本文へ進みます

特長紹介:YZF-R7

MENU

“YOUR” Super Sport
“YOUR” Time

エネルギッシュに、マイルドに。
昂ぶりと静けさの間を行き来する、ライダーの心。
YZF-R7は、心の動きに機敏に追随する。
スーパースポーツと呼ぶにふさわしい運動性能の高さと、幅広いスキルのライダーが乗りこなせる扱いやすさ。
遠い誰かのものじゃない。
YZF-R7は“あなたのための”スーパースポーツ。
ワインディングでも、サーキットでも、力強く加速し、軽やかにコーナリングする。

R-Power

01スロットル操作に俊敏に反応し、スポーツマインドを高揚させる力強い加速と扱いやすさを併せ持つ688cm³エンジン

水冷4ストローク・DOHC・直列2気筒688cm³エンジン

水冷4ストローク・DOHC・直列2気筒688cm³エンジンは、ライダーの操作に対して従順かつ俊敏に反応する。徹底して作り込まれたドライバビリティーは、発進する時、加速する時、そしてコーナーから脱出する時、ライダーに爽快なスポーツフィーリングをもたらす。MT-07の定評あるエンジンをベースに、スロットルプーリーのハイスロットル化、2次レシオの最適化などにより、スーパースポーツらしいパワー感と扱いやすさを両立している。

02心地よい鼓動感とトラクション感がライダーを包む270度位相クランク

スロットルワークに対して忠実に反応し、躍動感のある加速フィールと路面を蹴るような力強いトラクション感を生み出す、270度位相クランクを採用。味わいのあるフィーリングとスムーズな伸びやかさを両立している。FIおよび吸排気系セッティングとの調和により、低回転域から高回転域まで、心地よいコントロール感をもたらしている。

03より軽やかなクラッチ操作と、安定感ある減速をもたらすアシスト&スリッパ―®クラッチ

クラッチが繋がった状態のイメージ図
図はクラッチが繋がった状態

アシストカムとスリッパーカム、2種のカムを設けたアシスト&スリッパ―®(A&S®)クラッチ※1を、MT-07シリーズのエンジンとして初採用。シフトダウン時などのバックトルクによる車体挙動への影響を抑え、過度なエンジンブレーキを抑制し、減速時の安定感を高めている。スリッパー特性はシフトダウン時のつながりの良さを重視して作り込んでおり、スポーティな走りに最適なエンジンブレーキフィーリングをもたらす。また、クラッチレバーの操作荷重は約33%低減している※2。

※1
「A&S」「アシスト&スリッパ―」は、株式会社エフ・シー・シーの登録商標です。
※2
2021年モデル MT-07ABS比
[通常走行イメージ]
発進・加速時などではプレッシャープレート側カムがクラッチボス側カムに噛み込むことにより十分な摩擦力を確保
[スリッパー作動時イメージ]
後輪からの回転トルクがエンジン側のトルクを超える場合は、カムの働きでプレッシャープレート側が押し出され、クラッチ圧着力を弱めスリッパー機能が働く

04スムーズで素早いシフトアップをサポートする
クイックシフターをオプション設定

スムーズ&クイックなシフトアップ操作を支援するQuick Shifter(クイックシフター)を、MT-07シリーズのエンジンとして初設定。シフトロッドに設けたスイッチがシフトペダルの動きを検知すると、ECU演算によりエンジン出力を補正。ドッグクラッチに噛み合っているギアの駆動トルクを瞬間的にキャンセルし、クラッチ操作なしでも滑らかなシフトアップを可能としている。

R-Chassis

05よりスポーティなライディングに応える
倒立式フロントサスペンション

倒立式フロントサスペンション

ワインディングやショートサーキット走行に応える剛性感、挙動の分かりやすさなどをコンセプトに、インナーチューブ径41mmの倒立式フロントサスペンションを新たに開発。専用チューニングのタイヤに合わせた独自セッティングを施している。新作したアルミ鍛造アンダーブラケットやアルミ重力鋳造ハンドルクラウンと相まって、ボディ全体の剛性が向上。ブレーキング時の安定性や接地感、コーナリング時の接地感が高まることで、よりスポーティなライディングが可能に。プリロードおよび伸側/圧側減衰はフルアジャスタブルで、セッティングの楽しさも味わえる。

06走りの軽快感と安定性を高める
モノクロスリアサスペンション

モノクロスリアサスペンション

リアには、リンク式モノクロスサスペンションを採用。減衰特性とばね定数を専用に開発し、ライディングフィールの軽快感とコーナリング時の安定性を高めている。スペース効率の高い水平方向の配置で、マス集中化とコンパクト化に貢献。クロスパイプ類が不要なクランクケースへの直接懸架とし、軽量化に貢献する。プリロードおよび伸側減衰を調整可能。

07高次元な走りをもたらす
軽量ダイヤモンド型フレーム

軽量ダイヤモンド型フレーム&リアアーム
リジッドマウントしてフレーム剛性バランスに貢献するアルミ製センターブレース

ライダーの意思にリニアに応え、軽量・スリム・コンパクトな車体のベースとなっているダイヤモンド型フレームは、基本骨格をMT-07から継承。強化した前後サスペンションに合わせ、新たにアルミ製センターブレースを追加し、リアアーム外側からピボット上下にリジッドマウントすることで、ピボットまわりのねじれ剛性を向上。全体的な剛性バランスをチューニングし、ひときわ機敏でスポーティなハンドリングとしている。

08高い制動力とコントロール性を実現する
ラジアルマスターシリンダー&ラジアルマウントキャリパー

通常のキャリパーマウント方式
ラジアルマウントキャリパー

フロントブレーキシステムにはブレンボ製・純ラジアルマスターシリンダーを採用。ブレーキレバーへの入力をよりリニアにブレーキ油圧に伝達し、高いコントロール性を実現している。また、制動時のたわみを抑えるラジアルマウントキャリパーは、φ298mmダブルディスクと相まって、強力な制動力を安定して支えます。

多くのモデルでは、キャリパーの車体側へのマウントボルトは、ディスク面に対し垂直に捻じ込まれています。ラジアルマウントキャリパーでは、車体側へのマウントボルトがディスク面と並行に捻じ込まれます。これにより、制動力の反力は、直接連結ボルトには干渉しません。

09スポーティな操縦性を支える
専用ディメンション設定

スポーティな操縦性を想起させるイメージ画像

スーパースポーツにふさわしい俊敏なハンドリングを実現するため、車体ディメンションは専用設定としている。2021年モデルのMT-07に対し、キャスター角を1.1度立てるなど車体姿勢を見直すことにより前輪分担荷重を増やし、コーナリング時の安定感を向上。同時に、フォークオフセットを5mm短縮してトレールは同等を維持することにより直進安定性も確保。また、剛性バランスの最適化を行うことで、より軽快なライディングを可能としている。

R-Design

10操りたくなる。走りたくなる。爽快な走りをダイレクトに表現
スキニープロポーション

比較イメージ
比較イメージ

車体スタイリングは、無駄を削ぎ落としたスリム&コンパクトなデザインでスキニープロポーションを実現した。ライダーとの一体感を高め、サーキットのS字コーナーなどでの切り返しも軽快にこなす。また、空力特性を徹底開発。コンパクトなアッパーカウルは前方投影面積を減らし、高い運動性能に貢献する。アンダーカウルはアルミ製とすることで、エンジンとのクリアランスを極小化。深いバンク角とスキニープロポーションに寄与するとともに、高い質感も実現している。リアカウルは専用デザインとしながら、タンデムシートとテールランプをYZF-R1/R6と共用。Rシリーズならではのレーシングイメージをアピールする。

11サーキットを駆けストリートをゆく
幅広い用途に対応するライディングポジション

アルミ製アンダーカウル
深いバンク角を確保するために採用したアルミ製アンダーカウル
セパレート型ハンドル
スポーツ走行に適したライディングポジションに設定したセパレート型ハンドル ※1
フルLCDメーター
高い視認性の専用フルLCDメーター ※2

伏せやすく、ブレーキング時のマシンホールドも行いやすいアグレッシブなライディングポジションを採用。セパレート型ハンドルは、ヒップポジションとフットレスト位置との間で最適なバランスを取り、絞り角と垂れ角を設定。スポーツライディングでよりタイトなマシンホールドが可能。シートは股ぐりをスリムにしながら座面後方はワイドに。ポジションの自由度が高いため、サーキット走行からストリート走行まで幅広い用途に対応する。樹脂製タンクカバーはニーポケットをえぐった形状で、ライダーの運動性を妨げず、ホールド感を高めている。専用デザインのフルLCDメーターは高彩度なネガポジ反転液晶画面で、高い視認性を発揮する。

※1
写真は海外で撮影されたもので、仕様が国内とは一部異なります。
※2
メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

12ヤマハ・スーパースポーツをアピールしながら高い機能性も備えたRフェイス

Rフェイス

ヤマハが誇るハイパフォーマンスバイク、YZF-RシリーズのアイコンであるM字ダクトが特徴的なフロントマスク。ダクト内センター部にLEDヘッドランプを配し、その周辺のエアダクトやディフレクターからフレッシュエアをエアクリーナーへと導入するレイアウトで、デザイン性と機能性を両立している。シャープな2眼ポジションランプが睨みを利かせ、Rシリーズを強調。ポジションランプ下部にもエアダクトを設けており、整流された走行風をエアクリーナー方向へと導入している。

ヘッドランプ、ポジションランプおよびテールランプ、フラッシャーは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。
ページ
先頭へ