

兵庫県初のPFI事業(Private Finance Initiative)であり、のじぎく兵庫国体の水泳会場となった「尼崎スポーツの森」はヤマハ発動機が構成員となるSPC(Special Purpose Company)あまがさき健康の森(株)が運営しています。この施設では「森の親水空間」をテーマに、メインプール・サブプール、ウォーターパーク、スポーツジム、アイススケートリンク、フットサルコート、グラウンドゴルフ場、森のこども広場などが整備されています。

りすぱ豊橋

豊橋市初のPFI事業である「豊橋市資源化センター余熱利用施設整備・運営事業」は地域の健康増進と交流の場として2007年10月1日にグランドオープンを迎え、当社が構成員となるSPC(株)エコールとよはしが管理・運営を行っています。この施設では資源化センターでごみを処理する際に発生する熱を有効利用して、温水プールの水を温めたり、施設の空調を行っています。主な施設として、25mプール、ちびっこプール、流水プール、ユニバーサルプール、ジャグジー、浴場、露天風呂、サウナ、トレーニングルームなどがあります。

公設民営方法の事例

デカパトス

神戸市により公募された六甲アイランドスポーツ健康施設(デカパトス)は、施設整備から運営までを実施する事業者として当社が選定されました。
施設内にはレジャープール、フットサルコート、スケートパークがあり、夏季限定でオープンするレジャープールには造波プール、ウォータースライダー、流水プール、水上アスレチック遊具など、子供から大人まで家族で楽しめる様々なプールや遊具が揃っています。

プール事業推進部営業部 ヤマハ発動機株式会社 ビークル&ソリューション事業本部
〒431-0302 静岡県湖西市新居町新居3078

TEL:053-594-6512
※電話受付 9:00~12:00、13:00~17:00 (祝日、弊社所定の休日等を除く)

ページ
先頭へ