本文へ進みます

特長紹介:YZ250X/YZ125X

MENU

Ultimate Lightweight

タフで、軽量で、俊敏で、コントローラブル。
2ストロークエンジンの強みを最大限に解き放つYZ250X/YZ125Xは、過酷なコンディションでもそのポテンシャルの高さを見せつける。
オフロードにおける2ストロークエンジンのメリットを余すことなく引き出すべく、熟成のエンジン特性と車体パフォーマンスを高次元でバランス。
ファクトリーメイドならではの精度の高さと妥協のなさで装備をまとめあげた。
このマシンが、ホールショットを、ラップリーダーの座を、そしてポディウムの頂点を引き寄せる。

01胸のすく加速と軽快なハンドリングを生む2ストロークエンジン搭載

走行イメージ
写真はYZ250X
2ストロークエンジン

両モデルとも軽量コンパクトでシンプルな2ストロークエンジンが最大の強みだ。パンチの効いた加速力と軽やかなハンドリングを武器に、過酷なオフロードに立ち向かう。YZ250Xは、モトクロッサーYZ250のハイポテンシャルエンジンを、クロスカントリー主体のエンデューロレース向けに最適化して搭載。YPVS(ヤマハパワーバルブシステム)にはオリジナルの作動特性を与えている。YPVS全開時の圧縮比は8.9から7.9に変更しながら、専用CDIユニットの採用などにより、低中回転域ではトルクフルで扱いやすく、高回転域ではパワフルに伸び上がる出力特性を実現。排気系では、悪路走破性を高めるべくスリム化した専用チャンバーを装備する。YZ125XもモトクロッサーYZ125のエンジンをベースに、エンデューロでの走破性・扱いやすさを照準に専用開発を施している。トルクレンジを広げるためYPVS全開時の圧縮比を8.6から7.4へと引き下げながら、YPVSバルブの作動特性の最適化や専用CDIなどにより全域で扱いやすいパワーを発揮する。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。

02エンデューロシーンにマッチしたレシオのミッション

駆動力伝達系も、環境変化の激しいクロスカントリー・エンデューロというシーンを前提に、最適バランスを追求している。YZ250Xはベース車両のレシオを元に、3~5速のギア比を最適化。またYZ125Xは、リアスプロケットを50Tに変更。2次減速比の最適化を行うことでエンジン特性を最大限に引き出す。

03高い走行性能を発揮するアルミ製フレーム&サスペンション

アルミ製フレーム&サスペンション
写真はYZ125X

軽量アルミ製セミダブルクレードルフレームには、YZシリーズの開発で培ったノウハウを凝縮。ヘッドパイプ部は精度に優れた鋳造材、メインパイプやピボット周辺は強度に有利な鍛造材、ダウンチューブ下側は衝撃吸収に優れる押出し材と適材適所の素材・構造を採用することで、良好な剛性バランスを実現している。各モデル専用セッティングを施したサスペンションとのマッチングにより、高い走破性、旋回性、直進安定性、挙動安定性を獲得。ブレーキング時の車体安定性やライダーの疲労軽減にも寄与している。

04専用セッティングで走破性を高める前後サスペンション

走行イメージ
写真はYZ250X

難易度の高いガレ場やウッズでも高い走破性を発揮すべく、両モデルとも前後サスペンションに日本国内専用セッティングを施した。前後ともにスプリングレートを下げ、減衰特性を専用チューニング。またフロントサスペンションの突き出し量を微調整した。これらの効果によりしなやかな作動感を得て、悪路走破性とコーナーでの接地感を向上させている。

05悪路をしっかり捉えるエンデューロ専用前後タイヤ(リア18インチ化)

エンデューロ専用前後タイヤ
写真はYZ125X

足元をスポーティーに引き締める前後ブルーリムにはエンデューロ専用タイヤを装着。リアのリム径は18インチとして、トラクション性能を一層高めている。

06レースシーンをサポートする数々の本格装備

リザーブ付きフューエルコック
シールチェーン
エンジン周り

ピットエリアなどでの取り回しにも役立つアルミ製サイドスタンドを装備。給油タイミングを確認しやすいリザーブ付きフューエルコック、悪コンディション下でも高い耐久性を発揮するシールチェーンなど、エンデューロ向けのアイテムを充実させている。

写真は全てYZ125X

07伝統のブルーをよりスタイリッシュに

YZ250X
YZ125X

伝統のヤマハレーシングブルーをベースに、クロームグラフィックの面積を拡大。新たにシアンカラーをアクセントに加えることで、ひときわスタイリッシュにスピード感を表現したニューグラフィックを採用している。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ