本文へ進みます

特長紹介:YZ450FX

MENU

More Power,More Easy

ハードなクロスカントリーを制するために、エンジンは力強くあるべきだ。
だがそのエンジンは、あくまでもライダーの意思に寄り添うものでなければならない。
一貫したヤマハの開発フィロソフィーが、YZ450FXを生まれ変わらせた。
極低回転域からゆっくりスロットルを開けた時、このマシンは穏やかに力感を高める。
高回転域で大きくスロットルを開けた時、このマシンは持てる力を爽快に解き放つ。
ライダーの右手の動きに忠実に追随するパワーフィールと軽快なハンドリングが、タフなシチュエーションを愉悦の時に変える。

POWER-TRAIN TECH
扱いやすく、パワフルになった新エンジン

01クロスカントリー専用チューニングの水冷4ストローク449cm³エンジン

エンジン
走行写真

さまざまなタフシチュエーションに柔軟に対応すべく、エンジンはクロスカントリーやエンデューロでの扱いやすさに主眼を置いて開発した。新作アルミ鍛造ピストンは頂面中央部に凹みを持たせる形状とし、新作シリンダーヘッドは吸排気バルブ挟み角を2020年モデルの21.5°から14.5°へと大幅に挟角化している。これらの相乗効果でよりレンズ形状に近いコンパクトな燃焼室を形成し、13.0:1の高圧縮比を実現。吸気ポートの最適化と相まって火炎伝播を促進し、出力向上を果たした。吸排気系とFI、点火マッピングには専用セッティングを施し、低中回転域での扱いやすさと高回転域でのパワフルで伸びのある加速感を両立させている。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

02軽量・コンパクト設計のヘッドがマス集中に貢献

より軽快な走行フィーリングを実現すべく、ヘッドまわりは軽量コンパクト設計としている。カムチェーンのストッパーガイドを仕様変更したほか、吸気・排気カム軸間は約14mmショート化。クランク軸とカム軸間も262.6mmから258.1mmへと短縮し、ヘッドまわりをコンパクト化。マス集中化に貢献している。また、カムチェーンのリンク数減少、ヘッドカバーへのマグネシウム素材の使用拡大などにより、シリンダーヘッドアッセンブリは2020年モデル比で約300gの軽量化も達成している。

03ミッションまわりの専用装備

走行写真

優れたミート感とハーフクラッチフィーリングを発揮する専用仕様のクラッチを搭載。5速ミッションはYZ450F比で1~3速をローギヤード化、5速をハイギヤード化。クロスカントリーに対応するワイドレシオとしている。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

04より選びやすくなった専用パワーチューナー推奨マップ

POWER TUNER App
アプリ画面イメージ
モードスイッチ
ハンドル左/モードスイッチ

CCU(コミュニケーションコントロールユニット)を搭載。スマートフォン対応の専用アプリ「パワーチューナー」の利用により、ワイヤレスで高精度なエンジンセッティングが可能だ。「パワーチューナー」にデフォルトで搭載するヤマハ発動機推奨マップは、YZ450FX専用にモディファイした。各推奨マップが得意とする領域の差を広げつつ、バリエーション数を統合。推奨マップ変更によるキャラクターの変化を体感しやすくしたことで、状況や好みに合わせてより選びやすい構成となっている。さらにライダー自身によるマップ作成も可能。燃料噴射量と点火時期をそれぞれ16ポイント調整でき、走りのスタイルやコース状況に応じたきめ細やかなセッティングを可能としている。車両側にはふたつのマップを保存し、走行中でもハンドル左のモードスイッチでマップ切り替えができる。

写真のスマートフォンは付属いたしません。
画面は最新アプリver.と異なる場合があります。
TUNER Map

MAP1、MAP2は車両本体に内蔵。専用アプリ「パワーチューナー」の利用で、デフォルト登録されているヤマハ発動機推奨のマップ(3種)を選択できる。

DESIGN TECH
機能と個性をスタイリッシュに

05ライダーが動きやすいフラットシート

フラットシート

シャープな水平基調のホリゾンタルラインは、ライダーがスムーズにアクションしやすいよう配慮して設計された“機能”でありながら、YZシリーズらしさを強調する“個性”でもある。このラインの主要構成要素であるシートはフラット形状とし、ライダーのアクションをサポート。体重移動や前方へのシッティングを容易にするスポンジ密度としている。

06シンプル&アグレッシブなニューグラフィック

モデル写真

レースへの情熱をスタイリッシュに表現するヤマハ伝統のブルーをさらに強調。ゼッケンプレートをブルーに、フロントサスペンションガードをブラックにすることで、精悍さをアピールする。モダンなシンプルさの中に「戦うマシン」にふさわしいスピード感とアグレッシブさを織り込んだグラフィックを採用した。

CHASSIS TECH
妥協しないすべての走行性能

07専用チューニングの新フレームが走破性を高める

走行写真

優れた剛性バランスとしなやかさで定評あるYZ450F(2020年モデル)と同一形状のフレームを採用しながら、細部を見直し専用チューニングを施した。タンクレールの内側を薄肉化する一方で、ダウンチューブ内側は厚肉化。さらにクロスカントリーやエンデューロで求められるしなやかさを得るため、前後エンジン懸架ブラケットの締結剛性を見直し。これらにより適正な剛性バランスを実現し、良好な接地フィーリング、ギャップ走行時の路面からの豊富なインフォメーション、軽快なハンドリングなどに寄与している。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

08軽快なハンドリングとコーナリング性能に貢献する日本国内専用セッティングの前後サスペンション

サスペンション

KYB製倒立式フロントサスペンションは気液分離タイプで、25mm径シリンダーやリーフスプリング採用のミッドスピードバルブなどを装備。KYB製リアショックアブソーバーと合わせてYZ450FX専用セッティングを施し、さまざまな路面シチュエーションでも高い走破性を発揮する。

09制動力向上と軽量化を果たしたブレーキシステム

モトクロッサーYZ450Fで定評あるブレーキシステムをベースに、さらに制動力および剛性向上と軽量化を達成した。フロントはピストンサイズをφ22.65mm→φ25.4mmへと大径化。キャリパーは形状を見直し30%の剛性アップを果たした。パッドは安定して摩擦力を発揮する材質に変更しながら、パッド面積を25%拡大。φ270mmのブレーキディスクはパッドとの接触面積を16%増大しながら、ステー部の形状を変更し重量増を抑えている。リアはキャリパーとディスクの形状を変更。制動力を維持したままシステム全体で120gの軽量化を達成。熱容量バランスを最適設計することで熱歪みを最小限に抑えた(数値は2020年モデル比)。

10悪路に打ち勝つ数々の装備

小型燃料ポンプ

下回りのヒットによるダメージを軽減しながら重量増を抑える大型樹脂製アンダーガード、車体からの飛び出しが少ないアルミ鍛造サイドスタンドを装備。クロスカントリー、エンデューロでの対応力を高めるべく、リアタイヤは18インチとしている。樹脂製燃料タンクは容量8.2Lを確保しながら、小型燃料ポンプの採用によりコンパクトな設計としている。

11細部に至るまで徹底的に軽量化

フットレストの素材をクロームモリブデン鋼に変更し、約70g軽量化。その他、フロントアクスル、ハンドルクラウン、ハンドルホルダーを2020年モデルYZ450Fと同パーツとし、軽量化に貢献している。なお、ハンドルポジションはナチュラルさで定評ある2020年モデルYZ450Fと同等で、ハンドルバーは4ポジション調整が可能。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ