本文へ進みます


サポートQ&A

よくある質問をまとめました。購入時の情報としてお役立てください。

01

YPJシリーズ用にもっと容量の大きなバッテリーを売り出す予定はありませんか?
大容量バッテリーの販売予定は今のところございません。(2016年9月現在)

02

YPJシリーズのバッテリー容量が2.4Ahと小さい。軽量化には良いがこれでは走れる距離が短すぎませんか?
YPJはPASとは別ジャンルの自転車です。PASは常にアシストが必要な方や楽に走行したい時に使う自転車のためバッテリー容量が多いですが、YPJシリーズは走りを楽しむのがコンセプト。通常ロードバイク等は走り出しからスピードがのるまでに負荷がかかるが、この領域や坂道のみをアシストする一方、アシストが0になる24km/h以上でも快適に走行できるためバッテリー消費も少なくて済みます。またバッテリーが足りないと思う方には、別売の予備バッテリーをご購入いただくと更にアシスト走行距離を伸ばすことができます。

03

YPJシリーズのバッテリーはいつまで使えますか?
充電1回を「バッテリーを使いきってからフル充電した場合」とした際に、目安として700~900回の充放電で購入時の約半分の走行距離になります。
ご利用いただいているうちに、自分の使いたい走行距離に満たなくなってきたと感じてきた時にはバッテリー交換をお勧めします。

04

アシストOFFモードやバッテリーが無くなった場合にペダリングは重くなりますか?ドライブユニットが抵抗になったりしませんか?
アシストしていない時でも通常の自転車とほぼ同様のフィーリングでペダリングすることができます。ドライブユニットそのものが大きな抵抗になり、それが原因でペダルが重くなるということはありません。

05

通常自転車との比較で車体重量が重いが、アシストが切れる24km/h以上だと急にペダリングが重くなったりしませんか?
YPJシリーズはいつアシストが切れたかほぼ分からないような滑らかなアシストフィーリングが特徴です。更に速度が乗った24km/h以上では慣性力も高まるので車体重量を感じることも少ないと思います。
一方、24km/h以上の速度から加速しようとすると、アシスト領域外となりますので通常自転車より車体重量の重さを感じます。

06

自分の自転車を電動に改造したいので、YPJシリーズのドライブユニットだけ購入できませんか?
申し訳ございませんが、ドライブユニットのみの販売は致しておりません。

07

YPJシリーズ購入後、ホイール、クランク、コンポーネント、ペダルなどを交換したい。できますか?
申し訳ございませんが、部品交換については推奨しておりません。また、部品交換に起因する故障は保証の対象外となりますのでご注意ください。

08

YPJシリーズを海外に持ち出したい。どうすれば良いですか?
申し訳ございませんがYPJシリーズは日本国内専用モデルとなっており、諸外国の様々な法令や規制に準拠しておらず、海外持ち出しについては推奨しておりません。
ページ
先頭へ