本文へ進みます

特長紹介:YZ250FX

MENU

Winner of Japanese Off-road

フラットダートからガレ場まで、幅広いシーンで扱いやすさを発揮する4ストローク249cm³エンジン搭載のYZ250FX。
軽量な車体、シャープなハンドリング、そしてパワフルなエンジン。
タイト&ナローな日本のエンデューロコース特性に合わせたサスペンションセッティングを施し、さまざまなシチュエーションにフレキシブルに対応する。

01優れたパワー特性と強力なトラクション感を生む
水冷4ストローク249cm³エンジン

水冷4ストローク249cm³エンジン

高回転域での性能向上、軽量化、ロス低減を図ったエンジンは、13.8:1の高圧縮比を実現。YZ250FX専用セッティングのECUを搭載。熟成の燃料噴射・点火時期マップが日本のクロスカントリーやエンデューロレースシーンに対応する。滑らかな吸気ポート形状に加え、バルブリフト量アップやワークアングル最適化により、力強いパワーフィールを実現。インジェクターは霧化の良好な12孔タイプを44mm径スロットルボディに装備し、強力なトラクション感を生み出す。

02高いエンジン性能を支えるパーツへのこだわり

カムチェーンガイドは耐熱性、耐油性、強度、耐圧性に優れるHNBR(Hydrogenated Nitrile Butadiene Rubber)材。テンショナー構造と合わせ、高回転化に対応した。エアクリーナーボックスはレイアウトに配慮し、高いエア流入効率を実現。高回転域で伸びやかなパワーフィールを発揮する。リチウムイオンバッテリーが電源の軽量コンパクトなセルフスターターは、始動時の操作が容易なメインスイッチレス設計。

03コントロール性に優れた大容量クラッチとワイドレシオの6速ミッション

大容量タイプのクラッチはプレート表面にナーリング加工。クラッチの切れや扱いやすさなど、高い操作性を発揮する。スプリング荷重も低減しており、ハーフクラッチ時を含め優れたコントロール性と軽い操作感をもたらす。ワイドレシオの6速トランスミッションは低速から高速まで幅広い速度レンジに対応。ギア幅やシフトカム形状の最適化、耐衝撃性に優れた素材の歯車などにより、軽量コンパクト化、良好なシフトタッチ、高い耐久性を実現している。

04高剛性としなやかさを両立したフレームエンジン懸架ブラケットの剛性を最適化

アルミ製バイラテラルビーム・フレームは適正な剛性バランスとしなやかさを両立。軽快なハンドリングで、狙い通りのラインをトレースできる。エンジン懸架ブラケットは材質・形状・肉厚・位置などをミリ単位で精査した専用品で、衝撃吸収性とハンドリングの軽やかさを実現。落ち着きのある走行フィーリングとライダーの疲労軽減に寄与している。

05タフコンディションを得意に変える軽量化とライダーフレンドリーさ

走行写真

アルミ製前後リムは、最適な断面形状の軽量・高強度なDID製。レギュレーターとコンデンサーの一体設計から各部ボルトに至るまで、随所で軽量化を徹底している。シートは、ライダーが体重移動しやすく、前方にシッティングしやすいスポンジ密度としている。これらの軽量化とライダーアクションをサポートする装備により、タフコンディションでも高いパフォーマンスを発揮する。

写真はプロフェッショナルライダーによる海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が国内とは一部異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。走行の際はプロテクターを着用しています。

06躍動感あるスポーティーなデザインは機能性にも配慮

薄く見えるフラットシート、低く構えるリアフェンダー、力強いフロントフェンダー、スリムさを印象づけるダクト形状などのデザインディテールが、スポーティーな躍動感を演出。マフラーを覆うサイドカバーは耐熱性と強度に優れるポリアミド樹脂を使用。高剛性を備えたリアフェンダーは、引き起こし性や取り回し性に配慮している。高強度な大型樹脂製アンダーガードを装備し、ヒットにより損傷しやすい下回りを広範囲にわたりカバーしている。

07日本国内専用セッティングを施した前後サスペンション

気液分離タイプの倒立式フロントサスペンションは日本国内専用チューニングを施し、穏やかでありながらコシのある作動フィーリングを実現。ダイブ感を抑え、さまざまな路面で高い接地感を発揮する。リアショックアブソーバーは、疲労強度に優れ、かつ軽量なコイル線径φ11.4mmのコイルスプリングとし、サブタンク容量を確保することで、減衰力の安定性も実現。前後ともクロスカントリーやエンデューロレースに最適な日本国内専用セッティングを施し、力強いトラクション性能を発揮する。

08スマートフォンで高精度にエンジンセッティング

アプリアイコン
使用イメージ
モードスイッチ
ハンドル左/モードスイッチ

CCU(コミュニケーションコントロールユニット)搭載。スマートフォン対応の専用アプリ「パワーチューナー」の利用により、ワイヤレスで高精度なエンジンセッティングが可能だ。マップリストには、デフォルトとしてヤマハ発動機推奨マップが4種登録してあるほか、ライダー自身によるマップ作成も可能。燃料噴射量と点火時期をそれぞれ16ポイント調整でき、走りのスタイルやコース状況に応じたセッティングを可能としている。車両側にはふたつのマップを保存し、走行中でもハンドル左のモードスイッチでマップ切り替えができる。

写真のスマートフォンは付属いたしません。
画面は最新アプリver.と異なる場合があります。

09シンプル&アグレッシブなニューグラフィック

モデル画像

レースへの情熱をスタイリッシュに表現するヤマハ伝統のブルーをさらに強調。ゼッケンプレートをブルーに、フロントサスペンションガードをブラックにすることで、精悍さをアピールする。モダンなシンプルさの中に「戦うマシン」にふさわしいスピード感とアグレッシブさを織り込んだグラフィックを採用した。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ