本文へ進みます


特長紹介:YZ250X/YZ125X

MENU

Light Weight=Big Smiles

“The Real Light Enduro”を具現化するYZ250X/125X。
2ストロークYZをベースに、国内エンデューロを走るための装備を纏う。
扱い易いエンジン特性、軽いボディ、実戦で役立つ各装備を凝縮。
しかも細部に至るまで、メイド・バイ・ファクトリーならではの総合バランスが保たれている。

01 クロスカントリー・エンデューロを照準とした水冷2ストロークエンジン
2-stroke Engine for Cross-country Enduro Riding

水冷2ストロークエンジン

YZ250Xは、YZ250のハイポテンシャルエンジンを、クロスカントリー主体のエンデューロ向けに最適化。圧縮比変更(8.9→7.9)※およびYPVS作動特性を最適化、専用CDIユニット採用等により扱いやすさと伸びのある特性を実現。轍走行を配慮しスリム化した専用チャンバー。3~5速をワイドレシオ化したミッションを採用。YZ125XもYZ125のエンジンをベースに、エンデューロでの走破性・扱い易さを照準に開発。圧縮比変更(8.6→7.4へ)※によりトルクレンジを広げ、YPVS作動特性も最適化。専用CDIユニットを搭載した。

YPVS全開時

02専用セッティングを施した前後サスペンション
Optimized Suspension Damping

専用セッティングを施した前後サスペンション

前後サスペンションは、エンデューロでの走破性を照準に減衰力セッティングを施した。特に、YZ250Xは日本専用に前後サスペンションセッティングを全面的に見直した。国内のエンデューロシーンで、難易度の高いガレ場、ウッズでの走りをサポートするために、前後ともにスプリングレートを下げ、減衰特性を専用チューニングするとともに、フロントの突き出し量を微調整。しなやかな作動との相乗効果でコーナーでの接地感も向上※させた。

2017年モデル YZ250Xとの比較

03アルミ製セミダブルクレードルフレーム
Aluminum Semi-Double Cradle Frame

YZの開発で培ったノウハウを凝縮した軽量アルミ製セミダブルクレードルフレームを採用。ヘッドパイプ部はLP鋳造、タンクレール部には鍛造、ピボットまわりは強度に優れる押出し材として最適化している。専用セッティングのサスペンションとのバランスが、高い走破性を生み出している。旋回性、直進安定性、挙動安定化、ライダー疲労低減、ブレーキング時の車体安定感などに繋がる。

04リア18インチのエンデュ―ロー専用タイヤ
Enduro-Specific 18” Rear Tire

エンデュ―ロ専用タイヤ

エンデューロ用前後タイヤをブルーリムに装着。リアは18インチとして良好なトラクションを引き出している。

05エンデューロの実戦を配慮した各アイテム
Other Features and Equipment

アルミ製サイドスタンド
アルミ製サイドスタンド
リザーブコック付燃料タンク
リザーブコック付燃料タンク

エンデューロの実戦で役立つサイドスタンド、給油タイミングを確認しやすいリザーブコック付燃料タンク、シールチェーン、2次減速比最適設定(YZ125Xのみ/T50リアスプロケット)などエンデューロ向けのアイテムを充実。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ