本文へ進みます

リニューアル・リユース

プールが直面する問題を検証して、最適なプール環境をご提案します。

場所はそのままで、古くなったプールを蘇らせるのが「リニューアル」。
プールはそのまま再利用し、設置場所を変えるのが「リユース」。
どちらもヤマハならではの高い品質でご要望にお応えいたします。

ヤマハFRPリニューアル工法(工事方法)低予算、高品質、短期施工で古くなったプールを蘇らせるヤマハFRPリニューアル工法(工事方法)をご紹介します。

低予算、高品質、短期施工で古くなったプールを蘇らせるヤマハFRPリニューアル工法(工事方法)。
既存プールの問題点を解消し、より良いプール環境を実現します。

こんな悩みはありませんか?

ひび割れや水漏れなど、築年数が40年を超えるプールの多くは、改修・改築工事が必要です。

毎日利用しているプールにこんな悩みはありませんか? お使いのプールに下記のような症状はありませんか?築年数が40年を越えるプールは多くの場合改修や改築が必要になってきます。
そのまま使い続けると利用者が使い難いだけでなく、危険が及ぶ可能性もあります。また補修費などでランニングコストが高くついてしまうことも考慮しなければなりません。

※イメージ写真

※イメージ写真

プールチェックリスト

  • ひび割れが生じている
  • 排水口が古くなって危険
  • プールフロアが滑って使いにくい
  • 塗装のはがれが気になる
  • なんとなく清潔感がない
  • どこからか水が漏れているようだ
  • 水深が深くて利用しづらい
  • 毎回の補修費がかかりすぎる

FRPリニューアル工法(工事方法)のメリット

ヤマハのFRPリニューアル工法(工事方法)なら、低予算、短期施工、高品質でプールの改修・改築工事が可能です。

費用・工期・品質・安全そして実績のヤマハFRPリニューアル 6つのメリット 新築するほどの予算はとれない、施設を長い間休みにできない、工事による周辺住宅への影響が心配…などプールの改修や改築に踏み切るにはいくつものハードルがあります。
ヤマハFRPリニューアルならそのようないくつものハードルを下げて、プール担当者の悩みを解決できるかもしれません。ヤマハFRPリニューアルの6つのメリットをご紹介します。

低予算

1.低予算

既存プールの一部を活用するので、新築に比べて費用を大きく抑えることができます。
新築のおよそ半額~1/3の予算でリニューアルが可能!

短期施工

2.短期施工

以上の工程が工場で完成されたユニットを現場で組み立るのでプール工事の工程は大きく短縮が可能。約45日でリニューアルが可能です。

エコロジー

3.エコロジー

RC構造のプールを解体すると、約350トンの廃棄物がでますが、既存プールの活用により、一部を撤去するだけでよいため廃棄物の量を約85%削減することができます。

高品質

4.高品質

肌にやさしいやわらかなFRP素材をすべてのリニューアルで使用。またFRPプールはメンテナンス性にも優れるので維持管理の手間も省けます。

高い安全性

5.高い安全性

文部科学省及び国土交通省が統一的に示した「プールの安全標準指針」に最も合致したプールにリニューアル。利用者の安全への配慮も万全です。

交付金対象工法

6.交付金対象工法

ヤマハFRPリニューアル工法は、文部科学省が認定する耐震補強工事の交付金対象工法です。

FRPリニューアル工法(工事方法)の説明

コンクリートプールをFRPプールにフルリニューアルする工法と、既存プールを利用したリニューアル工法をご紹介します。

2種類のリニューアル工法

フルリニューアル工法
zoom
フルリニューアル工法
既存のコンクリートプールを最大限活用してFRPプールにリニューアルするベーシックな工法です。
もとのコンクリートプールにFRP改修用ユニットでカバーリングを行い専用のステーで固定します。FRP床パネルの下に敷かれた砂がサンドクッションとなり衝撃を緩和します。
工期は約45日で新規でプールをつくる場合よりも短縮することが可能です。
ピットリニューアル工法
zoom
ピットリニューアル工法
古いコンクリートプールは配管が埋設されている場合が多く、配管のトラブルが発生した場合は対応に大きな手間がかかってしまいます。
ピットリニューアル工法は既存コンクリートプールとFRPユニットの間に配管ピットを新設。大きなコストをかけずに、メンテナンスのしやすいプールへと生まれ変わります。

リニューアル工事の流れ

ヤマハの専門スタッフがプールの老朽化要因を調査し、ベストな「プール改修プログラム」をご提案します。

ヤマハは合理的な「プール改修プログラム」を提案します 既存プールの老朽化の原因は経年変化だけではありません。プールの素材や形状、使用状況、立地環境、給排水システムや配管のとりまわしなど、さまざまな要因が関係します。
ヤマハでは経験を積んだ専門スタッフがこれらの要因を現地調査し、そのプールにベストなプール改修プログラムをご提案。
調査~提案までは無料です。設計・施工はもちろん、その後のメンテナンスまでワンストップでお任せください。

現地調査

1.現地調査

プール評価チェックリストを作成して、寸法の計測や配管の経路を調査。古くなったプールの問題点を明らかにします。

プール改修プログラムのご提案

2.プール改修プログラムのご提案

プール評価チェックリストに加えてプール管理者や利用者からのヒアリングも行い、予算と機能のバランスを追求した上で改修プログラムをご提案いたします。

設計・施工

3.設計・施工

営業・現場・設計・生産の各部門が一体となりリニューアルの設計・施工を進めます。現場では近隣や利用者の安全を最優先に工事を進めます。

アフターフォロー

4.アフターフォロー

リニューアル後は専門スタッフが定期点検を行い、ランニングコストを最小限に抑えるようアドバイスさせていただきます。

エコリニューアル 環境負荷を大きく低減できるヤマハのエコリニューアル。地球環境に優しい施設づくりを目指しています。

環境を考えたエコプールづくりを目指します

ヤマハのFRPプールは水や電気を大切に考えた、環境にやさしいエコロジーなプールを目指しています。
節水効果の高いオーバーフローや高効率なフロアー分散型吸込みに加えて雨水を再利用するなど水を大切に考えたシステムや、日除けシェルターに設置された太陽光パネルによる発電など自然エネルギーをプールに利用するシステムで、環境に配慮したエコプールをご提案いたします。

エコリニューアル

エコな方法でプールをリニューアル

短期施工

1.短期施工

95%以上の行程が工場で完成されたユニットを現場で組み立てます。
現場では、ユニットの接合、固定、設備配管の接続のみを行うため、プール工事の行程は大きく短縮されます。現地着工後45日でリニューアルが可能です。

低騒音

2.低騒音

既存のプール構造をできる限り残すことが、ヤマハFRPリニューアル工法の最大のポイントです。
解体時に発生する振動ドリルの破砕音(コンクリートのハツリなど)や大型重機の運転音などを最小限に抑えることができます。

廃棄物の削減

3.廃棄物の削減

RC構造のプールを解体すると、約350トンの廃棄物(コンクリートハツリや鉄材など)が発生することになります。
ヤマハFRPリニューアル工法なら一部を撤去するだけだけでよいため廃棄物の量を約85%削減することができます。

人にもやさしいエコプール

利用者の心と体にやさしいプールです

利用者の心と体にやさしいプールです

  • 肌にやさしいやわらかな素材FRP
  • 全面カドのない曲面仕上げを採用
  • プールサイドの日除けは紫外線から利用者を守り、温度を下げて熱中症対策

役目を終えたFRP素材のリサイクル

セメント原料・電力としてリサイクル

セメント原料・電力としてリサイクル

解体されたFRPプールは断裁して循環施設で焼却されます。
焼却により生成されたスラグ(焼却灰)は、セメント原料として再利用されます。
また、発生する高熱量はサーマルリサイクルして電力として活用されます。またFRPからFRPを再生する研究・開発も進んでいます。

ISO14001:環境マネジメントシステム規格認定

FRPプールを作る工場もエコ

FRPプールを作る工場もエコ

ISO14001は、組織活動、製品及びサービスの環境負荷の低減などの取り組みが継続的に運用されるシステム(環境マネジメントシステム)を構築するために要求される国際規格です。
プール事業推進部はISO14001及び品質認定ISO9001も取得しています。

プールのリユース(再利用) ヤマハのFRPプールならではの環境にやさしい移設工法をご紹介します。

ユニット構造のヤマハFRPプールはプールの「引っ越し」も可能

ヤマハFRPプールは独自のユニット構造により、解体・移設が容易で、簡単な補修と修正を加えることでプールの移設・再利用が可能です。
リユースはプール本体の費用軽減だけでなく、施工の短期完了を可能にし、イニシャルコストを抑えることができます。

リユース(再利用)の事例紹介

第9回世界水泳選手権大会福岡2001で使用されたウォームアッププールは、2003年6月に岡山市営東山プールにリユースされました。

リユース(再利用)のメリット

  • イニシャルコストの削減
  • 資源の有効活用
  • 工期の短縮

リユース(再利用)の流れ

調査・提案

1.調査・提案

対象のプールがリユース(再利用)可能かどうか、移設先での設置をどうするかなど専門スタッフが調査・提案いたします。

プールユニット分解・解体

2.プールユニット分解・解体

再利用するプールユニットを傷つけないように慎重に分解・解体作業をします。

運搬

3.運 搬

梱包したプールユニットをユニック車で移設先まで運搬します。

搬入

4.搬 入

基礎工事が終わったあとにプールユニットをクレーンを使って搬入します。

設置

5.設 置

搬入したプールユニットは専門スタッフによって一枚一枚丁寧に設置され、同時に配管工事やプールサイド工事も進めます。

完成

6.完 成

コースラインを入れ、最終検査を行い、リユース(再利用)の完了です。

プール事業推進部営業部 ヤマハ発動機株式会社 ビークル&ソリューション事業本部
〒431-0302 静岡県湖西市新居町新居3078

TEL:053-594-6512
※電話受付 9:00~12:00、13:00~17:00 (祝日、弊社所定の休日等を除く)

ページ
先頭へ