本文へ進みます

特長紹介:TMAX560

MENU

オートマチック・スーパースポーツ、再び。

「オートマチックで、走りのエキサイトメントを堪能する。」
そして、いま。TMAXは、よりエキサイティングなスポーツの新領域を目指す。
人機一体の走りで魅せる、コンパクト&スポーティなスタイリング。
さらには、コミュニケーションをより深めるスマートフォン連携機能も。

さあ、スーパースポーツの新たな扉は、いま再び開かれた。

もっと、スポーツを。
Performance & Handling

01パワフル&上質。水冷・DOHC・4バルブ・561cm3・直列2気筒エンジン

走行イメージ

スポーティかつ豊かな動力性を実現した、DOHC・4バルブ・561cm3・直列2気筒エンジンは軽量感をキープしつつ、パワフルで低振動、質感の高い動力性を達成。扱いやすさをそのままに、中高速での加速性、ライダーの意図通りに操れる駆動力特性(スロットルと駆動力のリニアリティ)を獲得。561cm3の排気量と、吸排気系および動弁系などの最適設計により低速から高速にわたる全域で高い駆動力を実現した。また、YCC-T(電子制御スロットル)は新たにスロットルケーブルを廃したAPSG(Accelerator Position Sensor Grip)を採用。軽量化し、スムーズで自然なアクセル操作感を実現するとともに、ハンドル周りのシンプルな外観にも寄与している。また、滑らかな発進性・走行性をサポートするトラクションコントロールシステム、走行環境や好みにより走行モードを選択できるD-MODE(走行モード切替システム)も搭載。さらに“サウンドデザイン”により、心地よく官能的な音を追求。静粛でありながらも、低く力強く上質な排気音を実現している。

写真は海外で撮影されたもので、仕様が国内とは一部異なります。ヘッドランプ、テールランプは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

02高いスポーツ性に貢献。ヤマハ独自の“SPINFORGED WHEEL”&新タイヤ

新タイヤイメージ

ヤマハ独自の技術による、10本スポーク軽量アルミキャストホイールを採用。アルミ材の独自開発と工法の確立により“鋳造ホイールでありながら鍛造ホイールに匹敵する強度と靭性のバランス”を達成。従来モデルに比べ慣性モーメントをフロント約10%、リアは約6%低減、スポーティな走りに貢献する。また優れた高速安定性を磨き上げるため、専用開発のブリヂストン製新タイヤを採用している。

03スポーティかつ確かなハンドリング特性に貢献。フロント&リアサスペンション

フロントサスペンション

フロントには41mm径インナーチューブの倒立式サスペンションを、リアにはリンク式モノクロスサスペンションを装備。また軽量ホイール&新タイヤの採用により、軽快感と接地感のバランスをポイントに減衰特性を再セッティングし最適化。前後とも減衰力はやや”ハード”な設定とし、良好な乗り心地、路面追従性、素直なハンドリング特性などに貢献している。なお、リアのショックユニットはモノチューブ式(ガス型)で、TECH MAXではスプリングプリロードと伸側減衰力の調整機能を装備している。

04高いコントロール性を実現。ブレーキシステム

フロントブレーキには、高い制動力と良好な操作フィーリングの対向ピストン4ポットのラジアルマウント式キャリパーと267mm径ダブルディスクを装備。リアブレーキには、282mm大径シングルディスクブレーキと、一時停車などで便利な別系統の機械式リアブレーキロックも装備している。

快適と、つながる。
Design & Comfort

05スポーツ性際立つ精悍なシルエット。スタイリング&インテリア

スタイリングイメージ
フロントデザイン

コンセプトは“The Beast unveiled”。歴代TMAXは「オートマチックでスーパースポーツのエキサイトメントを味わう」という初代の開発思想に基づき、そのポテンシャルを磨き続けてきた。NEW TMAXではこの本質的価値であるスポーツ性に着目、ボディをコンパクト化し、贅肉をそぎ落とすかのように引き締まったシルエットを実現した。また、機能部品をあらわにする事でメカニカル感・信頼感を表現。TMAXのアイコンである2灯のLEDヘッドランプは、薄くシャープな形状に。フロントカウルは空力デザインを意識し、エアインテークやウイングを思わせるスポーティなディテールで表現。車体の高剛性感を象徴するフレームをモチーフにしたサイドカバーは、リアタイヤにトルクがかかり車体を前へと押し出す力強いイメージとしている。コックピットまわりには上質感を取り入れ、煩雑になりがちだったメーターやインジケーター、スイッチなどを整理。シンプルで使いやすいユーザーインターフェイスデザインとした。ボディカラーは3タイプ。TECH MAXでは、成熟した大人の優雅さを醸し出すマットダークブルーイッシュグレーメタリック4をメインカラーとして設定。セカンドカラーは、落着きの中にも高いスポーツ性を印象づけるパステルダークグレーをラインナップ。また、TMAX560では初代TMAXへのオマージュを込めたレディッシュイエローカクテル1を採用している。

写真は海外で撮影されたもので、仕様が国内とは一部異なります。またクローズドスペースで撮影したものです。
ヘッドランプ、ポジションランプは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

06便利・快適をサポート。7インチカラーTFTメーター&スマートフォン連携機能

ディスプレイイメージ
ハンドルスイッチ

大型で見やすい7インチ高輝度TFTカラーディスプレイを採用。左ハンドルスイッチにはジョイスティックを採用し、メーターディスプレイの切替など直感的な操作が可能。

メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。
MyRide-Linkアプリ
メーター表示イメージ
スマートフォン情報のメーター表示例
USBソケット

また、ライダー自身のスマートフォン情報をTFTメーターで表示するアプリ「MyRide-Link」Appを開発。アプリをダウンロードし、車両側とBluetooth®経由で接続することで、着信やメール受信、現在地周辺の天気、音楽再生など、スマートフォンの情報を車両のメーターに表示※1できる。さらに専用の二輪ナビアプリ「Garmin Motorize™」(有償)をインストールし、右側フロントトランク内に装備しているUSBソケットと接続することにより、ナビゲーション画面をメーターに表示できる。

Bluetooth®のワードマーク及びロゴは登録商標であり、Bluetooth SIG,Inc.が所有権を有します。
初期出荷時メーターは英語表示になっております。日本語表示に変更するにはMyRide - Linkと接続をしてください。
※1
着信と音楽再生はアプリを利用せずBluetooth®接続のみでも利用可能です。

07使いやすさ・見やすさに配慮。エルゴノミクス・デザイン

エンジンワンプッシュスタートを採用

電源ON/OFF、ステアリングロック、シートオープンの操作が可能なセンタースイッチを採用、各操作時の身体の動作を低減している。また、煩雑な操作が不要なヤマハ初の電動タンクキャップ(スマートキャップ)を採用。さらにTECH MAXには、エンジンワンプッシュスタートを採用し、夜間の視認性を高める発光タイプのスイッチとした。

【注意】植込み型心臓ペースメーカー等の医療用電気機器をご使用の方へ。スマートキーシステムの電波により医療用電気機器に影響を及ぼす可能性があります。車載アンテナ約22cm以内に植込み型心臓ペースメーカーが近づかないようにしてください。
写真は海外で撮影されたもので、仕様が国内とは一部異なります。

08走りとのより高い調和。新ライディングポジション

ライディングイメージ
シートデザイン
シート下トランクイメージ

スポーティな乗り味をさらに引き出すため、従来モデル比でやや前傾気味となるライディングポジションを採用。フットボードは前後に面積を広げ、シートは前後に延長。さらに工具不要で三段階調整可能なアジャスト式バックレストの採用により、ライダーの居住性向上を図った。また、タイトに絞ったボディ造形の効果と相まって、足つき性の向上を実現した。

シート下トランクは熱の影響を受けやすいもの、こわれやすいもの、貴重品は入れないでください。また、ヘルメット等収納物の形状・大きさにより収納できない場合があります。掲載のヘルメットはYF-9ZENITH(フルフェイスタイプ)です。

09TMAX560/TMAX560 TECH MAX 装備一覧

主な装備品一覧 TMAX560 TECH MAX ABS TMAX560 ABS
フロントスクリーン 無段階電動調整式
(高さ110mm幅)
2段階調整式
(高さ55mm差)
グリップウォーマー 別売り※1
シートヒーター
スマートキー
USBソケット
クルーズコントロールシステム
D-MODE(走行モード切替システム)
エンジンワンプッシュスタート
リアサスペンション ・スプリングプリロードアジャスター
・伸側減衰力アジャスター
※1
別途、純正部品BBW-82963-00(グリップウォーマー レフト)とBBW-82960-00(グリップウォーマー)をお買い求めください。グリップウォーマーの取付け、ご使用方法についてはTECH MAXのサービスマニュアル、取り扱い説明書をご確認ください。

シートヒーター、グリップウォーマーなど、各種設定方法については以下の動画よりご確認ください。

ページ
先頭へ