本文へ進みます

特長紹介:YZ450F

MENU

BE A HERO

各部の軽量化を徹底し、前後サスペンションのセッティング変更などを施すことで、より軽快な走りを実現。レースシーンでの総合的なパフォーマンスを高めた。エキスパートライダーを満足させる高い戦闘力を備えながら、幅広いスキルのライダーにフレキシブルに応える扱いやすさにも配慮している。

01パワフルで扱いやすい軽量コンパクトなエンジン

新型エンジン

水冷4ストローク449㎤エンジンは、軽量コンパクトを徹底した設計。スムーズかつコントローラブルなパワーデリバリーをもたらすエンジン内部パーツの使用と相まって、シャープで自由度の高いハンドリングに貢献する。高回転域まで続くリニアな出力特性で、パワフルさと扱いやすさを両立している。

02ハイパワーを支える機能性と信頼性

吸気抵抗を低減する2ピース構造のエアフィルターを使用。留め具形状とラバーシールの相乗効果によりダスト侵入を軽減する。良好なシフトタッチを実現したトランスミッションまわりは、高い信頼性も発揮。LCS(ローンチコントロールシステム)を搭載し、レースでの好スタートをサポートする。

03最適な剛性バランスのフレームによる軽快かつ安定した走り

イメージ画像

縦・横・捻れ各方向の最適な剛性を追求し、路面からのインフォメーションをより豊富にライダーにもたらすアルミ製バイラテラルビーム・フレーム。吟味したエンジン懸架ブラケットと相まって、優れたハンドリング性能を発揮する。エンジン特性にマッチした剛性バランスとしなやかさで、軽快感と安定感を両立している。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

04始動性が高く軽量なセルフスターター

イメージ画像

信頼性と耐久性に配慮したセルフスターターは、始動時の操作が容易なメインスイッチレス設計。レース中のエンジンストールなどの際に強みを発揮する。電源には軽量コンパクトなリチウムイオンバッテリーを使用。

05リアホイールハブを約65g軽量化 更なる軽快なハンドリングへ

アルミ鋳造リアホイール

アルミ鋳造リアホイールハブは、CAE解析により十分な強度を確保しつつ薄肉化に成功。リアホイールハブと左右フランジ部を合わせて2021年モデル比で約65gの軽量化を果たした。また、リアホイールのスポークは3クロスに変更。衝撃吸収感とトラクション感を向上しつつ、上質な乗り心地や軽い操舵感などにも貢献している。

06前後サスペンションのセッティングを変更し安定したトラクションを発揮

リアホイールまわりの軽量化に伴い、KYB製前後サスペンションのセッティングを最適化。減衰発生バルブのシム変更により減衰力を高め、アジャスタ段数にも変更を施した。これにより車体姿勢の安定化を実現。コーナー進入および脱出時のピッチングを抑え、安定したトラクションを発揮する。

07駆動系まわりの軽量化を徹底

イメージ画像

ドライブチェーンはアウタープレートを薄肉化して軽量化。駆動力伝達のロスを軽減している。ドリブンスプロケットはトポロジー解析(位相最適化)により形状を一新。高強度化と軽量化を両立しながら、機能美も備えた。

08高い制動力とコントロール性を両立

高剛性なフロントキャリパー、ワイドなパッド接触面積を実現したフロントブレーキディスク、高い制動力と軽量化を両立したリアキャリパーおよびリアブレーキディスクにより、強力なストッピングパワーを発揮しながらもコントローラブルなブレーキ特性としている。

09スマートフォンで高精度にエンジンセッティング

アプリケーション
使用写真
イメージ画像

CCU(コミュニケーションコントロールユニット)を搭載。スマートフォン対応の専用アプリ「パワーチューナー」の利用により、燃料噴射量や点火時期を16ポイント調整でき、精細にセッティングできる。デフォルトでヤマハ発動機推奨マップが3種登録してあるほか、ライダー自身によるマップ作成も可能。車両側にはふたつのマップを保存し、走行中にもハンドル左のモードスイッチで切り換えられる。スマートフォンの通信機能を使い、自身が作成したマップやログをチーム内やライダー相互で共有可能。マップ比較も容易で、コースコンディションに合わせたセッティングやレースの組み立てをサポートする。

写真のスマートフォンは付属いたしません。
画面は最新アプリver.と異なる場合があります。

10スピード感あふれるニューカラー&グラフィック

イメージ画像

レースシーンで存在感を発揮するヤマハレーシングブルーをベースとし、随所にダークブルーのアクセントを配しスピード感を強調。ラジエタールーバーはブラックとして力強さを表現している。また、シュラウド部にはスタイリングの水平基調を印象づけるYZビッグロゴをあしらった。ダークブルーエリアとビッグロゴは、耐久性のあるグラフィックインサートとしている。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ