本文へ進みます

特長紹介:YZF-R1M/YZF-R1

MENU

人機官能

スポーツライディングの真髄とは何か。
それは、究極のマン-マシンインターフェイスを構築することだ。
メカニズムは、どこまで人の意志に忠実になれるのか。
スーパースポーツの開発は、そのチャレンジの最前線にある。
ヤマハYZF-R1が追い求めたのは、運動性能の高さだけではない。
このマシンを走らせながらライダーが感じるのは、メカニズムと密接に意思疎通できるという、喜びと楽しさ。
ライディングの愉悦を、よりダイナミックに、より上質に進化させた。
右手のアクセルワークに対して、完全なる1:1で呼応するエンジン。
ボディムーブメントに対して、確実にリアクションするシャシー。
ナチュラルなフィーリングでライダーをサポートする電子制御。
すべてのテクノロジーは、優れたコントロール性のために。
信頼できるマシンとともに、ライダーの意志が爽快に走る。

「響く。」
R-Power

01真のコントローラブル。水冷・DOHC・4バルブ・直列4気筒・997cm³・クロスプレーンエンジン

水冷・DOHC・4バルブ・直列4気筒・997cm³・クロスプレーンエンジン

高性能エンジンであることは、もはや必然だ。その性能を、いかにして扱いやすく仕立て上げるか。圧倒的なるパフォーマンスを維持したまま新たな環境規制に適合し、さらに新たな高みをめざしたYZF-R1のエンジン。動弁系、燃焼系、制御系を全面的に見直すことで、「コントローラブル」という言葉の定義を変える。アクセルを回し、戻す時に、まったく過不足なく、ライダーが期待している通りのリアクションをする。それがYZF-R1のエンジンである。当然のことのようだが、その実現は極めて困難だ。10%開けた時に10%の、50%開けた時に50%の、そして100%開けた時に100%のパワーを得たとライダーが感じ取れること。アクセルを戻した時に、望むだけのエンジンブレーキが得られること。これは単にメカニズムの正確さによって実現できるものではない。ライダーの感性に寄り添ったフィーリングの作り込みが求められる。数値化できない感覚的な部分にこだわり抜く。これはヤマハが伝統的に貫いてきた、ライダー重視の姿勢そのものである。YZF-R1のエンジンは、その集大成と言える。安心して、アクセルを操作できる。その先に待っているのは、爽快で心地よいマシンコントロールの極致である。

画像はイメージです。

02燃焼効率を追求しドライバビリティを高めるシリンダーヘッド&10孔斜流インジェクター

吸気容積最適化の新シリンダーヘッド
吸気容積最適化の新シリンダーヘッド。噴射方向は燃料噴射中心から10°傾けて最適化。

ドライバビリティを向上させつつ新たな環境規制に適合すべく、シリンダーヘッドを完全新作。スロットルバルブと燃焼室を接近させ、吸気ポートをショート化している。これにより、スロットルバルブ下流の吸気容積が12%減少し、吸気効率が向上した。このレイアウトを実現するために、インジェクターとスロットルモーター位置を逆転。新採用の10孔斜流インジェクターにより噴射方向を変更し、最適な燃料噴射位置を確保している。燃料噴射は吸気バルブ傘裏方向に集中。ポート壁面への燃料粒子の付着量を低減し、より良好な燃焼を達成した。また、ツインインジェクターを継続採用。高回転域ではファンネル上層のセカンダリーインジェクターからの噴射を追加することで必要な燃料の供給を行うとともに、吸気温度の上昇を抑え充填効率を高めている。

画像はイメージです。

03フィンガーロッカーアームの形状最適化とカムプロフィール見直しで高回転域の信頼性向上

フィンガーロッカーアーム

カムプロフィールとフィンガーロッカーアームのプロフィールの合計によってバルブの最大リフト量が決まり、リフト量を確保しやすいフィンガーロッカーアーム式バルブシステム。さらに双方のプロフィールを最適化することで、超高回転におけるバルブ開閉時の衝撃を緩和することが可能だ。従来より採用しエンジンパフォーマンスアップの礎となったフィンガーロッカーアーム式バルブシステムを、さらに熟成させた。新作はフィンガーロッカーアームの形状を最適化することで、高回転域でのバルブ開閉時の挙動をより安定させている。また、従来モデル※で実績のあるバルブリフト量とオーバーラップを継承するため、IN、EXともカムプロフィールを変更・調整。高回転域でのバルブ追従性を高めている。

2019年海外仕様モデル

04パワーロスを徹底的に低減しながら潤滑性にも配慮した新作オイルポンプ

新作オイルポンプ
大端部のオイル孔を小径化して給油量の最適化を実現。

ロス馬力の低減を徹底すべく、オイルポンプのローター幅を22mmから20mmへとショート化した。さらに新作したオイルポンプの吐出量に合わせて、各部の油圧とオイル供給を最適化。クランクシャフトのオイル孔は大端部を小径化し、プレーンベアリングは幅を拡大しオイル孔を3孔から1孔へ変更、さらにピストンクーラーの吐出孔およびクランクケース油路寸法の変更も施している。これらにより、ロス馬力を抑えながら優れた潤滑性をもたらしている。

05より自然なスロットル操作感をもたらすAPSG採用のYCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)

スロットルバルブの駆動には、従来モデル※同様にYCC-T(ヤマハ電子制御スロットル=Yamaha Chip Controlled Throttle)を採用している。従来モデル※ではアクセルワークをケーブル経由でプーリーに伝えていたが、新型YZF-R1ではスロットルケーブルを廃しAPSG(Accelerator PositionSensor Grip)を新たに導入。アクセル開度をセンサーとマグネットにより検出し、スロットルバルブ駆動モーターに反映させるシステムにより、軽量化と同時に優れたアクセル操作感を実現した。APSGはスプリング、スライダー、ギアによって操作感を作り込んでおり、アクセル開度が増すに従って可変的に摩擦感(抵抗感)が高まる。これにより、ライダーはより自然なフィーリングでのスロットル操作が可能となっている。

2019年海外仕様モデル

06新制御システムBCおよびEBMでブレーキング特性をより扱いやすく

スポーツライディングの醍醐味であり、難しさでもある、ブレーキング。これをライダーの好みや技量に応じてよりきめ細やかにコントロールするため、2種の制御システムを追加した。ブレーキ圧力を制御することで最適なブレーキングを実現するBC(ブレーキコントロール)と、走りに大きく影響するエンジンブレーキを制御するEBM(エンジンブレーキマネージメント)である。BCとEBMは相互に連動し、自然なフィーリングで制動をサポートする。

BC[ブレーキコントロール]

BC[ブレーキコントロール]

前輪速度、後輪速度、6軸IMUの各情報をHU(ハイドロユニット。ABSユニットを含む)に集約して逐次演算し、前後輪のブレーキ圧力に反映させる。介入度は2パターンからセレクト可能。直進走行状態での緊急制動に対応する通常ABS※モードの「BC1」、さらにコーナリング中の緊急制動時など車両挙動が乱れやすい場面においてもブレーキ圧を制御する「BC2」を用意している。

車輪に付けられたセンサーがスリップを検知すると、ブレーキを制御して車輪のロックを抑制します。制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではありません。コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください。

EBM[エンジンブレーキマネージメント]

EBM[エンジンブレーキマネージメント]

ギアポジション、エンジン回転数、アクセルポジション、スロットルポジションの情報に基づき、ECU(エレクトリックコントロールユニット)が①スロットル開度、②点火時期、③燃料供給量を制御。扱いやすいエンジンブレーキ特性を実現する。EBMは3段階から介入度合いをセレクト可能。好みや走行状況に応じた最適なエンジンブレーキを選択できる。

メーターパネルにBC/EBMを表示

メーターパネルにBC/EBMを表示
メーターパネルにBC/EBMを表示

全透過型TFT液晶4.2インチメーターパネルに、BCとEBMのパラメーターを表示する。

全てのシーンで意のままの走りをサポート

発進から加速、減速、旋回、そしてコーナーからの立ち上がり加速まで、あらゆる走行シーンにおいてLCS(ローンチコントロールシステム)、TCS(トラクションコントロールシステム)、SCS(スライドコントロールシステム)、LIF(リフトコントロールシステム)、QSS(クイックシフトシステム)、BC(ブレーキコントロール)、EBM(エンジンブレーキマネージメント)の各制御が連動して意のままのライディングをサポートする。

「伝う。」
R-Chassis

07クイックかつ安定したハンドリングをもたらすアルミ製デルタボックスフレーム&リアアーム

アルミ製デルタボックスフレーム&リアアーム

ハードブレーキングによる強力なストッピングパワーを、難なく受け止める。倒し込みのフィーリングはあくまでもニュートラル。狙ったバンク角に、狙ったバンキングスピードで持ち込める。コーナリング中は高い自由度でラインを変更でき、立ち上がりでは不安なくフルパワーを堪能できる。高剛性でありながら、縦・横・ねじれの最適バランスに配慮したアルミ製デルタボックスフレームとリアアームの組み合わせが、俊敏でありながら安定感・安心感のあるハンドリングをもたらす。

08リセッティングを果たした倒立式フロントサスペンションYZF-R1Mにはガスシリンダーを追加

倒立式フロントサスペンション
倒立式フロントサスペンション[YZF-R1]

高剛性な倒立式フロントサスペンションは、減衰力及びばね特性をリセッティング。豊かな接地感により、路面をつかむ感触がダイレクトに伝わり、ハンドリングのニュートラルさと軽快感に寄与している。ストローク量は120mmのままとしている。また、YZF-R1Mは前後サスペンションを統合制御するオーリンズ製電子制御サスペンション・ERS(エレクトリックレーシングサスペンション)を継続採用。フロントアクスルブラケット部にガスシリンダーを追加し、0.6MPa加圧することでキャビテーションの発生を抑制。高負荷時でも安定した減衰力を発揮する。

09コントロール性に優れたフロントブレーキパッドブリヂストン製の新作タイヤを装着

フロントブレーキパッドブリヂストン製の新作タイヤ
フロントブレーキ[YZF-R1]

ライダーのレバー操作にリニアに反応するブレーキングを実現するために、フロントブレーキパッドを変更。よりコントロール性に優れた摩擦材を採用している。また、YZF-R1のハンドリング特性に最適化したブリヂストン製の新作タイヤを装着。新たなトレッドパターンの採用とコンパウンドの調整により、YZF-R1の優れた操縦性をひときわ高めている。

10セッティングを変更したリンク式モノクロスリアサスペンション

リンク式モノクロスリアサスペンション
リンク式モノクロスリアサスペンション[(左)YZF-R1(右)YZF-R1M]

倒立式フロントサスペンション同様、リンク式モノクロスリアサスペンションも減衰セッティングを変更。ブレーキング、コーナリング、加速とあらゆる場面でリアタイヤが路面をつかむ接地感がより分かりやすいよう配慮した。88.2N/mmのスプリングレートおよび60mmのストローク量に変更はなく、定評ある「R1ハンドリング」を維持したまま接地感を高めている。YZF-R1Mはオーリンズ製電子制御サスペンション・ERS(エレクトリックレーシングサスペンション)を継続採用している。

「纏う。」
R-Design

11人とマシンを美しく一体化し風をも味方につける流麗なデザイン

流麗なデザイン
イメージ

YZF-R1を構成するすべての要素には、意味と機能がある。デザインも同様だ。高出力エンジンを搭載するYZF-R1であればこそ、そのデザインはライダーとマシンの一体感を高め、自在なマシンコントロールを実現するために存在する。ライダーと接する部分はエルゴノミクスを考慮しながら入念に作り込み。前後左右にスムーズに体を動かせるシームレスな造形としている。さらにカウルは新デザインを採用。空気抵抗特性を従来モデル※比で5.3%向上。アンダーカウルの形状と相まって、フロントからリアにかけてスムーズに走行風をいなしながら、水平基調によるスピード感も強調する。無駄なく引き締まったアスリートの筋肉を思わせる各部のデザインディテールが機能美を醸し出し、ヤマハデザインの頂点をアピールする。

2019年海外仕様モデル
写真は海外で撮影されたもので、仕様が国内とは一部異なります。また、一部の部品を取り外しています。

12最高峰であることが命題のYZF-R1そのデザインはMotoGPマシン直系

YZF-R1そのデザインはMotoGPマシン直系

ロードレースの最高峰、MotoGP。パフォーマンスとスピードを極めたヤマハMotoGPマシン・YZR-M1は、ダイナミックでありながら凜とした麗しい空気感を放つ。YZF-R1にもそのデザインスピリッツは余すことなく受け継がれている。M字センターエアダクトやインテグレートされたカウリングは、エンジンパワーや空力特性に直結した機能性をベースとしながら、レーシングマシンならではのソリッドな魅力を感じさせる。また、YZF-R1らしさをひときわ高めるべく、新デザインのポジションランプと新型LEDデュアルヘッドランプを採用。戦うマシンにふさわしい冷酷な表情がさらに迫力を増している。ヤマハ・スーパースポーツモデルの最高峰であるYZF-R1Mは、フロントカウルの変更に合わせてテールカウルを新作。フロントカウルからサイドカウルへ、そしてタンクを経由してリアセクションにかけて有機的につながる造形へと進化した。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。また、一部の部品を取り外しています。

13照射特性を最適化した軽量コンパクトな新型LEDデュアルヘッドランプと新デザインのポジションランプ

照射特性を最適化した軽量コンパクトな新型LEDデュアルヘッドランプと新デザインのポジションランプ
ヘッドランプは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。ロービーム時は左側が点灯、ハイビーム時は両側が点灯します。

14視認性に配慮した多機能なフルカラー4.2インチTFT液晶メーター

フルカラー4.2インチTFT液晶メーター
メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

15優れた操縦安定性をもたらすマグネシウム製鋳造ホイール

優れた操縦安定性をもたらすマグネシウム製鋳造ホイール

16空力特性を高めつつリアビューに迫力を持たせるテールカウル&テールデザイン

空力特性を高めつつリアビューに迫力を持たせるテールカウル&テールデザイン
テールランプは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。
YZF-R1 専用装備

YZF-R1M 専用装備

17軽量かつ高品質感を醸し出すドライカーボン製アッパーカウル/テールカウル

ドライカーボン製アッパーカウル
テールカウル

18所有感を満たすプレミアムなシリアルナンバー入りエンブレム

所有感を満たすプレミアムなシリアルナンバー入りエンブレム

19走行状況に応じて伸側・圧側減衰力を統合制御するオーリンズ製電子制御サスペンションを前後に搭載。フロントサスペンションにはガスシリンダーを装備

オーリンズ製電子制御サスペンション
フロントサスペンションにはガスシリンダーを装備

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ