本文へ進みます


特長紹介:YZ250FX

MENU

A 250cc CROSS-COUNTRY ENDURO RACER

YZ250FXは、2017年モデルで大きく進化。エンジン性能とフレーム剛性ともに向上し、攻めた走りでの高い操縦安定性を引きだす。この最新YZ・DNAの移植に加えアイテムも充実。 ≪Team YAMAHA “Cool” Blue≫コンセプトのニューグラフィックが進化を語る。

01新気フローを徹底追求した新エンジン
New 249cm3 Liquid-cooled, DOHC 4-valve Engine

水冷・4ストローク・単気筒・DOHC・4バルブ・FIエンジン

≪吸排気効率改善、吸気流量アップ≫を着眼点に熟成・性能アップされた新エンジンを搭載。新気をよりダウンドラフトに近いかたちで導入するためポート形状を最適化。
ファンネル長も見直した。新カムプロフィール、強化バルブスプリングなどの効果と相まって優れた出力特性を引き出す。

02YZ250F仕様フレーム
Same Frame as the 2017 YZ250F

フレームは2017年YZ250Fと共通の最新形状を採用。従来型FXと比べるとブラケットリアアーム部が太く、優れた強度剛性バランスを備える。エンジン懸架ブラケットは形状をチューニングし、これが走行フィーリングと高い操縦性に寄与する。

03大径270mmフロントディスクブレーキ
270mm Front Brake Disc

フロントディスクブレーキ

高い制動力とコントロール性を支えるため、最新のYZ250Fと共通で大径化した270mmのフロントブレーキを新採用。

04熟成させた2本リングの鍛造ピストン
Newly Designed Lightweight Two-ring Piston Design

アルミ鍛造ピストンは形状を変更し軽量化と強度を両立、ピストンピンは軽量化とDLC(Diamond-Like Carbon)※の表面処理追加、ピストンクーラー形状変更などで基本性能を向上させた。

硬質炭素皮膜。ダイヤモンドに近い高硬度、電気絶縁性などを持つカーボン皮膜。潤滑性(耐焼き付き性)、耐摩耗性に優れる。

05FX専用ECUマップ搭載
Model-specific ECU and Mapping

FX専用開発のECUを搭載した。
3Dマップは、官能評価によりYZポテンシャルを様々なエンデューロシーンで引き出すものとした。

06実戦で役立つ燃料警告灯
Fuel Warning Light

燃料警告灯

クロスカントリー・エンデューロレースでの給油タイミングを知らせる燃料警告灯を装備した。

07吸排カムプロフィールの最適設計
Optimized Cam Lobe Profiles

吸排カムプロフィールを最適化し、また強化バルブスプリングを織り込んだ。そして、マス集中化と排気効率を両立させる独創のエキゾーストパイプ。ここにもYZ250Fのスペックが反映される。 パイプ径を大径化し緩やかな曲がりとして良好な排気脈動効果を引出し性能アップに繋げた。

08FX専用セッティングの前後サスペンション
Model-specific Suspension Settings

リアサスペンション

新たに前後のサスペンションは日本のクロスカントリーコースに合わせ国内専用セッティングとし、YZ直系のフロントフォークはオイルシール仕様を変更してマディーコンディションでの耐久性を更に向上。

09その他の仕様
Other Features and Equipment

グラフィック
電動ラジエターファン
  • キックペダル廃止による軽量化(オプション設定)
  • 更に耐久性を向上したワイドレシオの専用6速ミッション
  • 電動ラジエターファン
  • セルフスターターで“即エンジン始動”が可能なメインスイッチレスシステム
  • アルミ製サイドスタンド/樹脂製エンジンガード
  • ブラックリム
  • シールチェーン採用
  • FIセッティング用「Power Tuner」同梱
アルミ製サイドスタンド/樹脂製エンジンガード
ブラックリム
Power Tuner

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ