本文へ進みます

特長紹介:YZ85LW/YZ85

MENU

Small but Spicy

コンセプトは“Fastest blue for youth”。勝利のために全力を尽くす。
YZ85/YZ85LWの開発にあたっては、長年にわたって2ストロークYZに携わり、豊富な実績とノウハウを持つ開発陣が結集した。
徹底追求したのは、扱いやすい高性能。
実績のあるYPVS、オフロードライディングの最新トレンドを採り入れたサスペンションセッティング、高い制動力を発揮するブレーキなど、エンジン、足まわりともに熟成を極めている。
さらに整備性にも配慮した設計を施しており、ライディングからメカニズムまでベーシックを習得できる。

01YPVSがもたらす扱いやすいパワー

新設計エンジン
ライダー写真

水冷 2ストローク84cm³のエンジンは、YPVS(ヤマハパワーバルブシステム)を装備。排気ポートに設けたバルブがエンジン回転数に応じて排気ポート上部を開閉するシステムで、低中回転域での豊かなトルクと高回転域でのパワフルさを両立している。YZ85/YZ85LWではYZ250や YZ125で定評のあるガバナー式バルブ制御を採用。ライダーのスロットル操作に呼応するハイレスポンスな加速特性を実現している。また、2019年モデルで徹底リファインしたシリンダー、樹脂ウエイトを追加したクランクなどを継続採用。優れた出力特性に貢献する。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。

02整流効果を高めたリードバルブとチャンバーが優れたレスポンスを実現

樹脂製リードバルブ
スペーサー

YPVSに合わせ込み最適化した吸気・排気系が、瞬発力と扱いやすさを両立。2019 年モデルで樹脂繊維の編み方向見直しと、スペーサーを追加したリードバルブを継続採用し、良好なレスポンスを実現している。チャンバーはテーパー角度などを最適な排気脈動効果を発揮するよう設計。2ストロークならではのサウンドを楽しめるサイレンサーは、音量規制をクリアしながらハイパワー化に貢献している。

03専用セッティングを施した倒立式フロントサスペンション

フロントフォーク
走行写真

倒立式フロントサスペンションは特殊加工を施したワンピース構造のアウターチューブを装備。高剛性化によりフレームとのバランスを整えている。インナーチューブは36mm径、ホイールトラベルは 275mmを確保し、優れた減衰力と接地感をもたらしている。YZ85とYZ85LWでそれぞれ専用に施したセッティングは、近年のライディングトレンドに合わせて最適化している。さらにフォークガードを装備し、ハードなコンディションでも高い耐久性を発揮する。また、軽量なアルミ製ステムシャフトがハンドリングの軽快感を高めている。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。

04レースで強みを発揮する各フィーチャー

安定して速いラップタイムを刻むために、ディテールにもこだわりの設計を施している。クロスレシオの6速ミッション、整備性を考慮した大容量エアクリーナーボックス、ジュニア・レディースライダーの使い勝手に配慮したアジャスタブルクラッチレバー、軽量ラジエターなどを装備。レースディスタンスを高順位で走り切るために必要なパフォーマンスを追求している。

05優れたタッチと制動力を両立するブレーキ

フロントディスクブレーキ
リアディスクブレーキ

ブレーキディスクはフロント220mm 径、リア 190mm 径のウェーブタイプを装備。また、ブレーキホースは剛性に優れる膨張率の少ないタイプとしている。摩擦系を吟味しながら入力系との最適バランスを追求することで、優れたタッチと高いストッピングパワーを両立。高剛性フロントサスペンションと相まって、安定したブレーキングを実現。ホースの取り回しをシンプル化して全長を短縮することで、整備性に貢献している。

064ポジション調整可能な アルミ製テーパーハンドル

アルミ鋳造製ハンドルクラウン
テーパーハンドル写真

軽量・高強度なアルミ鋳造製ハンドルクラウンとアルミ製テーパー型ハンドルバーを装備。ハンドルは、ホルダーの向きと取り付け位置の変更により、前後 4段階・最大 27mm幅でポジション調整が可能。ライダーの体格や好みに応じてきめ細やかにセットアップでき、激しいライディング時でも高いホールド性を発揮する。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。

07伝統のブルーを、よりスタイリッシュに

ボディ写真

伝統のヤマハレーシングブルーをベースに、ブラッシュクロームと鮮やかなライトブルーをアクセントに加え、ひときわスタイリッシュにスピード感を表現した2020ニューグラフィックを採用。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ