本文へ進みます

大水深訓練プール

警察や海上保安庁など特別な水中訓練のために設置されたプールの事例をご紹介します。

福岡県立消防学校水難訓練施設(2016年)

消防学校は、住民から期待される水準を充たす消防防災に係る知識及び技能の効率的かつ効果的な修得と、安全かつ能率的に業務を遂行できるよう消防職員、消防団員等の資質を高めることを目的としています。 プールは、水難救助訓練のために使用されます。

呉海上保安大学校(2010年)

潜水訓練用プールは、学生の授業や、潜水士を目指す研修生の訓練に使われます。 旧プールは、映画「海猿」のロケにも使われました。老朽化のため2011年6月にリニューアルした新しいプールが完成しました。

プールの仕様
サイズ 25m×14m
水 深 1.3~2m、3m、5mの3層構造
コース -
材 質 FRP

舞鶴海上保安学校|京都府| (2010年)

「海上での泳力向上」を目的としたプールです。泳力を鍛えて、救助のための基礎技術習得が 行えるように設計されました。水深1.8mのゾーンは立ち泳ぎの訓練を行います。

プールの仕様
サイズ 25m×16m
水 深 1.3~2m、3m、5mの3層構造
コース -
材 質 FRP

福岡県警第二機動隊|福岡県| (2006年)

福岡県第二機動隊は、北九州を拠点として警察活動に迅速かつ的確に対応するため実践的な訓練を行っています。 プールは、海や川などでの遭難者の捜索や救助のための訓練用として水深5.0mの深さがあります。

プールの仕様
サイズ 15m×18m
水 深 1.2m~1.8m
コース -
材 質 FRP

プール事業推進部営業部 ヤマハ発動機株式会社 ビークル&ソリューション事業本部
〒431-0302 静岡県湖西市新居町新居3078

TEL:053-594-6512
※電話受付 9:00~12:00、13:00~17:00 (祝日、弊社所定の休日等を除く)

ページ
先頭へ