本文へ進みます

特長紹介:YZ85/YZ85LW

MENU

NATURAL VICTORY

勝利を渇望するジュニアライダーの情熱に応えるべく、YZ85/YZ85LWはより戦闘力を高めた。後方ストレート吸気によるパワーフィーリングの向上、アルミ製リアフレーム採用による軽量化、剛性適正化を果たしたアルミ製リアアーム、車体デザインを一新してライダーアクションの自由度を高めるなど、扱いやすい高性能に磨きをかけている。モトクロスのベーシックを習得しながら、表彰台の頂点をめざす。2ストロークYZシリーズのノウハウが凝縮されている、YZ85/YZ85LWとともに。

01高回転域のパワーフィールを向上させる後方ストレート吸気

新設計エンジン

サイドカバー後方から直線的に外気を導入する後方ストレート吸気を採用。後方左右から外気吸入することで空気抵抗を徹底的に低減。吸気効率の向上により、直線路での走破感、爽快なトラクション感、そして伸びやかな加速フィーリングなどを実現し、エンジンのパフォーマンスアップを果たした。後方ストレート吸気を実現するために、サイドカバーは新設計。リアフレームは形状、材質ともに変更し、エアフィルターも仕様変更を施している。低中回転域からのトルクのつながりを良好にするYPVS(ヤマハパワーバルブシステム)、優れたレスポンスをもたらすスペーサー付き樹脂製リードバルブなどと相まって、戦闘力の高いエンジンに仕上がっている。

02軽量アルミ製リアフレームを新採用リアアームも新作し操縦安定性を向上

軽量アルミ製リアフレームを新採用リアアームも新作し操縦安定性を向上

高強度かつ軽量で着脱可能なアルミ製リアフレームを採用。スチール製だった2021年モデル比で570gの軽量化を果たしている。さらにアルミ製リアアームはリンクまわりを一体化し、アーム継ぎ手構造を見直し。縦剛性とねじれ剛性のバランスを適正化している。メインフレームは強度、剛性バランスに優れたスチール製セミダブルクレードルフレームを継承。新作のアルミ製リアフレームおよびアルミ製リアアームとの相乗効果により、操縦安定性が総合的に向上した。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

034ポジション調整可能なアルミ製テーパーハンドルは新設計により軽量化

4ポジション調整可能なアルミ製テーパーハンドルは新設計により軽量化

アルミ製テーパー型ハンドルバーは2021年モデル比で40gの軽量化を果たした新作。ホルダーの向きと取り付け位置の変更により、前後4段階・最大27mm幅でポジション調整が可能。ライダーの体格や好みに応じてきめ細やかにセットアップでき、激しいライディング時でも高いホールド性を発揮する。ハンドルクラウンは軽量・高強度なアルミ鋳造製。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

04リアにリザーブタンク一体型マスターシリンダーを新採用しブレーキパフォーマンスを向上

リアにリザーブタンク一体型マスターシリンダーを新採用しブレーキパフォーマンスを向上

リアブレーキには、リザーブタンク一体型マスターシリンダーを新採用。リザーブタンクとホースが不要となり、軽量化を果たしている。ブレーキ操作時のリニアリティ向上も両立した。ブレーキディスクはフロント220mm径、リア190mm径のウェーブタイプを装備。摩擦系を吟味しながら入力系との最適バランスを追求することで、優れたタッチと高いストッピングパワーを両立している。高剛性フロントサスペンションと相まって、安定したブレーキングを実現。フロントブレーキホースはシンプルな取り回しで、良好な整備性にも貢献している。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

05倒立式フロントサスペンションは車種毎に専用セッティング

フロントディスクブレーキ

倒立式フロントサスペンションは特殊加工を施したワンピース構造のアウターチューブを装備。インナーチューブは36mm径、ホイールトラベルは275mmを確保し、優れた減衰力と接地感をもたらしている。YZ85とYZ85LWでそれぞれ専用に施したセッティングは、近年のライディングトレンドに合わせて最適化。さらにフロントサスペンションガードを装備し、ハードなコンディションでも高い耐久性を発揮する。ステムシャフトは軽量アルミ製でハンドリングの軽快感に寄与している。

06ライダーの運動性を高めるためにシート、タンク、シュラウドなどを新作

シート写真
イメージ

ライダーアクションの自由度を高めるため、シートとタンクを新作した。シートはセンター部を高めてヒップポジションを上げ、フューエルキャップ位置を前側に移動。スリムでフィット感のあるフラットなデザインとした。シートは座面後方部のボルト1本留め仕様で、整備性も高めている。シュラウドとサイドカバーも一新し、スムーズな面構成を実現。体重移動のしやすさに配慮している。また、シュラウドは左右同一幅でスリムなデザインとし、前方への足の出しやすさと導風効果アップによる冷却性能向上を両立した。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

07スピード感あふれるニューカラー&グラフィック

イメージ

新世代2ストロークエンジンYZシリーズの流れを汲む最新デザインを採用。水平基調のシンプルな構成で、軽量感とスピード感を強調する。カラーは、レースシーンで存在感を発揮するヤマハレーシングブルーに、クオリティ感あるダークブルーの組み合わせ。YZのビッグロゴが水平ラインをひときわ強調する。また、ダークブルーのエリアとビッグロゴは耐久性のあるグラフィックインサートとしている。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ