本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

無人システム

ヤマハ森林計測サービス
ヤマハ森林計測サービス
ヤマハ森林計測サービス
ヤマハ森林計測サービス

森を把握する。ヤマハ発動機 森林計測サービス

森林経営管理法の成立により、森林管理が義務化されています。 管理の第一歩として、判断材料として森林の定量的評価が求められていると考え、ヤマハ発動機(株)では、産業用無人ヘリのノウハウを活かした空からの森林計測サービスをはじめました。

森林計測サービス

無人ヘリコプターを用いた独自の計測・解析手法により、林業のスマート化など森林環境の維持・向上に貢献します。

※計測手法特許出願中

森林経営管理法に求められる管理計画を作成するための基礎情報をデータ化します。
産業用無人ヘリを使うことにより、今まで人的労力に頼っていた森林内把握の省力化、効率化を行います。
飛行時間が1時間以上の産業用無人ヘリを使うことにより、広範囲な計測が可能。また、既存の有人機航空測量では困難だった、森林内の状況把握を実現しました。

ヤマハ発動機産業用無人ヘリコプターを用いだ独自の計測手段※により、森林内の状況把握可能な LiDAR 計測を行います。

ヤマハ発動機の森林計測の特徴

■林内環境を3Dデータで可視化
有人機航空測量の10倍(100点/㎡)以上の計測密度で、上空からの計測では不可能だった林内の状況把握を実現。
精度の高い施業シミュレーションや森林資産価値算出などに貢献。
■長時間の飛行が可能なため、電動ドローンよりも効率の良い計測が可能。
ドローン、徒歩での計測では困難な山林へのアプローチも。
ヤマハ発動機産業用無人ヘリコプターを用いだ独自の計測手段※により、森林内の状況把握可能なLiDAR計測を行います。

計測データの可視化事例

お客様のご要望に応じて、各種データの解析・可視化を行います。
(例)
・立木情報のGIS表示
・微地形DTM(*1)データ表示 (*Digital Terrain Model / 数値地形モデル)

詳細はお問合せください。

①無人ヘリに搭載したカメラ付きLiDARで計測した森林の色付き点群データ
② 個々の立木を検出し色分け
広域での本数、高さ、樹幹体積等を検出
③ 計測データから森林を3Dマップ化し、任意のエリアを断面で表示
本数、樹高、下層植生、地形、林道などがわかる
④ GPS位置情報に基づいた、樹頂点位置の特定
林業の効率化、自動化に貢献

FAZER R G2【使用機種】

  • 燃料12Lで100分の飛行時間、90kmの航続距離
  • 直線通信で半径2km、衛星通信を使えば制限なく遠隔操作が可能
  • 追加タンク使用で5時間、200kmまで延長可能
  • 最大積載量:35kg
  • 最大運用高度:2800m
FAZER R G2

新着情報

ページ
先頭へ