本文へ進みます

プールQ&A

ヤマハFRPプールのラインナップや施工事例などをご紹介します。

プールを管理・運営されている方向けによくある質問をQ&A形式でまとめました。
「プール全般に関するQ&A」では水質についてなど、プールを維持・管理するための基本事項を、「ヤマハFRPプールに関するQ&A」ではヤマハ製品に関連する項目をまとめました。

プール全般に関するQ&A  プールを維持・管理するために必要な基本事項をQ&A形式でご紹介します。

01

プールの使用に適した水温は?
屋外プールの水温は27℃前後が望ましいと言われています。
気温+水温=50℃以下、または水温が22℃以下の場合は使用中止の検討が必要です。
また水温が高い場合は補給水を入れるなどして水温を下げましょう。

02

水質分析のタイミングと方法は?
プール使用時には、毎日「スイミング前」「スイミング中」「スイミング後」の最低計3回測定してください。
水質分析の項目としては残留塩素とpHの測定があります。ともに水質基準の数値内に収まるよう水質管理を行ってください。
<水質基準>
◎残留塩素…遊離残留塩素で0.4~1.0(mg/リットル) ◎pH…5.8~8.6 ◎濁度…2度以下

03

プールの水が濁っているが…
pH値が基準値内になっていないことが考えられます。
測定して状況に応じて中和剤を入れる、補給水を加える、プール水を交換するなどの対応をとってください。
目安としてはプール床面がきれいに見える状態に管理してください(濁度は2度以下が基準)
またろ過機の異常も考えられるので、ろ過機の運転マニュアルに従って確認しましょう。

04

プールの水が減少する…
排水バルブに小石などがはさまってプール水が漏れている場合があります。
バルブの開閉をして様子をみてください。蒸発による場合や遊泳者が身体に付着させて持ち出すことでも減少するので、その場合は補給水を入れてください。使用しないときにプールサイドにバケツなどで水を汲み置きし、減り具合に差がある場合はプール本体の異常も考えられるのでメーカーに点検を依頼しましょう。メールアドレスまでご連絡下さい。状況を確認の上、至急対応させていただきます。

ヤマハFRPプールに関するQ&A  ヤマハFRPプールをご利用のお客様向けに、よくある質問をQ&A形式でご紹介します。

01

FRPプールの掃除方法は?
汚れが少ない場合は、水をかけながら、やわらかい布かスポンジで汚れをふきとります。
汚れが落ちにくい場合は中性洗剤などで汚れを落とすことができます。
またステップやプール床などすべり止め加工が施してある部分は表面に凹凸があるため、タワシまたはナイロンブラシを使用して汚れを落としてください。金属タワシなど硬いもので表面を擦ると傷がつくおそれがあります。
清掃方法の詳細は「シーズン前の清掃と点検」ページをご覧ください。

02

「吸い込み事故」の防止対策について教えてください
プールには、水の循環・ろ過のために常に水を吸い込む場所「吸水口」があります。ヤマハプールではフロアー部に分散された吸水口から水を吸い込む「ヤマハフロアー吸入方式」を採用しています。
吸水口はプール底面10数ヶ所に分散されるため1ヶ所あたりの流速を抑えることができます。また吸水口は二重構造となっており、吸い込み事故を防止する高い安全性を確保しています。
プール管理担当者の方は日常点検で吸水口の鉄蓋や金網などがボルト、ネジなどで確実に固定されているか、固定しているボルト、ネジなどに欠落や破損が無いかをチェックするようにしましょう。

03

冬場のプールの管理はどうすればいいの?
据付タイプのプール(例25mプール)は満水にして保管してください。満水にすることにより紫外線劣化や残水による凍結を防ぐことができます。
設置配管やろ過機など凍結のおそれのある部分は水抜きをしてください。但し冬場の凍結の度合いによっては特別な配慮が必要になりますので、寒冷地のプールの場合は別途ご相談ください。
組立て式の幼児用プールの場合は取扱説明書の手順に従って分解し、カバーを掛けて保管しましょう。

04

幼児用ユニットプールの点検ポイントは?
幼児用プールは大きく分けてユニット(組立て)タイプと常設タイプの2種類があります。
またユニット(組立て)タイプは発売年代により、3タイプに分類されます。 ユニット(組立て)タイプの点検ポイントは主に以下の4点です。
(1)プール本体に破損箇所はないか
(2)各ユニットはきちんと固定されているか
(3)パッキンの破損や浮きはないか(パッキンは定期交換部品※)
(4)水の汚れはないか、水質は適正に保たれているか
パッキンは発売年代により異なりますが、「ユニットプール」の場合1シーズン、「ユニットプールきらきら」の場合2シーズンが交換の目安です。但しヒビやワレなどの劣化がある場合はすぐに交換してください。
ユニットプールの場合は設置場所も重要です。整地された平らな場所に置き、排水口に向けて2cmほど傾斜を付けると排水がスムーズになります。底面に浮きがある場合は、砂や敷物を隙間に入れ底面がしっかり地面に着くようにしてください。浮きがあると水漏れの原因になります。また、地面は水で流れない場所を選ぶようにしてください。

05

循環ポンプ内蔵型ファミリープールの循環ポンプが動作しない…
循環ポンプが回らない原因と処置は主に以下の4点です。
(1)フィルターの詰まり
→フィルターを取り外し交換する。
(2)電源が入っていない
→電源プラグなどをもう一度チェックして確実に電源を入れる。
(3)サーマルプロテクターが動作している
→ヤマハプール取扱店に相談し、サーマルプロテクターが動作した原因をチェックしてください。(長時間使用しなかった場合モーター軸が固着し、その状態で電源を投入するとサーマルプロテクターが動作する場合があります)サーマルプロテクターが動作した要因を取り除いた後、ポンプの後ろにあるボタンを押して、マイナスドライバーで軸を一回転以上回して下さい。
(4)メカニカルシートが固着している
→長時間使用しなかった場合に発生しやすくなります。ヤマハプール取扱店にご相談ください。

プール事業推進部営業部 ヤマハ発動機株式会社 ビークル&ソリューション事業本部
〒431-0302 静岡県湖西市新居町新居3078

TEL:053-594-6512
※電話受付 9:00~12:00、13:00~17:00 (祝日、弊社所定の休日等を除く)

ページ
先頭へ