本文へ進みます

特長紹介:YZ250FX

MENU

Best match for Japanese Off-road

タイト&ナローなテクニカルコースが多い、日本のエンデューロレースシーン。
フラットダートからガレ場まで、幅広いシーンで扱いやすさを発揮する4ストローク249㎤エンジン搭載のYZ250FXがさらにパフォーマンスを高めた。
軽量な車体、シャープなハンドリング、そしてパワフルなエンジン。
エンデューロのコース特性に合わせたサスペンションセッティングを施し、さまざまなシチュエーションにフレキシブルに対応する。レースシーンを、もっとエキサイティングに、もっとファンに。アクティブなライダーのモチベーションを、YZ250FXが高める。

POWER-TRAIN TECH
右手の動きに忠実に呼応

01強力なトラクション感を生む良好な燃焼

吸気ポートは鋳造後に特別な機械加工を施すことで、効率のよい混合気吸気を実現する滑らかなポート形状を形成。バルブリフト量アップやワークアングルの最適化を行い、力強いパワーフィールを生み出している。インジェクターは霧化の良好な12 孔タイプを44mm径スロットルボディに装備。これらにより、ライダーのスロットル操作に瞬時に呼応して強力なトラクション感を生み出すエンジンに仕上がっている。また、スパークプラグは新たにYZ250Fと同等の2 極プラグを採用。熱価はクロスカントリーの用途に合わせ従来通り8番のコールドタイプとしている。

02コントロール性に優れた大容量クラッチ

コントロール性に優れた大容量クラッチ

2種類のフリクションプレートと1.6mm厚クラッチプレートを組み合わせた大容量タイプのクラッチを採用。クラッチプレート表面にはナーリング加工を施し、クラッチの切れや扱いやすさなど、操作性を向上している。さらにプッシュレバーのシャフトには上側に加え下側にもローラーベアリングを採用。スプリング荷重の低減、プレッシャープレート形状最適化の効果も加わり、ハーフクラッチ時を含め優れたコントロール性と軽い操作感をもたらし、よりリニアにエンジンパワーを引き出せる。

03優れたパワー特性を発揮する高圧縮比燃焼室

優れたパワー特性を発揮する高圧縮比燃焼室

定評あるモトクロッサー YZ250F 譲りの力強いエンジンを搭載する。高回転域での性能向上、軽量化、ロス低減を図った鍛造ピストンを採用。鍛造後に精度の高い機械加工を施し、バルブのハイリフト化に対応しながら13.8:1の高圧縮比を実現。優れたパワー特性に貢献している。これに合わせてクランクのバランス率も最適化を施した。また、YZ250FX 専用にセッティングしたECUを搭載。じっくりと熟成した燃料噴射・点火時期のマップが、刻々と変化するクロスカントリーやエンデューロレースシーンに対応する。

04ワイドレシオの6速ミッション

さまざまなコースレイアウトにおいて低速から高速までの幅広い速度レンジに対応する、ワイドレシオの新設計6速トランスミッションを採用。ギア幅の最適化、耐衝撃性に優れた素材の歯車、シフトカム形状の最適化などにより、軽量コンパクト化やシフトタッチ向上、耐久性向上を果たしている。

05スムーズなフィーリングに寄与するカムチェーン

カムチェーンガイドには耐熱性、耐油性、強度、耐圧性に優れるHNBR(Hydrogenated Nitrile Butadiene Rubber)材を新採用。テンショナーは、 “トーションスプリング&スクリュー ”の仕組みに加えてコンプレッションスプリングを追加し、高回転化に対応した。

06フレッシュエアを効果的に吸入

エアクリーナーボックスはレイアウトに配慮し、高回転域で伸びやかなパワーフィールを発揮。エレメントは圧着方法を変更することにより、YZ250Fの4ピース構造から2ピース構造に変更。エア流入効率を高めている。さらにセンター部の留め具を改善することで、整備性を向上すると同時にダスト吸入を軽減した。

07スマートフォン端末でチューニングするパワーチューナー

アプリアイコン
使用イメージ

専用アプリによりワイヤレスで操作することが出来るCCU(コミュニケーションコントロールユニット)を装備。スマートフォンなどにエンジンチューニングを行う専用アプリ「パワーチューナー」をダウンロードし、走りのスタイルやコース状況に応じた高精度なエンジンセッティングが可能。マップリストには、ヤマハ発動機が推奨する4 種類のマップがデフォルト登録されているほか、ライダー自身によるマップ作成も可能。燃料噴射量と点火時期を各16ポイント調整できる。車両側には、クロスカントリーモデルに適したスタンダードマップと、低速域での扱いやすさを重視してよりきめ細やかなセッティングを施した特別なセカンドマップをデフォルトで搭載。これらを「パワーチューナー」で補正することも可能。走行中でもモードスイッチでマップを切り替えられる。

写真のスマートフォンは付属いたしません。
画面は最新アプリver.と異なる場合があります。

08軽量コンパクトで再始動が容易なセルフスターター

モードスイッチ
ハンドル左/モードスイッチ
スタータースイッチ
ハンドル右/スタータースイッチ

リチウムイオンバッテリーを電源とする軽量コンパクトなセルフスターターを搭載。ボディ中央に寄せた配置でマス集中化に貢献している。また、メインスイッチレス設計の採用により、始動時の操作を簡便にしている。レース中の突然のエンジンストール時の再始動などで強みを発揮する。

CHASSIS TECH
タフコンディションを華麗に駆ける

09高剛性としなやかさを両立したフレーム

フレーム
走行写真

直線的なタンクレールが特徴的なアルミ製バイラテラルビーム・フレームは、YZ250Fがベース。2019年モデルYZ250FXより縦・横・捻れ剛性を高めつつ、剛性バランスを適正化することで適度なしなやかさも両立。軽快なハンドリングに寄与し、狙い通りのラインをトレースできる。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。

10エンジン懸架ブラケットの剛性を最適化

ボディ剛性の構成要素としてエンジンを積極活用しているため、エンジン懸架ブラケットにはこだわり抜いた。材質・形状・肉厚・位置などをミリ単位で精査して専用品を新設計。前側のエンジン懸架ブラケットは異なる板厚と形状の2枚を重ね合わせた板バネ構造とし、衝撃吸収性とハンドリングの軽快さを向上させている。これにより幅広いシチュエーションで落ち着きのある走行フィーリングをもたらすと同時に、ライダーの疲労軽減にも寄与している。

11優れた過渡特性のフロントサスペンション

走行イメージ

気液分離タイプの倒立式フロントサスペンションは、穏やかでありながらコシのある作動フィーリングを照準に日本国内専用チューニングを施している。ダイブ感を抑えた穏やかなストロークにより、さまざまな路面でも高い接地感を発揮する。アウターチューブの表面をわずかにテーパー形状とし、上下ブラケットとのマッチングにより剛性バランスを適正化。また、25mmのシリンダー径、ミッドスピードバルブのリーフスプリング化などにより、減衰性能を向上。優れた過渡特性と接地感をもたらしている。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。

12国内専用セッティングのリアサスペンション

リアのショックアブソーバーに新スペックを投入。材質変更と工法のチューニングで、疲労強度に優れたコイルスプリングの採用が可能となった。コイル線径は従来の 12mmから11.4mmとし、約 350g 軽量化。サブタンク容量は従来よりも30cc増やし減衰力の安定化を促進。ストローク長、リアアームの垂れ角などとのバランスを最適化することで良好なショック吸収性を確保し、同時にトラクションを支える。また、日本国内でのクロスカントリーやエンデューロレースに最適な専用セッティングを施している。

13軽量化とライダーフレンドリーを徹底

前後リムは、アルミ材に最適な断面形状を与えることで高強度を果たしたDID 製。レギュレーターとコンデンサーの一体設計から各部ボルトに至るまで、随所で軽量化を徹底している。また、シートはスポンジの密度を増し、ライダーが体重移動しやすく、前方にシッティングしやすくなっている。これらの軽量化とライダーアクションをサポートする装備により、タフコンディションでも高いパフォーマンスを発揮する。

DESIGN TECH
アグレッシブな攻めの姿勢をサポート

14ライダーアクションに配慮

アンダーガード

ライダーの体に接する箇所は形状や素材を吟味し、十分な強度を確保しながらアクションのしやすさに配慮している。燃料タンクはスリム&コンパクトでライダーが前後に体を動かしやすい形状とした。マフラーを覆うサイドカバーは耐熱性と強度に優れるポリアミド樹脂を使用。熱の影響を軽減するほか、表面から凹凸を排しライダーのスムーズなアクションをサポートする。また、高い剛性により引き起こしや取り回し性に配慮したリアフェンダーなどを採用している。さらに、強度に優れた大型樹脂製アンダーガードは、ヒットにより損傷しやすい下回りを広範囲にわたりカバーしている。

15スポーティーな躍動感をデザイン

スポーティーな躍動感をデザイン

スムーズに連続バンプをクリアする。マシンの上で頭を無駄に動かさず、落ち着きを持って悪路をこなす。そんなライダーの姿をイメージしてデザインされたホリゾンタルラインは、YZシリーズの象徴でもある。これを引き立てるべく、薄く見えるフラットシートと低く構えるリアフェンダーを採用。力強いフロントフェンダー、スリムさを印象づけるダクト形状など、見応えのあるデザインディテールを配し、スポーティーな躍動感を演出している。

16伝統のブルーをよりスタイリッシュに

伝統のブルーをよりスタイリッシュに

伝統のヤマハレーシングブルーをベースに、クロームインサートグラフィックの面積を拡大。新たにシアンカラーをアクセントに加えることで、ひときわスタイリッシュにスピード感を表現したニューグラフィックを採用している。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ