本文へ進みます

特長紹介:YZ250F

MENU

Power of Uniqueness

前方ストレート吸気・FI・後傾シリンダー。
勝つために磨き上げられた独創のメカニズムが、強力なエンジンパワーと頼もしいトラクションを生み出す。
戦うためのパフォーマンスを鍛え上げた4ストロークエンジン搭載のYZ250F。
進化を続けるフレーム&サスペンションと相まって、優れたライダー・マシン・コミュニケーションを発揮。
勝利をめざすライダーの強い意志が、ダイレクトに走りに反映する。

01鋭い加速を実現する水冷4ストローク249cm³エンジン

水冷4ストローク249cm³エンジン

独自のメカニカル加工を施した鍛造ピストンにより、高回転域での性能向上に加え、軽量化とロス低減を実現。また、吸気ポートは鋳造後に特別な機械加工を追加することで、効率のよい混合気吸気を実現する滑らかな形状を形成。バルブリフト量アップやワークアングルの最適化を行い、力強いパワーフィールを生み出している。インジェクターは霧化の良好な12孔タイプを44mm径スロットルボディに装着。これらにより、ライダーのスロットル操作に瞬時に呼応し、強力なトラクション感を生み出している。

02コントローラブルで軽い操作感の大容量クラッチ

クラッチ

クラッチはフリクションプレート8 枚と1.6mm 厚クラッチプレートを組み合わせた大容量タイプ。プッシュレバーボトムへのローラーベアリング採用や、プレッシャープレート形状の最適化によって、ハーフクラッチ時を含め優れたコントロール性と操作の軽さを両立している。また、トランスミッションは定評あるギア比を継続。高強度な素材による歯幅のタイト化や吟味されたシフトカム形状により、軽量コンパクト化と良好なシフトタッチを実現している。

03滑らかなエンジン回転をもたらすカムチェーン

チェーンガイドには耐熱性、耐油性、強度、耐圧性に優れるHNBR(HydrogenatedNitrile Butadiene Rubber)材を使用。“トーションスプリング&スクリュー”に加えてコンプレッションスプリングを織り込んだテンショナーとの相乗効果で、滑らかなエンジン回転フィールによる優れたトラクション感を発揮する。

04車体剛性バランスを適正化しつつ軽量化

車体剛性バランスを適正化しつつ軽量化

縦・横・捻れの各方向で高剛性を発揮するアルミ製バイラテラルビーム・フレームを採用。ボディ強度の構成要素としてエンジンを活用し、エンジンブラケットの材質、形状、肉厚、位置を徹底セッティング。搭載角の最適化と相まって、エンジン特性にマッチする剛性バランスとしなやかさを発揮する。前後リムは、アルミ材に最適な断面形状を与えることで高強度と軽量化を果たしたEXCEL 製。レギュレーターとコンデンサーの一体設計から各部ボルトに至るまで、随所で軽量化を徹底している。また、フラット形状のシートは2020 年モデルよりスポンジの密度を増し、硬度を10% 高めることで、ライダーが体重移動しやすくなっている。

05容易に始動できる軽量コンパクトなセルフスターター

走行写真

軽量リチウムイオンバッテリーを電源とするセルフスターターは、トルクリミッターをプライマリーギアにオフセット配置する独創の設計により、マス集中・軽量化・コンパクト化を実現。始動が容易なメインスイッチレス設計としている。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。

06豊かな接地感を実現する倒立式サスペンション

気液分離タイプの倒立式フロントサスペンションには専用チューニングを施した。ダイブ感を抑えた穏やかなストロークにより、接地感を高めている。アウターチューブの表面をわずかにテーパー形状とし、上下ブラケットとのマッチングにより剛性バランスを適正化。また、25mmのシリンダー径、ミッドスピードバルブのリーフスプリング化などにより、減衰性能を向上。優れた過渡特性と接地感をもたらしている。

07ギャップ吸収力とトラクション性が高いリアサスペンション

リアショックアブソーバーには大容量のサブタンクを装備。十分な容量を確保し、減衰力を安定させている。また、材質や工法の見直しにより実現した線径11.4mmのコイルスプリングが、軽量化と優れた疲労強度を実現している。さらにストローク長、リアアームの垂れ角などとのバランスを最適化。ギャップ通過時の安定性と高いトラクション性を発揮する。

08伝統のブルーをよりスタイリッシュに

ボディ

伝統のヤマハレーシングブルーをベースに、クロームインサートグラフィックの面積を拡大。新たにシアンカラーをアクセントに加えることで、ひときわスタイリッシュにスピード感を表現したニューグラフィックを採用している。

09スマートフォン端末でチューニングするパワーチューナー

アプリアイコン
使用イメージ

専用アプリによりワイヤレスで操作することが出来るCCU(コミュニケーションコントロールユニット)を装備。スマートフォンなどにエンジンチューニングを行う専用アプリ「パワーチューナー」をダウンロードし、走りのスタイルやコース状況に応じた高精度なエンジンセッティングができる。マップリストには、ヤマハ発動機が推奨する3 種類のマップがデフォルト登録されているほか、ライダー自身によるマップ作成も可能。燃料噴射量と点火時期をそれぞれ16ポイント調整できる。車両側にはふたつのマップを保存し、走行中でもハンドル左に装備されたモードスイッチでマップ切り替えが可能。

写真のスマートフォンは付属いたしません。
画面は最新アプリver.と異なる場合があります。

推奨マップ

Linear Torque [Hard Pack]

推奨マップ

硬い土質では、いかに効果的にトラクションを確保するかが伴となります。その状況における加速や、旋回時のトラクション確保を狙いとしたマップです。素早く、かつ滑らかにコーナーをトレースする走りに適しています。

Hard Hitting [Loamy]

推奨マップ

サンドなどではトラクションが得にくくパワーを食われる傾向があります。そうした状況を配慮して、リニアなレスポンスを狙ったマップです。エンジン回転の素早い上昇を確実に得られるので、アグレッシブな走りに適しています。

Smooth Linear [Slippy]

推奨マップ

低中速でのスロットルの開けやすさをポイントとしたマップです。幅ひろいライダーがYZのトラクションを有効に活用できるように考慮。滑り易いマディコンディションなどで効果的です。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ