本文へ進みます

特長紹介:YZ450F

MENU

SOPHISTICATED POWER

怒濤のパワーを、よりライダーフレンドリーに、そして誰の手にも─。
エンジンの出力特性を徹底的に見直すことで、「使い切れるハイパワー」を実現したYZ450F。
エンジンパフォーマンスとのマッチングに配慮したフレーム、サスペンション、ブレーキ、そして新たに電装部品の信頼性を向上させたことにより、高い総合力を発揮。刻々と変化するコース状況にもフレキシブルに対応し、ライバルを引き離していく。

01パワーと扱いやすさを高次元で両立したエンジン

新型エンジン

軽量コンパクトな設計を施した水冷4ストローク449cm³エンジンは、高回転域まで続くリニアかつコントローラブルな出力特性を発揮。パワフルさはもちろんのこと、扱いやすさにも配慮している。スムーズなパワーデリバリーを可能にするエンジン内部パーツの使用により、シャープで自由度の高いハンドリングにも貢献。高いトータルパフォーマンスを実現している。

02高い制動力とコントロール性を両立

前後ブレーキは制動力とコントロール性を高い次元で両立。高剛性なフロントキャリパー、ワイドなパッド接触面積を実現したフロントブレーキディスク、高い制動力と軽量化を両立したリアキャリパーおよびリアブレーキディスクを使用することで、強力なストッピングパワーを発揮しながらもコントローラブルなブレーキ特性としている。

03軽快かつ安定の走りをもたらす最適な剛性バランスのフレーム

アルミ製バイラテラルビーム・フレームは縦・横・捻れ各方向の最適な剛性を追求。吟味したエンジン懸架ブラケットも相まって、優れたハンドリング性能を発揮する。エンジン特性にマッチした剛性バランスとしなやかさで、路面からのインフォメーションをより豊富にライダーにもたらし、軽快感と安定感を両立している。

04ハイパワーを実現する機能性と信頼性

走行写真

2ピース構造のエアフィルターが吸気抵抗を低減。さらに留め具形状とラバーシールの相乗効果により、ダスト侵入を軽減する。トランスミッションまわりは、良好なシフトタッチと高い信頼性を発揮。LCS(ローンチコントロールシステム)を搭載しており、レーススタート時のアドバンテージに。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

05軽量で始動性が高いセルフスターター

走行写真

セルフスターターは始動時の操作が容易なメインスイッチレス設計。信頼性と耐久性にも配慮している。また、電源には軽量コンパクトなリチウムイオンバッテリーを搭載。レース中のエンジンストールなどの際に強みを発揮する。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

06扱いやすいハンドリングを生む前後サスペンション

25mm径シリンダーと、リーフスプリング採用のミッドスピードバルブを備える気液分離タイプの倒立式フロントサスペンションは、リアショックアブソーバーとともにフレームに合わせて最適セッティング。高いトラクション性能、扱いやすいハンドリング、そして高いコーナリング性能を実現している。

07細部にわたる軽量化がもたらすシャープなハンドリング

薄型フットレスト、ハンドルホルダー(アッパー)、ハンドルクラウン、フロントアクスルシャフトなど、細部にわたって徹底的に軽量化。操舵時の軽快感を高め、ハンドリングをひときわシャープなものとしている。ナチュラルなライディングポジションも実現。

08シンプル&アグレッシブなニューグラフィック

YZ450F

レースへの情熱をスタイリッシュに表現するヤマハ伝統のブルーをさらに強調。ゼッケンプレートをブルーに、フロントサスペンションガードをブラックにすることで、精悍さをアピールする。モダンなシンプルさの中に「戦うマシン」にふさわしいスピード感とアグレッシブさを織り込んだグラフィックを採用した。

09スマートフォンで高精度にエンジンセッティング

アプリケーション
使用写真

CCU(コミュニケーションコントロールユニット)搭載。スマートフォン対応の専用アプリ「パワーチューナー」の利用により、ワイヤレスで高精度なエンジンセッティングが可能だ。マップリストには、デフォルトとしてヤマハ発動機推奨マップが3種登録してあるほか、ライダー自身によるマップ作成も可能。燃料噴射量と点火時期をそれぞれ16ポイント調整でき、走りのスタイルやコース状況に応じたセッティングを可能としている。車両側にはふたつのマップを保存し、走行中でもハンドル左のモードスイッチでマップ切り替えができる。

写真のスマートフォンは付属いたしません。
画面は最新アプリver.と異なる場合があります。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ