本文へ進みます

特長紹介:YZ250FX

MENU

外観だけでは伝わらない潜在力

大自然の中、変化の激しいコースとマシンと一体になって駆け抜ける。
そのマシンとの一体感の素晴らしさはモトクロスとは異なる悦びにつながる。
モトクロスでは3,000r/min以下はほぼ使わないが、エンデューロでは1,500r/min前後での特性が走破性に関わる。
だからこそ、その微妙な回転域でのECUセッティングが肝となる。
外観上の変更点だけでは語りきれない懐の深いマシン、それがYZ250FX。

01新気フローを徹底追求して誕生した249cm³エンジン

aaaaaaaaaaaaaaaa

搭載のエンジンはYZ250F[2017年モデル/以下同様]をベースにクロスカントリー・エンデューロ向けにFIマップの最適化などを施している。そのベースエンジンは≪吸排気効率改善、吸気流量アップ≫を着眼点に熟成させたもの。ダウンドラフトに近いかたちで新気を導入するためポート形状を最適化し、ファンネル長とのバランスをとっている。カムプロフィールや強化バルブスプリングなどの効果と相まって優れた出力特性を生み出している。

02優れた出力特性に貢献する2本リングの軽量アルミ鍛造ピストン

走行イメージ

パンチのある特性に大きく貢献するのが2本リングの軽量アルミ鍛造ピストン。形状は最適設計されて軽量化と強度を両立。ピストンピンも軽量化を図りながらDLC※1コーティングによる表面処理を施している。ピストンクーラーも形状最適化などを行い、優れたオイル潤滑性を図っている。そしてマス集中化と排気効率を両立させる独創のエキゾーストパイプ。これもYZ250Fのスペックを反映。大径かつ緩やかな曲がりが特徴で、良好な排気脈動効果を引き出している。

アクションカットはプロフェッショナルライダーによる、海外のクローズドコースでの走行を撮影したものです。仕様が一部国内とは異なります。ライダーのヘルメット・ウェア類は国内では販売しておりません。
※1
DLC(Diamond-Like Carbon):硬質炭素皮膜。ダイヤモンドに近い高硬度、電気絶縁性などを持つカーボン皮膜。潤滑性(耐焼き付き性)、耐摩耗性に優れる。

03戦闘力を支えるYZ250FX専用ECUマップ&6速ワイドレシオミッション

こうしたハイポテンシャルエンジンをベースに、YZ250FXではクロスカントリー・エンデューロでの強い味方となる専用開発のECUを搭載。3Dマップは官能評価の繰り返しを経て煮つめ、刻々と変化するレースシーンに対応する。ミッションは、YZ250Fの5速ユニットに対しワイドレシオの6速を採用すると同時にショットピーニングを追加し耐久性をアップさせている。

04走破性を支えるアルミ製バイラテラルビーム・フレーム

バイラテラルビーム・フレーム

フレームもYZ250Fと共通のバイラテラルビーム・フレームだ。ブラケットリアアーム部が太く、優れた強度剛性バランスを備える。エンジン懸架ブラケットは形状もチューニングが施され、走行フィーリングと高い操縦性に寄与している。

05YZ250FX専用セッティングの前後サスペンション

前後サスペンション

前後サスペンションは日本のクロスカントリーコースにあわせ専用セッティング。フロントフォークはオイルシール仕様を変更しマディコンディションでの耐久性を向上。リアのリンク式モノクロスサスペンションも、YZ250FX用として専用セッティングを施している。こうしたフレームとサスペンションのバランスが優れた走行性を支える。

06エンデューロを考慮したディテール設計

実戦で役立つ燃料警告灯
実戦で役立つ燃料警告灯
アルミ製サイドスタンド
アルミ製サイドスタンド
右ハンドル スターターボタン
右ハンドル スターターボタン

セルフスターター、前後タイヤ(リア18インチ)、大径270mmフロントディスクブレーキ(YZ250F共通)、燃料警告灯、キックペダル廃止(軽量化)、電動ラジエターファン、アルミ製サイドスタンド、樹脂製エンジンガード、軽量ブルーリム、シールチェーンなど、細部にエンデューロのための装備を充実させている。

07きめ細かなエンジンセッティングが出来る“パワーチューナー”

パワーチューナー

同梱の “ パワーチューナー ”は、好みのエンジンセッティングを容易にセットできるアイテム。各センサー類から情報を収集し、これをもとに最適な「燃料噴射量」と「 進角特性 」を算出、それに基づいて FIは燃料噴射を行う。その燃料噴射と進角のコマンドとなるのが「燃料噴射量マップ」と「進角特性マップ」である。パワーチューナーはこの2つのマップを、コース状況やライダーの好みに合わせてきめ細かく作成でき、作成データは、最大9種類保存できる。マシンのカプラーにパワーチューナーを接続すれば、マシン側がデータを読み取り、セッティングが完了する。

こちらのモデルもチェック

ページ
先頭へ